オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

レコードプレーヤー マット ターンテーブルシートFunk Firm Achromat 音質 試聴 比較 評価 レビュー 試聴

 The Funk Firm(ファンク ファーム) アナログ ターンテーブル シート

Achromat (アクロマット) 音質テスト

  

イギリスのアナログプレーヤーメーカー「Funk Firm」から発売されている、高音質ターンテーブル・マット(レコードプレーヤー ターンテーブル・シート)"Achromat"の音質テストを行いました。

私が愛用しているターンテーブルシートは、紙とコルクから作られた「Ringmat」です。イギリスで作られるこの製品は、廃業したオーディオ輸入代理店「ハインツ」が20年近く前に輸入していたものです。なんとか日本でも販売できないか、入手ルートを探ったのですが不調に終わり、それに近い製品として目をつけたのが「Achromat」です。

現在発売されているターンテーブルシートは、「振動吸収型」と「振動調整型」の2つに大別できます。

前者の代表的なものは、ソルボセインなど振動吸収に優れた「ゴム(高分子)系」の材料を使うものです。しかし、これらのシートを使ってレコードを聞くと、細かい音まで聞こえるようになりますが、響きがなくなってレコードらしい広がり感や、快活さが失われます。音も暗くじめじめします。

カーボンを使うシートは、含浸している樹脂の量が多いと前者に近づき、少ないドライカーボンでは後者に近くなるようです。しかし、全般的にカーボン製品は高価です。

これらに対し、後者に属するのが「Ringmat」や、今回ご紹介する「Achromat」です。紙や発泡素材を使うこれらの製品は、響きを損なわず不要な共振だけが吸収され、細かい音が出ると同時に、広がり感や透明感、躍動感も向上します。素材がそれほど高くないので、価格は安いですが音は良いと思います。Teacから発売されている「和紙(TA-TS30UN-BW)」を使ったターンテーブルシートも同じ傾向の製品です。AchromatはFunk Firmが厳選した密度の「発泡素材」が使われています。

Funk Farm製品の特徴は「自然な音」です。それも、ただ癖がなく聞きやすだけではなく、目を閉じるとそこに「演奏者が実在する」かのような、高いリアリティーが特徴です。今回試聴に使ったレコードプレーヤー「Little Super Deck」も価格帯性能に優れ、高品質なアーム付きで30万円弱の価格です。
このプレーヤーにortofon「Q5」を装着し、QUAD QC24Pを組み合わせて「純正ターンテーブルシート」、
「アクロマット 3mm(10,000円・税別)」、「アクロマット 5mm(12,000円・税別)」、Technics SL1200のターンテーブル形状に合わせて作られた「アクロマット SL1200(15,000円・税別)」を聞き比べました。

Funk Firm(ファンク ファーム) Achromat メーカー希望小売 10,000円(税別)

Funk Firm(ファンク ファーム) Achromat2 メーカー希望小売 12,000円(税別)

Funk Firm(ファンク ファーム) Achromat SL1200 メーカー希望小売 15,000円(税別)

Funk Firm (ファンク ファーム)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴環境

今回は、Funk Firmがラインナップする"Achromat"3種類すべてを、Funk Firm レコードプレーヤー"Little Super Deck"付属品のフェルトマットと聞き比べてみました。

試聴には、ortofon MCカートリッジ"Q5"とフォノイコライザーアンプ"QUAD QC24P"を組み合わせました。

Funk Firm (ファンク ファーム) Little Super Deck メーカー希望小売 260,000円(ブラック仕上げ・税別)

Funk Firm (ファンク ファーム) Little Super Deck メーカー希望小売 280,000円(ウッド仕上げ・税別)・受注発注

Funk Firm (ファンク ファーム)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

AIRBOW PM10 Ultimate メーカー希望小売価格 780,000円(税別)現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

今回の比較試聴は、YouTube 逸品館チャンネルで、ご覧いただけます。

試聴ソフト(アナログ・レコード)

今回、新たに試聴に加えたレコードは、パイオニアが監修しロブスター企画から発売されていた、オーディオ店の販売になる高音質盤「アン・バートン、Some Other Spring」です。このレーコードは、日本国内のスタジオで「ダイレクトカッティング」で収録されたものです。さらにアマゾンから「キース・ジャレット、ケルン・コンサート(2枚組)のレコードを購入して追加しました。

追加した2枚のディスクは、録音状態に優れるだけではなく、オーディオマニアによく知られていることや、現在もCDやハイレゾの購入が可能なので、ご自宅で「逸品館でレコードを録音したアナログ」とお手元にある「デジタル」を比較していただけると思います。

アナログレコードの最盛期に発売されたダイレクトカッティングの優秀録音盤。
名ばかりの優秀録音盤も多い中で、このディスクに収録されている楽器の音、人間の声はとても自然で情報量が多く、音質の比較に適しています。

シンセサイザーも伴奏に使われるPOPS系のソフト。アマンダさんの独特な声の太さや甘さ、シンセサイザーの音がどのように再現されるかがポイント。
同タイトルのCDが発売されているので、アナログデジタル比較が可能。

