オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

 TAD R1 Mark2 関西初披露!

2013年3月23日(土曜日) 逸品館3号館にて“TAD New Reference System”の
試聴会を開催いたしまた。

TAD New Reference System 試聴会

2013年3月23日(土曜日)、逸品館3号館「デジタルシアタールーム」にてTAD Reference1 Mark2の関西初となる試聴会を開催いたしました。この超弩級スピーカーはTAD Reference Series C600 / M600 / D600でならしました。

第1回目は、C600電源部を床に直置きしています。高音が少し弱めでフルレンジスピーカーのような「まろやかで厚みのある音」で鳴っています。

第2回目は、C600電源部をkripton AB1000とAIRBOW Metal Bubble/Lを使って設置しました。高音が少し強い高解像度モニターのような「キリリとした音」で鳴っています。
後半の録画「ホリーコールの演奏」でC600電源部にインシュレーター(AIRBOW Metal Bubble/L)を使う使わないでどのように大きく音質が変化するかを実演しています。

第3回目は、C600電源部をkripton AB1000の上にAIRBOW Metal Base/Lを使って設置しました。TAD本来のニュートラルな音で鳴っています。

※いずれの録画も前半は、TAD 営業部の都留氏が説明を担当し、後半は逸品館代表 清原が説明を担当しています。

イベント概要

新開発のTLCC(Tri-Laminated Composite Cone)ウーファーユニットを搭載したR1 Mark2は、Mark1に比べて中低域がより充実した「太い音」になっています。TADの目指す「何も引かず、何も足さない音」。その世界はTADをフルセットで組み合わせ、入念なセッティングを施して始めて実現します。今まで様々な機器を試聴し、イベントでも鳴らしましたがTAD Reference Systemはその中でも孤高の存在と言うべき、独自の世界を持っています。

一台ずつ手作りで作られる南部鉄器製の30kgにも及ぶシャーシを持つM600。厚みのある水晶を使い、ジッターと共にノイズを極限まで低減したUPCGクロックを搭載するD600。パワーアンプ並みの電源を別置きにし、徹底的な信号とノイズ源の分離を実現したC600。それぞれは決して安価ではありませんが、金儲けのために俄作りされたとしか考えられない「海外高額商品」とは比較にならないコストと労力がかかっています。しかし、あまりにも高性能なためその音質を引き出すためのセッティングが非常に難しくなっているのも事実です。

今回は信号系のケーブルにaet Evidence Grade、電源トランスにAIRBOW IP3000A、電源とスピーカーケーブル、ジャンパー線ににaet Sin Gradeを用いその性能を引き出しました。また、すべてのスパイクの下にはAIRBOW Metal Base/Lを使っています。このジャンパー線とスパイクベース(AIRBOW Metal Base/L)は、TAD Reference Systemとの相性が素晴らしいため、現在は彼らのイベントでも使われています。

また今回の試聴会では、1回目は少し高音が足りず、2回目は高音が少し強すぎ、3回目にジャストにできましたが、その調整はC600電源部に使うインシュレーターだけで行っています。2回目イベントの後半で電源部インシュレータ「あり・なし」で音がどれだけ大きく変わるかの実演を行いました(録画でご覧頂けます)。もちろんリスニングルームの環境に合わせたスピーカーと音調パネルのミリ単位の位置調整は欠かせません。

日本人の「誇り」と「魂」が込められたTAD Reference Systemは、それ相当の「愛情」を注いだとき始めてその真実の姿を現します。21Hz〜100kHzの広大な周波数レンジと最大出力600Wは伊達ではありません。各国のレコーディングスタジオでも使われているその「忠実な再現能力」と「圧倒的な情報量」は、現在世界トップに間違いありません。

価格ばかりで中身の薄い高額海外製品(もちろん内容の伴い製品も沢山あります)にがっかりする前に、本当のTAD Referenceの音を体験して欲しいと心から願います。

逸品館代表 清原 裕介

TAD REFERENCE1

【TAD-R1 Mark2の主な仕様】 メーカー希望小売価格 350万円(税別/1台)

型式
3ウェイ位相反転式フロア型
ドライブユニット
ウーファー:25 cmコーン型×2
ミッドレンジ/トゥイーター:同軸16 cmコーン型/3.5 cmドーム型
パフォーマンスデータ
再生周波数帯域:21 Hz〜100 kHz
クロスオーバー周波数:250 Hz、2 kHz
ユニット極性:低域(+)、中域(+)、高域(+)
適合アンプ出力:50 W〜300 W
出力音圧レベル:90 dB(2.83 V、1 m自由空間)
最大出力音圧レベル:115 dB
公称インピーダンス:4 Ω(最小値4.1 Ω)
その他
質量:150 kg(1台)
外形寸法:554 mm(W)×1293 mm(H)×698 mm(D)
付属品
・アクセサリーキット:クリーニングクロス、短絡コード×2、コーン型スパイク×3、
 丸型スパイク×3、六角レンチ(開梱用)、
 オーナーズマニュアル(英語版、日本語翻訳版)、保証書
・ウーファー保護カバー×2
・開梱説明書(外装箱に貼付)

TAD Reference System試聴会

CD/SACDプレーヤー プリアンプ 2chパワーアンプ
TAD D600 TAD C600 TAD M600
ご注文はこちら
 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.