オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 AIRBOW (エアボウ) K05X Ultimate 内蔵ドライブ・USB入力 音質比較試聴

  

Esoteric N-05との音質比較はこちら) ・ (その他の音質テストはこちら

AIRBOW K05X Ultimate 販売価格 680,000円(税込み) ・ ノーマルからのバージョンアップ 200,000円(税込)

AIRBOW(エアボウ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

K05X Ultimateの概要

ディスク再生とデジタル入力の両方で納得できる音楽再現性を実現

ディスクメディア(CD/SACD)もネットワークで配信される音楽も、どちらも最高の音質で楽しみたい。そのおの望みを叶えるのがK05X Ultimateです。

電源回路を大幅に強化し、K-01Xに匹敵するほどの滑らかさと、充実した中低音の表現を実現

Esotericの上級モデルが搭載するVRDSメカニズムは、CDディスクよりも遙かに重い「ターンテーブル」を素早く加速・減速させるため、通常のCDプレーヤーよりも遙かに「トルクの大きな」が駆動系に使われます。大型モーターの消費電力は非常に大きく、モーター作動時の電気回路への悪影響が避けられません。この問題に対処するためEsotericの上級モデルは、メカニズム専用の大型電源トランスを搭載します。上級モデルK01Xは、4個の電源トランスを搭載し約31kgとCDプレーヤーとは思えない重量があります。

K05Xには電源トランスが1個しか搭載されず、重量も約14kgとK01Xの半分以下でしかありません。1つのトランスからすべての電力を供給するK05Xの電源は、タコ足配線のような状態になっています。本来なら電子回路へ供給されるべき電力が、モーターに横取りされてしまうために、電子回路への電源供給が不十分になり、音の滑らかさや広がり、表現の深さが殺がれています。

AIRBOWはこの問題に対処するため、K05X Ultimateのモーター駆動用電源回路と電子回路電源回路の容量を大幅に増加しました。この措置により、K05X Ultimateの低音の量感や厚み、中高音の滑らかさは上級モデルK01Xに近づきました。

電子回路の不要な共振を抑制することにより、K-01Xに匹敵するほどのきめ細やかさと、それを超える音場の広がりを実現

K05Xのデジタル回路には、「セラミックコンデンサー」が多く使われています。これは「セラミックコンデンサー」が通常の電解コンデンサーとは違って高周波帯域の交流抵抗値が低いからですが、「圧電素子」のセラミックは、電流が流れる時に発生する振動で電流を発生し「リンギング・ノイズ」を発生します。リンギング・ノイズが発生すると、音楽的には楽器の高域の隈取りが強くなり、高域が硬くなる、高域の見通しが悪くなる、などの現象が発生します。

AIRBOWはこの問題に対応するため、電気回路の不要振動を吸収するための「ダンパー」のような仕組みをK05 Ultimateの電気回路に組み込み、リンギングの発生を抑えました。さらに高周波を発生する大型ICへのノイズ対策も行いました。この措置により、K05 Ultimateの高音の滑らかさやきめ細やかさ、音の広がり感は大幅に向上し、上級モデルK01Xに近づきました。また、高域が自然に伸びるようになったことで、K05Xでは響きが残りやや膨らみがちであった低音がしっかりと止まるようになりました。

増幅用IC(オペアンプ)を交換し、音楽の表現力をアップしました。

EsotericはCDプレーヤーのアナログ回路に、「オペアンプ」と呼ばれるICを使います。そうすることで回路設計がコンパクトになり、音の鮮度が向上するためですが、上級モデルGrandiosoの出力回路にもオペアンプは使われています。K05X Ultimateは、このICを交換することで回路そのもののグレードを大幅に改善する事に成功しています(Grandiosoに使われているのと同一のオペアンプも試しましたが、それよりも相性の良かった大量にストックしているPhilipsの生産完了オペアンプを使いました)。

さらに音声が通過する部分のパーツを大幅にグレードアップし、アナログ回路の電源強化も実施したK05X Ultimateのアナログ出力回路の性能は、K01Xを超え上級モデルGrandiosoに迫るほどです。