鋭いパイプオルガンと金管楽器の音、柔らかい人間の声、男女混声コーラスの複雑な響き。それぞれの音の分離と広がりをチェックします。SACDハイブリッドソフトのCD層の音声をリッピングして使いました。
現在発売中。

SHM-CD、SACDでの販売、DSDのダウンロードなど現在も様々な高音質音源が出回っているこの曲のアナログレコードです。
寺院の庭に描かれた波紋のように、ピアノの音が美しく揺れながら消える様を比べて下さい。現在発売中。

音質評価

  

付属フェルトマット

レコードらしい滑らかで聞きやすい音です。ピアノは音色が美しく、奏者のタッチの変化がダイレクトに伝わります。ボーカルは滑らかで艶っぽく、子音が適度にクッキリして、発音の変化や抑揚のアクセントがよく分かります。ベースは、太く量感豊かですが、膨らまずに上手く鳴ります。低音は安定し、高音は滑らかに抜けるので、回転してるレコードから音が出ている感じがありません。Firm(ファーム)は日本語で「安定」という意味ですが、まさにそういう音が出てきます。

細かい音もしっかり出て明瞭度も高いのですが、リテイクができないダイレクトカッティングの「緊張感」が良い具合に緩和されるのか、自然と笑顔になれるような音が出てくるところにも好感を抱きました。オーディオの「行き過ぎ感」を感じさせない高音質と自然な感じが見事に両立した音で、Some Other Springが軽やかに鳴りました。

ピアノの響きが引き締まってアタックが硬質になり、良い意味で「タッチの曖昧さ」がなくなりました。音が消えるところでの「静寂感」も高まっています。ボーカルは、子音がよりクッキリして明瞭度と解像度が向上しました。ウッドベースも、輪郭がハッキリしました。一つずつの音がハッキリして分離感が向上し、レコードが高音質盤になったような変化です。
純正マットで聞くこの曲は、カジュアルな感じでしたが、アクロマット3mmで聞くと、もう少し緊張感の高いより本格的な演奏に感じられます。楽器やボーカリストの質感が一段上がり、カートリッジやターンテーブルをワンクラス上げたような音質改善効果がありました。

ピアノでは、左手の重厚感と密度感が向上しました。ウッドベースも低音がさらに"ぐっ"と伸び、ボーカルも質感が高まっています。3mmとの一番の違いは、音が良くなっただけではなく「ダイナミックレンジ(音の大きい小さいの対比)」が大幅に向上して感じられるところです。ボーカルが力を抜いたところと入れたところ、ピアノストのタッチの違い、ベーシストの指の動きがとてもリアルに感じられます。
3mmでも高い効果を感じましたが、5mmは別ものです。たった2000円の価格差ですから、プレーヤーのアーム調整高さに5mmアップの問題がなければ、5mmを買うべきでしょう。

このモデルは厚みが5mmですが、ターンテーブルシート裏側に「Technics SL1200のターンテーブルにピタリとはまるような加工」が追加されています。

この加工のため、表側からの見た目や厚みは変わらないのですが、音質は少し違っていました。
ピアノの奥行き感、ボーカルの深み、ベースのしっとりした感じ、Achromat 2(5mm)が比較的タイトでしっかりした音なのに対し、Achromat SL1200には適度な響きと一層の音の伸びが感じられます。
アン・バートンの声はAchromat SL1200が最も生に近く、魅力的です。

ウッドベースやピアノは、ボーカルと綺麗に分離しながら、完璧に近いハーモニーを生み出しました。

  

付属フェルトマット

純正マット(付属品)で聞く「Little Super Deck」の音には、独特の柔らかさと滑らかさがあります。どこといって突出した特徴のない音ですが自然な感じで、じわりじわりと体の中に染みこんできます。
アマンダの声は、心地よい潤いがあります。デジタルでは出にくい圧倒的に滑らかな質感と、ほのかに暖かい感覚。シンセサイザーの滑らかさと色彩の鮮やかさも、デジタルでは感じられにくいものです。低音の量感はしっかりとあって響きの収束も早く、変に膨らむことはありませんが、レコードの低音はやや柔らかくリジッドな感じではデジタルが優位です。
過ぎ去った昔を思い出しながら、でもその悲しさに埋もれてしまうことなく、今を受け入れながら生きている。コントロールされた哀しみの感情を感じます。

安心して音楽にどっぷりと身をゆだねられる。それが、Funk Farmの基本的な音色のようです。

デジタルに負けている!と感じていた、付属品で聞くこのレコードの低音の密度感としっかりした感じがデジタルに匹敵するまでアップしました。けれどアマンダの声質は、少し抑えた感じになって、歌っている感じや説得力は純正マットの方が好きだったように思います。

低音と高音がしっかり伸びましたが、純正マットの味わいであった「響きの良さ」は若干後退し、音の純度の高まりに比例して味わいがやや希薄になりました。

純正マットは生演奏の雰囲気、3mmはオーディオ的な高音質感を同じレコードから引き出します。いい音ですが、純正マットで伝わってきた「郷愁」のような哀しさの味わいは薄くなっています。

