2018年6月16日(土曜日)〜6月17日(日曜日)
逸品館は、東京フォーラムで開催される「音展2018」へ出展いたします。

出展フロア ガラス棟6F 「G604」

オーディオ・ホームシアター展 2018 逸品館デモンストレーションプログラム概要 (PDFでパンフレットをダウンロード

音展2018年のテーマーは、「音楽のあるライフスタイルのご提案」です。

逸品館を開業した当時は、一家に一台はあった「オーディオ」ですが、メディアが音から映像、そしてタブレットやスマホへと移り変わる間に「オーディオ製品」は、とても高価になったり、あるいはマニアックになったり、一般の人たちから「遠い存在」になってしまいました。

確かにスマホは取っつきやすく、常に使えるので便利です。けれど、良い音楽はインスタントなコンテンツでは得られない「深い感動」を持っています。だからこそ、スマホから「良い音楽のある生活」を初めていただければと思うのです。

スマホ専用オーディオ。これが逸品館の新しい取組です。

それ以外では、久しぶりにサラウンドのデモを行うところなどが従来とは少し違っています。

時間割 (予告なく変更することがございます)

時間 6月16日(土) 6月17日(日曜)
10:10-11:00 スマホとPC スマホとPC
11:10-12:00 ピュアオーディオ ピュアオーディオ
12:10-13:00 ネットワークとサラウンド ネットワークとサラウンド
13:10-14:00 ハイエンド・オーディオ ピュアオーディオ
14:10-15:00 スマホとPC ハイエンド・オーディオ
15:10-16:00 ピュアオーディオ ベストサウンド
16:10-17:00 ネットワークとサラウンド 撤収
17:10-18:00 ハイエンド・オーディオ
18:10-19:00 ベストサウンド

デモンストレーションの内容  (予告なく変更することがございます)

スマホとPC

この時間は、「スマートフォンからよい音を出すためには、どういう方法があるのか?」、「PCからよりよい音を出すのには、どうすれば良いのか?」をテーマにしています。

スマホに使うオーディオで一番簡単なのが「Bluetooth スピーカー」です。けれど、このジャンルの製品は種類が多く価格も多様です。そこで逸品館は「AIRBOW」のノウハウを生かして「オリジナル Bluetooth スピーカー」を完成させました。

価格も5千円程度からと手頃ですが、流行歌からクラシックやジャズのような本格的な音楽まで楽しめる音質に仕上がっています。ブランド名は、親しみやすさを込めて「Fun Sounds(ファン・サウンズ)」としました。

 

今回発売できるのは、最も廉価で小型の2モデルです。

 Blue Moon 希望小売価格 5,300円(税別)

 Red Sun 希望小売価格 4,800円(税別)

さらに近日発売モデルとして、バイブレーションモードで低音を発生する「タワー型スピーカー」や、ACアダプターを使う「ステレオスピーカー」の発表も予定しています。

PCを使うオーディオでは「USB-DAC内蔵 プリメインアンプ」をご紹介いたします。

  

ピュア・オーディオ

ピュアオーディオの時間は、ブックシェルフ型とフロア(トールボーイ)型のスピーカーを使い分けて、AIRBOWのカスタムモデルをエントリークラスからフラッグシップモデルまで鳴らし比べます。

新製品では、AIRBOW 新型ネットワークプレーヤー「ND8006 Studio」、新型プリメインアンプ「PM8006 Studio」や、波動ツィーター CLT-5の廉価モデル「CLT-5S」の発表を予定しています。

 CLT-5S 希望小売価格 39,000円(1台・税別)

 

ネットワークとサラウンド

この時間の最初は、ND8006 Studioを使った「ネットワークオーディオ音質比較」です。

AIRBOWから音楽再生専用PCを発売し、ネットワークオーディオの音質が実用段階に向上してから、私は「光ディスク」をほとんど聞きません。一日中音楽を聞きながら仕事をしている私にとって、ディスク交換の手間がない「ネットワークオーディオ」は、生活必需品とも言える便利なグッズだからです。さらに昨年「Roon」を導入してからは、光ディスクにはもう戻れなくなりました。

最近WEBブラウザーに「AI広告機能」が追加されたことをご存じですか? 何か興味があるものを検索すると、それに関連した「広告が表示される機能」です。ユーザーが検索した語句から「類似項目を類推して表示する」ために「AI」が使われますが、これと同じ機能が「Roon」には選曲用に搭載されています。

「Roon」は。ユーザーが作成したプレイリスト、良く聴く曲、ライブラリーの取り込まれた楽曲の内容などから、ユーザーが好むであろう音楽を「選曲」してくれます。これが実に的確で、Roonに任せておけば自分でディスクを選ぶよりもずっとスマートに音楽を聞き続けられるのです。

このようにネットワークオーディオを駆使すれば、とても便利に音楽を聞くことができます。

光ディスク時代には、CDトランスポーターとDACにこだわりました。ネットワークオーディオでもDACへのこだわりは同じですが、「音楽データーを取り出す装置=PCやNAS/サーバー」でも音質が大きく左右されます。それは、データー送り出し機がトランスポーターと同じ役割を持っているからです。

そこでWindows/Mac/AIRBOW音楽専用PCを使って、PCというハードウェアによる音の違いと、搭載するソフトウェアーによる音の違いを試聴します。

さらにネットワークを使って、アンプを新型サラウンドアンプ AIRBOW SR8012 Specialに変えて、ステレオソースを疑似サラウンドで楽しむ方法や本格的なサラウンドの試聴に続きます。

  

  

  

ハイエンド・オーディオ

今回のメインスピーカーには「TAD R1 Mark2」を使います。それに合わせるコンポには、CDプレーヤー「D600」、プリアンプ「C600」パワーアンプ「M600」を選びました。

この時間はメインシステムの試聴と、平面型スピーカー「MANGER P2」、「focal 1028BE」をTADのコンポーネントや真空管アンプ「AIRBOW Stingray Ultimate」などを使いながら、聞き比べようと思います。

  

  

みなさまのご来場を心より、お待ち申し上げております。

逸品館ホームページへ

1号館

本店:商品展示、販売全般、下取・買取 10:30-19:30(定休日なし/臨時休業除く) 06-6644-9101

2号館

中古品展示場:中古品掘り出し物の展示

3号館

高級オーディオ試聴室:高級オーディオの試聴、ご相談 11:00-18:00(定休日:毎週水曜・木曜) 06-6636-2917

逸品館へのお問い合わせは、電話でOKです!
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売”から始まったお店ですから、「直接のご連絡を大歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。 (株)逸品館

逸品館が運営する、5つのショッピングサイトのご案内はこちらからどうぞ!

このページは、大阪のオーディオ専門店逸品館が製作しています。ページに表示される記事内容は逸品館の見解を示していますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。また、ページの情報により生じる利害や問題につきましてはいかなる責任も取りかねますので予めご了承くださいませ。ページへのリンクは大歓迎ですが、誤解を避けるためコンテンツの一部引用やコピーは、お控えくださるようお願いいたします。 

TOPに戻る 逸品館の場所・アクセス お問い合わせ 通販法による表記 返品特約 アフターサービス

Copyright © 2015 IPPINKAN All Rights Reserved. メインサイト