改良箇所は70箇所に及びました。

妥協を許さない改良を加えたK05X Ultimateの改良箇所は、70箇所に及びました。

クロックジェネレーター追加でさらに音質はアップします

10MHzクロック入力を備える、K05 Ultimateにお薦めのクロックジェネレーターは「AIRBOW GPS-10MH」です。GPSアンテナを設置できる条件下で、GPS-10MHは最高±0.01ppbのルビジウムクロックジェネレターに相当する高精度なクロックを発信し、K05X Ultimateの性能をワンランク以上引き上げます。

USB入力の音質は、内蔵するVRDSディスクドライブによる再生を上回ります。

USB入力に「AIRBOW MSS/MSP Series」を組み合わせて使うことで、K05X Ultimateは同一CDを内蔵VRDSメカで再生する場合よりも、さらに高音質を発揮します。これは電源容量的に問題となる、VRDSメカニズムからの悪影響が完全に遮断されるためです。CDをリップしたWAVデーターの再生でK05X Ultimateは、内蔵VRDSメカニズムによるCD再生を超える高音質を発揮します。

本体とリモコンにオーナメント・バッチを追加。

本体とトレイ上部中央(クロムカラー)とリモコン(ブラッククロムカラー)にオーナメント・バッチを追加しました。

 

アップコンバート・デジタルフィルター再設定のお願い

K05 Ultimateには様々な動作モードが搭載されていますが、AIRBOWの推奨は下記の表の通りです。本機の音質を最大に引き出すために設定変更を行ってくださいますようお願いいたします。
※今回の試聴は、この設定で行いました。

本体の表示

CD/SACD

USB入力時

UP CONV

4fs

ORG

PCMF

FIR1

OFF

試聴環境

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW PM1111S3 Ultimate (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

試聴は、スピーカーにVienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G)、アンプにAIRBOW PMA11S3 Ultimateを組み合わせて行いました。

試聴したソフトは、いつもの5曲です。CDとそれをリッピングしたWAVファイルを聞き比べました。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがあるクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤。"500Miles/noon"
を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

K05X Ultimate 内蔵ドライブ(VRDSメカニズム)音質評価

せせらぎ
SA11S3 Ultimateに比べると、K05X Ultimateは音の輪郭がシャープで、一つ一つの音がクッキリ聞こえる。音の細やかさと明瞭度でK05X Ultimateは、SA11S3 Ultimateを確実に凌いでいる。
水の流れる音と鳥の鳴き声は明確に分離している。音の広がりは非常に大きく、音場の透明感もとても高い。
K05X Ultimateはややクールだが、Esotericらしいわかりやすい「聞こえる高音質」と、AIRBOWらしい「違和感のない自然な雰囲気」が上手く両立している。情に流されることなく、理に角が立つこともなく、実によい塩梅の音だ。
SA11S3 Ultimateは雰囲気を濃く出す。いわばフィルム的「ソフトフォーカス」が持ち味だが、K05X Ultimateは、最新の4K映像を彷彿とさせるようなきめ細かく美しい音で、「せせらぎ」を見えるようにリアルに鳴らす。

セレナード
Esotericはソフトによっては、弦の滑らかさ、艶やかさを苦手とすることがあるが、K05X Ultimateが奏でる弦の音は清々しく流麗だ。特にバイオリンの切れ込みの鮮やかさと、それに伴う「弦楽器ならではの切ない感じ」がとても良く出ている。
低音は遅れることも、膨らむこともなく、コントラバスの帯域までしっかりと聞き取れる。
左右のスピーカーを結ぶ線上やや後方にバイオリンが位置し、その後方へと大きく音場が展開する。楽団背後の壁面からの反射音まで聞き取れ、圧迫感は一切ない。
SA11S3 Ultimateよりもきめ細かく、さわやかな雰囲気でセレナードが鳴った。
モナリザ
ギターは切れ味に優れ、適度にクール。ボーカルはしっとりとしているが、情に流されすぎない適度な距離感がある。
ギタリストとボーカルの距離感は、近すぎず、遠すぎない。やはり適度な距離がある。
涙が流れるような雰囲気はないが、非常に高度に洗練された「クールな演奏」がそこにある。最高級ホテルで聞く「ライブ」のような雰囲気でモナリザが鳴る。
今回の試聴では「UP CONV:4FS」で聞いている。これを「2FS」にすると中域が太くなり、情が濃くなる。設定で音質を変えられるのは、K05X Ultimate(K05X)の良いところだ。

