オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Harbeth P3ESR 20.1HG 7ES3 HL5 Plus TEAC S-300HRスピーカー音質比較

 
 Harbeth(ハーベス) HL P3ESR,Monitor20.1HG,Compact7 ES-3,Super HL5 Plus

 
 S-300HR スピーカー 音質比較試聴テスト

その他の音質テストはこちら

Harbeth(ハーベス)は、逸品館が古くからお薦めしているイギリス製のスピーカーです。

今回試聴したモデルは、昨年テストしています。「HARBETH ハーベス Monitor20.1 Monitor30.1 HL-P3ESR Compact7 ES3 Super HL5音質比較」

しかし、モデルによる音質の格差が非常に大きいこと、またCompact7 ES-3の評価が極めて低いことなどから、新製品の「Super HL5 Plus」を交えて、もう一度聞き比べることにしました。さらに今回の試聴では、「YouTube 逸品館チャンネル」へ高音質音声付き動画をアップロードし、お客様自身がそれぞれの音質を確認していただけるようにしました。

試聴環境

スピーカーの試聴には、BYouTubeにアップロードしている、BBC Monitorの比較試聴に合わせて、AIRBOW CD3N AnalogueとPM7005 Applauseを使いました。試聴した環境は同一ですので、YouTube動画なら時を超えた相互比較ができると思います。

 AIRBOW CD3N Analogue (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 AIRBOW PM7005 Applause (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

試聴に使ったスタンド

 Acoustic Design AD-35a (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 Harbeth HSS-C7 (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 Harbeth HSS-C7 (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

テスト概要のご紹介動画

試聴ソフト 

試聴の最初に「ネット付き」と「ネットなし」の音質を比較するために、トニー・ブラクストン&ベイビーフェイスのアルバム「Love Marriage&Divorce」から「Roller Coaster」を聞きました。試聴は、どちらか音が良かった方で行うつもりでしたが、結果としてすべて「ネットなし」での試聴となりました。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

TEAC S-300HR メーカー希望小売価格 \62,000(ペア・税別) (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

 Roller Coaster

ネット付き

価格を超える細かい音、細かい表現が感じられる。従来のS-300に比べて、音はさらに大きく広がる。
高音は切れ味良く、リスナーにまっすぐ向かってくる感じだが、サシスセソが少しキツく「荒れ」が感じられる(ザジズゼゾが入る)。
低音は良く出て、不要に膨らむこともない。

ネットなし

ネットを外すと、音像が少し後に下がって音に「艶」が感じられるようになる。雰囲気が深くなり、この曲のテーマ「大人の哀愁」が伝わってきた。
楽器とボーカルの自然な分離感も向上し、ネットなしの方が印象はよい。

ネットなしで試聴

せせらぎ

音質が若干スピーカーにまとわりつく感じがあるが、鳥の声の前後方向は深い。
水の音はまろやか。高音の最高域が少し抑えられ、ロールオフしているように聞こえる。
暖かい音だが、水の音はややダルい。

セレナード
Vl.(バイオリン)、Vc.(チェロ)、CB.(コントラバス)の分離は、価格を考えると納得できるレベル。
もうすこし高音が伸びて欲しいが、弦楽器は硬くなりすぎず、まとまりの良い音で鳴る。

モナリザ
ギターの音は明らかに太い。ボーカルも太いが、艶があり暖かい音で鳴る。
高音が伸びきらないが、このソフトではそれが「濃さ」を演出し、なかなか良い感じで鳴る。
音と音の間の雰囲気(静寂感)も出る。この価格でこの音は立派だ。

500Miles
ピアノの打鍵感はまずまず。左手の音が少し弱いが、スピーカーのサイズ以上のボリューム感はある。
ボーカルは強弱がきちんと出て、なかなか聴き応えがある。
それぞれの音の分離がもう一歩欲しいが、バランスの良い聞きやすい音で鳴った。
新世界
イントロ(導入部)の「ハーモニーの構造」は、きちんと出る。木管楽器、金管楽器、の音の違いもきちんと出る。
国産スピーカーでは、なかなか納得できる音で交響曲を聞けないが、S-300HRは合格点を差し上げられる。
S-300HR総合評価

