オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Tannoy タンノイ スピーカー スターリング ターンベリー ケンジントン エソテリック K-01X C-03XS S-03 音質 試聴 価格 展示 価格


K-01X、C-03Xs、S-03 

  


Stirling GR 、 Turnberry GR 、 Turnberry GR/LE(限定モデル)、Kensington GR 音質 比較 試聴

  

その他の音質テストはこちら

 

2015年秋、Tannoy(タンノイ)社から、「Turnberry GR/LE(LEはLimitedの略)」が発売されました。このモデルは、世界限定150セットの限定モデルで、日本への割り当ては50セットです。
*このレポートを書いている時点で、Turnberry GR/LEのメーカー在庫は完売し、入手可能な商品は販売店保有在庫のみとなっております。

ウォールナットの無垢材を使った箱形のキャビネットに重厚なサランネットを組み合わせた、ビンテッジ・スタイルを踏襲し続けているTannoy Prestige シリーズ」は、主に日本を中心としたアジア市場向けの特別モデルです。このシリーズが日本(アジア)のオーディオマニア垂涎となったのは、ステレオサウンドの評論家を務めていた「芥川賞作家 五味康祐」さんが、Tannoy Autographを愛用していたからでしょう。当時のTannoy Autographに採用されていた、Tannoyを代表する15インチ同軸2Wayユニットは、モニターレッドの名称で今も語り継がれる名器となっています。余談ですが、ステレオサウンド編集部がモニター・スピーカーに使っていた「JBL 4343/4344」なども、日本(アジア)以外ではほとんど知られていない特別なモデルです。

それはともかく、15インチの同軸ユニットを搭載したAutographは、当時あまりにも高価で、また巨大だったため、普及価格帯の製品として10インチ同軸2Wayユニットを搭載した「3LZ」がラインナップに加わりました。Tannoyというブランドイメージと、手頃なサイズと価格が奏功し「3LZ」はかなりの数が売れました。そして、このスピーカーに組み合わせるアンプとして「luxmna SQ-38F(FD)」が珍重されていました。その後も、10インチの同軸ユニットを搭載する普及価格のTannoyはよく売れました。

Tannoy(タンノイ)Stirling(スターリング)の名前を知らないオーディオファンは、ほとんどいないはずですが、このモデルこそ「3LZ」の流れを引く、10インチ同軸ユニットを搭載するPrestigeモデルの代表作なのです。その後、Stirlingの派生モデルとしてキャビネットの背丈を伸ばしたTurnberryや、上級モデルとしてマグネットに貴重なアルニコを使う、Kensingtonが加わりました。

今回テストする4モデルは、Prestige シリーズの10インチ同軸2Wayユニットを搭載するすべてのモデルです。

メーカー希望小売価格 \380,000(1台・税別)

このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

メーカー希望小売価格 \450,000(1台・税別)

このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

メーカー希望小売価格 \950,000(1台・税別)

このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

メーカー希望小売価格 \720,000(1台・税別)

このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

TANNOY(タンノイ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴する4モデルを比較すると、最も安いのは、Stirling GR の「380,000円/1台・税別」です。このStirling GRとTurnberry GRのウーファーは、マルチファイバペーパーコーン口径254mmのウーファーの中央に、ストレートホーンが組み合わせたTannoy伝統の「同軸2Wayユニット」が使われています。ウーファーの磁気回路には、一般的なフェライト・マグネットが使われます。

これまで、StirlingとTurnberryには「同一のユニット」が使われていました。しかし、GR シリーズからはホーン振動板の口径がStirling GR/25mm、Turnberry GR/33mmと異なるサイズが選ばれ、これに合わせてクロスオーバー周波数もStirling:1.8kHz/Turnberry:1.3kHzと異なっています。Turnberryが発売されてから、価格が少し安い「小型モデル」として存在感を失いがちだったStirlingが、ユニット変更でどのように差別化されているかが、「聞き所」のひとつになります。Turnberry GRの価格は「450,000円/1台・税別」で、Stirling GRから手を伸ばせば届くくらいの価格帯に収まっています。

限定モデルとして発売された、「Turnberry GR/LE」は、キャビネットがTurnberryt GRと同一なのにもかかわらず、価格はTurnberry の「450,000円/1台・税別」から、一気に「720,000円/1台・税別」まで向上しています。いくら限定モデルといっても、これは少し「やりすぎ」の感があります。けれど、その価格の秘密はキャビネットではなく「ユニット」にあるのです。Turnberry GR/LEには、フェライトよりも遙かに高価なため、一部の高級スピーカーにしか使われる事のない、アルニコマグネットがウーファーの磁気回路に採用されています。マルチファイバペーパーコーン口径250mmウーファーに52mmのホーン型ツィーターを組み合わせた、この同軸2Wayユニットは、上級モデルKensington GRと同一の物です。