500Miles
SA11S3 Ultimateが奏でるピアノの響きはもっとゴージャスで厚いが、K05X Ultimateが鳴らすピアノの音は少し金属的でクールな雰囲気がある。
ポロポロとピアノが鳴り、切々とボーカルが歌い上げる雰囲気は十分に伝わるが、この曲でもやはり情に流されすぎることはない。

K05X Ultimateの奏でる音は、情が薄いわけではない。油絵のようにしっかりと色を乗せて演奏を描くのがSA11S3 Ultimateなら、K05X Ultimateは、アクリル絵の具のような水彩絵の具のように、濃さではなくグラデーションの緻密さで演奏を描く。だから、「ある一線」を超えない範囲で500Milesが鳴る。

個人的にはもうすこし「ホット」な音でも良いと思うが、オーディオ機器による過剰な着色を嫌う方には、この方が違和感なく受け入れられるだろう。K05X UltimateはEsoteric本来の音色を大きく作り変えることなく、上手くモディファイされているように感じる。

新世界

整然と静かに、一糸乱れぬ美しさでイントロの管楽器が鳴る。ティンパニーは後方から立ち上るように雄大な響きを奏でる。
一瞬の間の後、木管楽器が主旋律を奏で、後方で弦楽器が圧力を伴う副旋律を奏でている。
多くの楽器が織りなすドラマ。複雑な音と旋律で組み立てられる「交響曲」の醍醐味が味わえる。
この曲でも「情」に流されすぎないことで、交響曲の「構造」がしっかりと見えてくる。
「理」と「情」のバランスが取れた自然な音。それがK05X Ultimateの持ち味のようだ。

K05X Ultimate USB入力音質評価

iCAT Ink.が開発した音楽再生専用OS MsHDを搭載し、AIRBOWがPCのハードウェアにチューニングを施した音楽再生専用PCが、MSS/MSP Seriesです。3年前に誕生したこのモデルは、その5回に及ぶバージョンアップを経て、遂に同価格帯のCDトランスポーターを上回る程の音質を実現するに至りました。I/OデーターやBuffalo、Q NAPから発売される高音質サーバーと比べた場合、音質が圧倒的に優れているのはもちろんのこと、i3/5とSSDを搭載するハードウェアーの能力の高さでインデックス振り分け、ファイル探索やそうされスポンスは遙かに早く、一切のストレスが感じられません。さらに、数十ページに及ぶ詳しい日本語マニュアルの添付や複雑な設定が不要でセッティングが僅か10分程度で完了することなど、他の製品にはない優れた長所を多数持っています。
今回は、このシリーズの中から「MSS-i3 MsHD6.7/HQ Playerインストール済みモデル」を選び、内蔵メカニズムで再生したCDから取り込んだWAVファイルを、HQ Playerの機能を使って「88.2kHz/24bit」にアップサンプリングして、K05X Ultimateに入力して試聴を行いました。

AIRBOW MSS-i5 MsHD 6.7 販売価格 304,700円(税込み)

AIRBOW(エアボウ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

せせらぎ

水の音は内蔵ドライブよりも明らかに滑らかだ。ディスクが回転し音が揺れるようなイメージは皆無で、またPCの割り込み処理で音が分断されている感じもない。
色彩が濃くなるところはSA11S3 Ultimateの音に近づくが、K05X Ultimateの音の粒子はそれよりもずっと細かく、内蔵ドライブでは感じられなかった「潤い」が出てくる。鳥の声にも、良い意味での膨らみ(ふくよかさ)が出た。
今まで、PCの音がCDドライブを超えたことはなかった。しかし、今回初めてPCの音がK05X Ultimateが内蔵するVRDSメカニズムの音を超えたと確信できる。

驚かされるのは、その「音の正確さ」だ。オーディオマニアの多くは、「CDドライブメカニズムの種類(方式)」がCDプレーヤーの音質を大きく左右することを知っている。それが重要だからこそ、EsotericはVRDSという「自社製造メカニズム」を上級モデルには必ず使う。しかし、言い換えるならそれは「ドライブメカニズムが固有の音を持っている」と言うことだ。
MSS/MSPには、そういうドライブメカによる色づけがない。だから、K05X Ultimateからあたかもマスターテープを聴いているような音が再現される。自然で何の違和感もない。そして、温度感もジャストだ。