国産のスピーカーは、細かい音が聞こえても、音色の描き分けが苦手で、音楽の躍動感や色彩感に乏しいものが多いが、S-300HRはこの価格帯の海外製品と比べてもまったく遜色のない躍動感と色彩感を持っている。S-300 Seriesの中では最良ではないだろうか。

Harbeth HL P3ESR メーカー希望小売価格 \290,000(ペア・税別) (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

 

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

 Roller Coaster

ネット付き

TEAC S-300HRも音の広がりには不満がなかったが、P3ESRでは「サラウンドのようにリスナーの背後にまで」音が回り込むほど音場が大きく展開する。
低音はパンチがあり、力強い。S-300HRのスペックは「50Hz-50KHz」でP3ESRは「75Hz-20Khz」だが、聴感上では低音も高音もP3ESRの方が良く伸びているように聞こえる。
ボーカルはクッキリと、発音の細かい部分、表現の細かい部分までしっかり聞き取れる。
細かい音も良く出て、全体的に質感が向上していることを実感できる。

ネットなし

再現される音が、一段と細かくなる。音の広がりもさらに良くなった。低音もさらに伸びる。
ネットありでも十分な音が出たが、ネットを外すと音場の見通しが改善し、スッキリする。
副作用は、「音の粘り」が若干後退して、音楽が少しあっさりと感じられることだろうか。

ネットなしで試聴

せせらぎ

S-300HRと比べて、水の粒子が細かい。空間の見通しも良くなった(透明感が向上した)。
水の流れが大きくなった(水が流れて行く様子に躍動感が出た)。
音場の広がりが大きく、違和感を感じさせない自然な音でせせらぎが鳴った。

セレナード
さすがに「格」が違い、弦の分離感に納得させられる。低音は減るどころか、逆に弦楽器の響きの厚みが増しているように感じられる。
Vl.の音に「冴え」が感じられる。弦楽器の高次倍音が、良く出ている。
演奏の躍動感も良く出て、雰囲気と味わいがある音で鳴った。
モナリザ
ギターの音は柔らかく、演奏の抑揚も大きい。楽器そのものの「質」も高くなった。
ボーカルは滑らかで、デリケートな音で鳴る。
少し「乾いている」感じもするが、ネットを付けると艶が出そうだ。
演奏が丁寧になり、プレーヤーの上手さが出て、聴き応えのある音で鳴った。

500Miles
ピアノの音が太くなったが、高域に僅かにピーク感がある。
ボーカルも太くなり、声に力が出た。
S-300HRに比べて、密度感とエネルギー感が向上した。

新世界
音の頭が揃い、ノイマン&チェコフィルらしい「精緻さ」が出てきた。木管楽器と金管楽器の違いもよくわかる。
それぞれの楽器の音の「特長」が良く再現される。
立体感にも優れているが、すこし「若い音」のように感じるときがある。

HL P3ESR総合評価

この価格帯で同じサイズには、「Stirling Broadcast LS-3/5a」という強敵が存在する。個人的には、LS-3/5aの方がバランスが良く好みだが、P3ESRはそれよりも音が明るく、明快な鳴り方が魅力的に感じられた。

Harbeth Monitor 20.1HG メーカー希望小売価格 \320,000(ペア・税別) (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

 

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

 Roller Coaster

ネット付き

HL P3ESRに比べ、さらに音が細かく、音に「艶」がある。高音の透明感も高く、音場が透き通っている。
高音のピーク感や、僅かな「ざらつき」も完全に消えた。
ボーカルの「男女の声の違い」も大きく違い、それぞれが際立っているように聞こえる。
ネットを付けていても「P3ESR ネットなし」のような、スッキリした見通しよい音が出た。