このユニットが奢られた、Turnberry GR/LEのクロスオーバー周波数は、1.1kHzとKensingtonと同一まで引き下げられ(ホーンのクロスオーバー周波数は低いほど中高音が良くなります)、キャビネットがTurnberry GRと同一にもかかわらず、重量が7.8kgも重くなっています。それほど強力なマグネットがウーファーの磁気回路の奢られていると言うことです。この強力なウーファーを搭載したことにより、Turnberry GR/LEの低域再生限界周波数は、Turnberry GRの34Hzから29Khzと一気に引き下げられています。この低域再生限界周波数の29kHzは、キャビネットの容量がTurnberry GR/LEよりも僅かに5L大きい、Kensington GRと同じです。

このように、今回試聴する10インチ同軸2Wayユニットを搭載するのPrestigeの4モデルは見かけだけでなく、その仕様が微妙に違っているので、どんな音を出してくれるのか興味津々で試聴に臨みました。

試聴環境

今回の試聴は、翌日に行った「Esoteric Tannoy 新製品試聴会(試聴会の録画がご覧いただけます)」のために準備した「Esoteric K01X、C03Xs、S03」を使いました。各機器の説明および試聴の概要は下の動画でご覧いただけます。

テスト概要のご紹介動画


メーカー希望小売価格 \1,450,000(1台・税別)

この製品のお問い合わせ、ご注文はこちらからどうぞ

メーカー希望小売価格 \800,000(1台・税別)

この製品のお問い合わせ、ご注文はこちらからどうぞ

メーカー希望小売価格 \900,000(1台・税別)

この製品のお問い合わせ、ご注文はこちらからどうぞ

メーカー希望小売価格 \62,038(1台・税別)

この製品のお問い合わせ、ご注文はこちらからどうぞ

Esoteric(エソテリック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

さらに今回の撮影では、試聴のために毎回行っている「スピーカーの音の良い位置を探る方法」を収録しました。しかし、運悪くこの日は「左耳」が一時的にほとんど聞こえない状態だったので、セッティングがうまく行えたかどうか疑問です。事実、左耳が復調した翌日は、このセッティングよりのさらに良い位置を容易に見つけることができました。しかし、そういう事情があったにせよ、Tannoyの同軸2Way搭載スピーカーが、僅かな「設置位置」の違いで、大きく音質が左右される特長と、それをどのように設置すれば「音を良くできるか」は、このビデオでもお伝えできると考えています。

このセッティングの実演は、下の動画でご覧いただけます。

Tannoy セッティング方法のご紹介動画

試聴ソフト 

フルトベングラー
ウィーンフィル
「田園」

Julie London
The Very Best
「Goody Goody」

Melody Gardot
My One And Only Thrill
「Baby I'm Fool」

Carpenters
Gold
「Rainbow Connection」

Keith Jarret
ケルン・コンサート
「Part 1」

1952年のモノラル録音盤。古くて録音が悪い。けれども音楽は素晴らしい。こういうソフトでも「納得の演奏品質」が発揮できるかどうかをチェック。

シンプルなマイク構成で録音された、おしゃれなジャズ。音の広がりや遠近感、楽器の定位感(位置関係)、ボーカルの再現能力をチェック。

現代的なソフトらしく、コンプレッサーとデジタル編集が多用されているが、細やかな配慮で録音されている。現代的なソフトの鳴り方をチェック。

Prestige Tannoyユーザに親しみが深いと考えられる、アナログ録音された80年代を代表する「POPS」の鳴り方をチェック。

驚くほど美しい響きで奏でられたピアノ演奏。非倍音成分が多く含まれるピアノの音で、キャビネットの不要な響き(音の濁り)をチェック。

Tannoy Stirling GR

メーカー希望小売価格 \380,000(1台・税別) ・ (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

Stirling GR 総合評価

同じユニットを使い、床に置くときの面積もそれほど変わらず、手を伸ばせば届く価格帯と言うことで、最近はTurnberryがよく売れ、Stirlingは脇役になっているそうです。しかし、今回のモデルチェンジでは、Stirling GRとTurnberry GRで異なるユニットが使われていると言うことで、どういう鳴り方をするのか興味を持っていました。4モデルすべての試聴を終え振り返ると、Turnberry GR/LEの次に気に入ったのがStirling GRでした。