これは真のモニターサウンドなのかも知れない。

セレナード
内蔵ドライブメカではそこは感じられなかったが、楽器と楽器の間に「空気」の存在が感じられるようになった。空間が「楽器の響きで間断なく満ちあふれている様子が分かる」と言い換えても良い。
だだし、内蔵ドライブメカから比べると、響きが少し増えた分空間の濁りが若干増加する。また低音の膨らみも出てくるが、「濃密な感じ」は明らかにMSS-i3が濃い。
先に書いたが、内蔵ドライブメカでは「UP CONV>4fs」が私の好みだった。UP CONVをそれよりも高くすると響きの持続時間が減り、低くすると響きの持続時間が長くなった。PCMフィルターは、「PCMF>FIR1」の設定にしたが、K05 Ultimateの推奨値「FIR2」では、どこか不自然な感じを覚えた。K05X Ultimateは、設定を変えることでかなり明確に音が変わる。
USB入力では、この設定が「UP CONV>ORG」、「PCMF>OFF」に変わる。この設定値は、Esotericの工場出荷値出、彼らの音作りのデフォルトだ。なぜならば、USB入力で内蔵ドライブメカの設定を用いると響きが過多になり音場が濁るからだ。念のためもう一度、この設定を内蔵ドライブに用いてCDの音を比較すると、響きが減って音場が狭くなった。やはり、内蔵ドライブメカとUSB入力では設定値を変えた方が良さそうだ(K05X Ultimateの設定値は入力毎に記憶されるので、一度設定すると変える必要はない)。
USB入力では、内蔵ドライブメカのクールな感じが消えて、演奏が一転してホットになる。
まるでトランジスターアンプを真空管アンプに変えたような変化が起きた。私はMSS-i3を繋ぐUSB入力の音が好みだ。

モナリザ
ギターの響きに甘さが出て、またライブ会場の空気感が伝わるようになった。
ボーカルは子音がほんの少し荒れるが、S/N感が向上し、声を止める最後の所までしっかりと聞き取れるようになった。

内蔵ドライブメカでは「適度な距離感」と評価した、ギタリストがボーカルの関係が密になる。ギタリストとボーカルの絶対的な信頼関係が演奏から伝わる。
ホテルのライブだった印象が、小さなライブハウスのパーソナルでカジュアルな演奏、より親密なムードにに変わる。
本来、内蔵ドライブよりも細く平面的で、無機的になりがちなPCの音が、内蔵ドライブよりも有機的になるという経験は初めてだ。

500Miles
イントロのピアノの響きが「濃厚」になるが、やはり響きが増えた結果として空間は僅かに濁る。クリアな響きが心地よく、美しくも感じられた内蔵ドライブメカとは、音の好みの違いが生じるかも知れない。
澄み切ったオーディオ的な空間を内蔵ドライブメカは演出し、生演奏を彷彿とさせる複雑な響きをMSS-i3 MsHDは奏でてくれる。
ボーカルは太く有機的。ピアノの音には厚みがあり、グランドピアノらしい重厚な響きが感じられる。ピアノのメーカーが判別できそうに思うのは、MSS-i3 MsHDの方だ。生演奏にもより近い。けれど、内蔵ドライブの整理された美しい音も、それはそれで良かった。
MSS-i3 MsHDを使うと「ゴージャスな演奏が目の前でくり広げられている」という生演奏を聞くにイメージで500Milesが鳴る。内蔵ドライブでは、それが適度に整理されてさっぱりとし、音楽の主導権がリスナーにバトンタッチされる。主導権がどちらにあるかの違いはとても大きいが、そのどちらもオーディオマニアの求めるものだろう。
ジキルとハイドのような両面が、内蔵ドライブメカとMSS-i3 MsHDで両立する。

新世界
内蔵ドライブでは「一糸乱れぬ精密さ」が感じられたイントロの管楽器に「人間らしい乱れ」が出る。もちろん、この音が「本当」なのだろうが、内蔵ドライブが聞かせてくれた整理された美しい音の世界にも抗しがたい魅力があった。
500Milesの評価にも書いたが、このような「二面性」を「一台」のオーディオ機器に持たせることは、これまでできなかった。