ネットなし

音像が少し後に下がり、エコー(音の余韻)が長くなる。音の細やかさや、明瞭度も向上した。
P3ESRでは、ネットのありなしは甲乙付けがたかったが、20.1HGでは「ネットなし」が明らかに良く、スピーカーの質が「0.5-1.0」ランク上がったように感じられた。

ネットなしで試聴

せせらぎ

P3ESRに比べて「音の繋がり」に優れ、空間がシームレス&滑らかに繋がる。
鳥の声の「甲高さ(ピーク感)」も消えているが、これは後で聞く500Milesのピアノの音でも確認できるだろう。
艶や湿り気も出て、さらに良い音でせせらぎが鳴った。

セレナード
弦楽器の統一感がさらに良くなり「艶」も出た。

分離感、立体感も改善し、Vl.(バイオリン)、Vc.(チェロ)、CB.(コントラバス)のそれぞれの音階がよりハッキリとした。

モナリザ
ギターの音に「艶」が出て、さらに音が柔らかく滑らかになった。
ボーカルも「艶」が出て、音がしっとりして、演奏がゆったりとした。
音の広がりが大きくなり、エコーが長くなる。
P3ESRよりも質感が高く、S/Nも良い。

500Miles
気になっていたピアノの高い音の「ピーク感」が、ほとんど消えた。
音の雑味が減少し、空間が透明になる。P3ESRで感じられた「僅かなベール感」が、綺麗に消えた。
しっとりと深みのある音。ボーカルは特に魅力的。

新世界
サイズを超える(サイズを感じさせない)スケール感で交響曲が鳴る。低音不足はまったく感じられない。
ノイマン&チェコフィルらしい「厳かな感じ」、「精緻な感じ」が良く出る。
P3ESRに比べて「20.1HGのS/N感の改善」が効いている。演奏の質感が増した。

Monitor 20.1HG 総合評価

Stirling Broadcast LS-3/5aと比べ表現はまだ少し「若い」感じがあるが、音に「艶」がある。

上質な深みのあるクラシックを聞きたいなら、大人の雰囲気を持つLS-3/5aをお薦めするが、新しいボーカル(若い女性ボーカル)を聞くのであれば、Monitor 20.1HGの方が、より良くマッチするだろう。

Harbeth HL Compact7 ES-3 メーカー希望小売価格 \396,000(ペア・税別) (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

 Roller Coaster

ネット付き

Monitor 20.1HGにくらべ低音が豊富だが、高音とのバランス、ツィーターとの繋がり部分の音が少し引っ込んでいる。
プレゼンスを醸し出す部分のエネルギーが弱いので声に力がなく、ボーカルがややヒステリックに感じられる。
バランスは、Monitor 20.1HGの方が良かった。
ネットなし

音の広がりが大きくなり、音が細かくなり、音の余韻が長くなった。
メリハリが強くなり低音の切れ味が増したが、ボーカルが前に出過ぎて、伴奏とボーカルのバランスが取れない。
個々の音はハッキリ聞こえるが、それぞれがバラバラに感じられる。Harbethの特長である「調和」が薄く、国産スピーカーのような音だ。

ネットなしで試聴

せせらぎ

Monitor 20.1HGに比べて、水(清流)の勢いが弱い。鳥の鳴き声は硬く、高音がピーキーで電子音のように聞こえる。

マルチマイクで録音したソフトのように、鳥の鳴き声と川の流れる音が調和せず、まるで別の空間に存在しているように感じられる。

セレナード
弦楽器の音が、やや濁って感じられる。ハーモニーのは、離が甘い。
Vl.(バイオリン)、Vc.(チェロ)、CB.(コントラバス)の区別が付きにくく、演奏が一本調子に聞こえる。
Monitor 20.1HGに比べ音が広がりにくく、スピーカーの中に音が籠もっているように感じられる。