やや「ホーンが出しゃばってくる」感じのあるTurnberry GRに比べ、Stirling GRは音のまとまりやバランスに優れ、スピーカーの存在感を忘れて音楽に没頭できました。度重なる改良により、初期のモデルと比べて低音の遅れや膨らみが非常に小さくなっているのも好印象でした。Stirling GRは、従来のStirlingとは一線を画する秀逸の出来映えに仕上がっていると思います。

Tannoy Turnberry GR

メーカー希望小売価格 \450,000(1台・税別) ・ (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

Turnberry GR 総合評価

今回からStirling GRと異なる33mm口径のホーンユニットを採用する「専用ユニット」がTurnberry GRには搭載されています。また、この変更に合わせてクロスオーバー周波数も1.8kHzから1.3kHzへと引き下げられました。

その影響かどうかはわかりませんが、歴代Stirlingの中でもとびきり素晴らしく、スムースで自然な音の繋がりを実現していたStirling GRにくらべて、Turnberry GRは、クロスオーバー周波数付近の音響エネルギーが少し強く感じられました。具体的には、Jazzを聞くと伴奏よりもボーカルが一歩前に出る(少し強調されて聞こえる)感じで、オーケストラでは弦楽器のエネルギー感がやや強められる感じです。しかし、このような音質傾向は「ホーンくさい」と呼ばれる、ドーム型ツィーターにはない「ホーンの独特な傾向」です。今回は、まったくホーンの癖を感じさせないStirling GRと比較したため、結果としてTurnberry GRを私は「ホーンスピーカーらしい音」と感じましたが、より低音にゆとりがあり、なおかつホーンらしい音を求められるのであれば、Turnberry GRがStirling GRよりも高く評価されると思います。

Tannoy Turnberry GR/LE

メーカー希望小売価格 \720,000(1台・税別) ・ (このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

Turnberry GR/LE総合評価

今回の試聴で最も衝撃を受けたのは、このモデルです。

その音を聞くまでは、Turnberryの箱にKensingtonのユニットを移植しただけの「なんちゃって限定モデル」だと思っていました。けれど実際に聴いてみると、Kensingtonに使われている52mmという大口径のホーンユニットを使ったことによる「中域のきめ細やかな表現力」と、磁束線密度の高いアルニコ・マグネットを使うウーファーのレスポンシブルできめ細やかな音質が絶妙にマッチし、明らかに別クラスと思える素晴らしい音質が実現しているではありませんか。

また、Turnberry GRには、Kensington GRで感じられなかった、「Tannoyらしい豊かなキャビネットの響き」が感じられます。アルニコ・マグネットを採用する強力なウーファーと大型ホーンの魅力に、Tannoyらしいふくよかな響きが相まって、Turnberry GRは、今まで聞いた10インチユニット搭載のTannoyで「ベスト」と思える素晴らしい音を奏でてくれました。

スピーカーの存在を完全に忘れ、その美しい響きと華麗な色彩にしばし酔いしれた、これは素晴らしいスピーカーです。

是非ともお客様にお薦めしたくなり、即座にEsotericにあった国内在庫の残りをすべて発注しました。

Tannoy Kensington GR

メーカー希望小売価格 \950,000(1台・税別) ・(このスピーカーのご注文はこちらからどうぞ

Kensington GR総合評価
Turnberry GRと同一のユニットを搭載するKensingtonですが、少なからず音質は異なっています。そして、その違いは「目で見て感じ取れる」ます。

3LZやアーデンに通じる、幅広型の縦横比でデザインされたTurnberry GRのキャビネットは、「馴染みあるTannoyらしいおっとりした響き」を聞かせてくれます。しかし、B&WやTAD、あるいはMAGICOなどに通じる「最新の細身のエンクロージャー」を与えられたKensington GRは、Tannoyでいうならば「DC シリーズ」のように、箱の響きをほとんど意識させられることがありません。

もちろん、驚くほど「濃い」Turnberry GR/LEの音を聞いた後なので、必要以上に「あっさり」聞こえたかも知れないですし、試聴を行った3号館がややデッドな環境なのも「響きが少なく感じたこと」に影響を与えたと思われますが、Kensington GRは、従来のTannoy Prestige シリーズとは少し趣の異なる、スッキリした音質に仕上がっていることは間違いありません。3号館とは違い天井が高く、響きのよい洋室であれば、Kensington GRは、Turnberry GRよりもマッチしそうです。

すでにKensingtonをお使いで「響きが少ない」、あるいは「音をもっと濃くしたい」とお考えであれば、真空管アンプを使われては、いかがでしょうか。たぶん、良い結果が出せると思います。

2015年12月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.