10年以上前チャレンジとして、AIRBOW 100%オリジナルアンプのLittle PlanetteやLuna、Teraで、この両面性の両立を狙い、ある種の切替機能(Teraではラルゴスイッチ)を設けたが、ON-OFFの違いがあまりに小さかったため、結局あまり利用されることはなく、自身もあまり使うことはなかった。
しかし、K05X Ultimateの内蔵ドライブとMSS-i3 MsHDの組み合わせは、それを見事に両立する。
前者はデジタルの良さを、後者はアナログの良さを持っている。
MSS-i3 MsHDを組み合わせて聞くK05X Ultimateのサウンドは、有機野菜の味わいだ。傷や異形はあるが、味は濃く深みがある。
金管楽器と木管楽器の音の違いは内蔵ドライブメカの方が良くわかるが、雰囲気の違いはMSS-i3 MsHDのほうが濃く伝わる。
内蔵ドライブメカに飽きたら、MSS-i3 MsHDを聞くもよし、さっぱりと聞き流したいなら内蔵ドライブメカを使うも良し。
K05X UltimateにMSS-i3 MsHDを組み合わせたら、もう他のデジタル機器に目移りすることはなくなりそうだ。

試聴後感想
AIRBOWは実に多様な「カスタムモデル」を作っている。しかし、それは決して「売り上げ拡大」のためだけではない。

marantzのカスタムモデルは、真空管アンプのような雰囲気の濃さを持ち味とするが、それはmarantz#7や#9の時代のmarantzサウンドに通じるものを想定して作っている。電気的な違和感を完全に消し去り、オーディオ機器をあたかも楽器のようにならすために、そして「音楽」そのものの「魂」を味わうために、marantzのカスタムモデルは作られている。

CECのカスタムモデルには、marantzカスタムを超える過剰なまでの演出が与えられているが、特定の音楽ジャンルでは、他のコンポでは絶対に聞けない音が出せる独自の魅力がある。

Esotericのカスタムモデルは、高性能オーディオ機器でよい音を聞いているというイメージを残しながら、オーディオ機器の存在感は完全に消し去るという、絶妙なバランス感覚の上に作っている。

marantzやCECのカスタムモデルは、システムをその色に染める。しかし、良い意味で個性を持たないEsotericカスタムモデルはその「無色性」を生かすことで、自分色に染めやすい。EsotericベースのAIRBOWカスタムモデルは、現在お使いのコンポの音を変えてしまったり、それを支配することはない。しかし、音楽の表現力は確実に深まり、オーディオ機器の持つ電気的な違和感(歪み感)からも完全に解放される。

好みによって機器を使い分けること。

それがこれまでの「定石」だった。しかし、それが今回大きく覆された。

デジタル機器、中でもデジタルプレーヤーの音がメーカーやモデル毎に大きく変わる原因は、先にも書いたように「ドライブメカニズム固有のサウンド」の存在だった。VRDSにはVRDSの、ベルトドライブにはベルトドライブの、ダイレクトドライブには、ダイレクトドライブ音が存在する。しかし、「ドライブ」をそのものを持たない「AIRBOW MSS/MSP Series」をK05X Ultimateに接続すると「ドライブメカニズム固有の音」が完全に消えて、あたかもマスターテープを聴いているような、色づけのない膨大な情報量だけが、粛々とK05X Ultimateから再現されるようになる。

これはもちろんMSS/MSPのように搭載するOSやハードウェアーが音楽再生に最適化され、オーディオ機器として高度にチューニングされていることが大前提だが、MSS/MSP+USB接続の音はアナログのようにぼけることはなく、デジタルのように角が立つこともない。ただただ、圧倒的な情報量の音がリスニングルームにが展開されるだけだ。この膨大な情報量がたった「20-40万円」のPCトランスポーターから発揮されるとは、にわかには信じがたい。

圧倒的な「PC」という高性能デジタルプラットフォームの力を借りて、ついにデジタルは、ここまで来た。

比べてはいないが、もしかするとEsoteric P02XとK05X(Ultimate)をデジタル接続するよりも、MSS/MSPをUSB接続する方が、情報量は多いかも知れない。もしかすると、K05Xの高性能デジタル回路をとことんブラッシュアップした、K05X UltimateにMSS/MSPをUSB接続して出てくる音は、K01Xを超えGrandiosoに迫っているのかも知れない。そう感じるほど圧倒的な情報量の豊富さが実現している。

2016年5月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.