モナリザ
ギターの音色は悪くないが、高音が勝ちすぎてタッチが雑に聞こえる。ボーカルも線が細く、口先で歌っているように感じられる。
せせらぎで感じたのと同じように、ギターが奏でられる「空間(場所)」とボーカルが歌っている「空間」が、別々のように感じられる。
雰囲気が浅く、演奏が上手に聞こえない。

500Miles
ピアノの高音の抜けが悪く、ピアニストのタッチも荒い。ボーカルもやや抜けが悪い。

滑らかさや暖かさは、ヨーロピアンな感じがする。

新世界
楽器の数が少ない。Monitor 20.1のように整然と音の頭が揃う感じはない。
管楽器の音が強く、弦楽器の分離が甘い。調和が感じられず、演奏の深みが出にくい。

Compacth7 ES-3 総合評価

ツィーターとウーファーの繋がり部分に、エネルギーの落ち込みが感じられる。
Monitor 20.1HGに比べて、音の「輝き(プレゼンス)」が弱く、躍動感も出にくい。音のバリエーションも少ない。
スピーカーが無理しながら、鳴っているように感じられる。

Harbeth Super HL5 Plus メーカー希望小売価格 \600,000(ペア・税別) (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

バイワイヤリング対応のSuper HL5 Plusをシングルワイヤリングで繋ぐ場合には、+−の両方を「高域側に繋ぐ」、「低域側に繋ぐ」、さらに「+を高域、−を低域に繋ぐ」、「−を高域、+を低域に繋ぐ」の4通り接続方法が考えられます。事前のテストでは「−を高域、+を低域」に繋いだときのバランスが最も好ましく、「両方を低域」に繋いだときもほとんど変わらないバランスで鳴りました。最も好ましくなかったのは「+を高域、−を低域」に繋いだときでした。
今回は、「−を高域、+を低域」に繋いで試聴を行いました。

 Roller Coaster

ネット付き

Compact7 ES-3と音の広がりが全く違って感じられる。音が大きく部屋一杯に広がるが、この点で好ましかったMonitor 20.1HGよりも「密度感」が高い。
高域はまだ僅かに強いが、突っ張るような癖は消えた。
男女ボーカルの声色の違いが明確になり、関係性も向上、お互いの「絡み」が濃厚になる。
Compact7 ES-3よりも音が明るく、開放的な鳴り方をする。

ネットなし

空間の透明度が増し、音がクッキリする。子音は少し強いが、気になるほどではない。
ボーカルは少し前に出てくるが、ネットのあるなしでCompact7 Es-3ほど大きく位置が変わることはない。

従来のHL5よりもクッキリ・ハッキリした感じが強いが、明るく聞いていて楽しい雰囲気は引き継がれている。

ネットなしで試聴

せせらぎ

Compact7 ES-3に比べて、水の音が滑らかで柔らかい。また、(水面)の揺らぎが大きく、流れに勢いがある。
鳥の声はまだ僅かに固いが、鳴き声に「バリエーション」が出た。
立体感も良く、Compact7 ES-3よりも開放的で自然な音で鳴る。

セレナード
楽器の数が2倍くらいに増えて感じられる。弦楽器の表現力も高まった。特にCB.のパートが良くなっている。Vlはややハスキー。
演奏に躍動感とストーリー性が出た。
モナリザ
高音はまだ若干強い部分があるが、ギターの音が太く柔らかくなり、ギタリストのタッチの表現がしっかりと出て、ムードが俄然良くなった。

ボーカルも子音がやや強く感じられるが、艶が出て濃密になり、ギターとボーカルの「絡み」がしっかりと再現される。
違うプレーヤーが演奏しているように感じられるほど、演奏が上手く聞こえる。

500Miles
ピアノの音の違和感が消え、音色が鮮やかになり、音が明るい。左手と右手のバランスも良い。
ボーカルは、女性らしい「ふくよかさ」と「甘い余韻」が味わえる。
音像はやや大きいが、魅力的な音で500Milesが鳴った。

新世界
楽器の数が、断然多い。高音〜低音のバランスに優れ、演奏の抑揚もきちんと出る。
Compact7 ES-3では無機的で単調に聞こえた演奏に血が通い、コンサートホールの雰囲気が伝わってくる。

Super HL5 Plus 総合評価

3Way化されたことで、従来のHL5と比べてレンジが広がり明瞭度感が増した。けれど、レンジの狭さ故の「濃さ」は薄らいでいる。

元々、Harbethは「BBSモニター」よりも、一歩現代的な鳴り方が特長だった。Super HL5 Plusではそれがさらに進化している。

試聴を終えて

今回、Harbethの試聴に「TEAC S-300HR」を加えたのは、たまたま試聴機が同時に手元にあったことと、6.2万円(ペア)のS-300HRと30万円クラス〜のHarbethにどれくらいの違いがあるかを確認する目的がありました。目的は達成されたように思いますが、S-300HRの価格以上の実力が確認できたのは、嬉しい驚きでした。

今回も試聴でもHarbethは、モデル毎に評価が分かれました。Compact7 ES-3の評価が低いのですが、前回Harbethを比べたときに「Compact7 ES-3」のユーザー様から、「Compact7 ES-3の試聴記事に愛情が感じられない」とおしかりのメールを頂戴しました。けれど、それは愛情がないのではなく、Harbethを愛するが故の苦言です。なぜならば、Harbeth製品に対するお問い合わせで、最も多いのがCompact7のユーザーからの「どうしたらもっと良い音になるだろうか?」という問合せなのです。私の答えは決まっています。「Harbethの違うモデル(Super HL5 Plusなど)を一度聞いてみて欲しい」。それが答えです。40万円(ペア)は安くない価格です。それを何とかしたい気持ちはわかります。けれど、それはなかなか難しいのです。
けれど、それはあくまでも私の「好き嫌い」です。

食べ物と同じように「音」にも好き嫌いがあり、個人差は相当大きなものです。だから、Compact7 Es-3の音を気に入って使っていらっしゃっても、それはまったく問題のないことです。個人それぞれの「好みの違い」は、尊重されるべきですし、人の意見を気にする必要はありません。自分と違う意見に、いちいち振り回され、そんなものに異を唱え続けても、きりがないと私は考えています。私が伝えたいのは、「私が聞いた感覚」です。もちろん人間ですから、正確な評価、常にフェアな評価が下せるわけではありません。けれど、その感覚をストレートに伝えることが、お客様が製品の音を判断していただくための助けになればと思っているのです。

そして、私の意見を聞きたくないというお客様のために、最近は「YouTubeに高音質音声付き動画」をアップロードしています。「マイク」は、嘘をつきませんから、是非ご自身の耳でお確かめ下さい。それでも「何か細工をしている」という書き込みがYouTubeにされることがありますが、それならば「聞かなければよい」でしょう。何が何でも自分の意見を押し通そうという、一部のマニアの存在が、オーディオと音楽の関係を不自由にしています。音楽を聞く、オーディオを楽しむという趣味は、もっと楽しく優雅であるべきです。

話しは戻りますが、私がHarbeth Compact7 ES-3(Compact7 Series)の音を好きになれないのは、ウーファーとツィーターの繋がる帯域にエネルギーのギャップが感じられ、「調和」が乱されるからです。そして、それが元々「HL Compact」の特長であれば、問題はないのですが、初代の「HL Compact」は、見事な調和を聞かせてくれただけに、Compact7 Seriesの変貌への戸惑いが大きいのです。

けれどスピーカーから再生される音楽に、「調和」をより強く求めるのであれば、Stirling Broadcast社やGraham Audio社の「復刻版BBSモニター」がHarbethよりも適しています。Harbethは常に、それらよりも優れた特性を求め、ワイドレンジ化しています。それによって得られたものと、失われたものがあります。私が好きなHarbethのモデルは、Super HL5 PlusとMonitor 20.1HGです。

2016年1月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.