シンセサイザーの密度感と重量感が、一段と深まりました。アマンダの声は、純正マットよりも暗くなっていますが、表現力は3mmよりも深まっています。見かけはそれほど「吸音」しないように見えるマットですが、以外に制振・吸音効果は高く、音の純度の高まりに反比例して響きの良さが減っているようです。
響きがたっぷりと乗る方が、演奏がより良く聞こえるこのレコードでは、3mm→5mmと厚みが増せば、響きが減って、よりタイトなイメージになります。
情報量はどんどん増えて音は良くなりますが、演奏の深みや味わいは、それほど大きく変化しない感じです。

SL1200は他モデルと違って吸音しすぎる嫌いがなく、響きが付属品よりも長くなり、音も明るくなります。縁をカットしたために響きが増したのか、あるいは材質が異なるのか、どちらにしても音色はSL1200が一番好きです。
3mmは適度な変化、5mmは圧倒的な音質の改善、SL1200は音質の向上は5mmよりもわずかに控えめに感じられますが、楽器の響きがより長く、音色が明るく鮮やかです。SL1200を使うことで、純正マットの良い味わいを残したまま音質だけが大きく改善されます。

3mmと5mmで聞くこの曲には、ごく僅かですが違和感がありました。SL1200には"それ"がなく、演奏にすっと入って行けます。

アマンダさんの伝えたい哀しみ、歌心がダイレクトに心に伝わってきました。

  

付属フェルトマット

高音は生のパイプオルガンほど鋭くありません。金管楽器の高音も少し控えめですが、良い意味で先端がほんの少しだけ丸くなり、ヒリヒリした神経質な感じが上手く消えています。

コーラスの部分では分離感とハーモニーの混ざり具合の「加減」が絶妙で、とても「いい感じ」に鳴ってくれます。

生演奏と「同等」ではありませんが、生演奏を実にリアルに感じさせてくれます。これでもう一息音色に輝きと、切れ込みに鮮やかさが欲しいですが、その部分は「カートリッジのグレードアップ」で簡単に実現するはずです。

Little Super Deckには、Thorensのレコードプレーヤーほど「盛られた感じ」はありません。「等身大」、「あるがまま」にレコードの溝に記録された演奏を弾き出してくれる、信頼できるレコードプレーヤーという感じです。

純正マットで聞くこの曲は、わずかにカジュアルすぎると感じました。

3mmを使うと音の重心が下がり、やや浮ついていた音がしっかり安定します。余計な響きや濁りだけが除去されるので、この曲らしい「静寂なイメージ」が上手く醸し出されます。コーラスも人数が増えました。
私の好みよりは、ほんの少し雰囲気が重いですが、本来明るいイメージではないこの曲では、それほどマイナスになりません。

回転しているレコードの「揺らぎ」を全く感じさせない、安定した音でカンターテドミノが鳴りました。

情報量(音の数)が増えました。パイプオルガンらしい重厚なサウンドが魅力的です。金管楽器のハーモニーも美しく、音が切れた部分の静寂感の表現も良好です。女声コーラスと男声コーラスの声色の違いも完璧です。滑らかで潤いのある質感は、やはりレコードならではです。
この曲だけではなく、今まで聞いてきた曲すべてに共通して感じるのは「高域の切れ込みが僅かに遅いこと」ですが、これは組み合わせている「ortofon Q5」の癖だと思われます。

以前の試聴レポートでも書いていますが、Q5はそれほど「良くない」と思います。けれどそれがここまで良い音で鳴るのは、Funk Farmの実力の高さでしょう。

Achromat、Achromat 2で僅かに足りないと感じていた「高域の明瞭度」がSL1200では出ました。演奏にメリハリがついて、パイプオルガンらしいエネルギー感も力強く、静寂の中からようにすっと立ち上がってくる女声コーラスの入り方も好印象、男女の声色の違いも明瞭です。鋭いパイプオルガンと柔らかい人の声の対比も、見事です。

あまり良いとは思えないQ5をこれほど上手く鳴らすのは、脱帽ものです。

  

ortofon Q5ではFunk Firm Little Super Deckの実力を発揮しきれないと感じたので、カートリッジをPhasemation PP-500に変更し、カンターテドミノとをもう一度、さらにケルン・コンサートを聞くことにしました。

付属フェルトマット

カートリッジを変えると音質が大きく変わり、純正マットでもずっと不満に感じていた「高音の鋭さの不足」が完全に解消されました。パイプオルガンの「勢い」が全然違っています。オルガンの音階の変化、コーラスの分離感、ベールが何枚も剥がれたように鮮烈な音です。
Little Super Deckの持ち味である「素直さ」や「生々しさ」はそのまま残され、レコードの録音が遙かに上質になったように聞こえます。"デジタル"でこの音の変化を表現するなら、音源がMP3から一気にハイレゾになったくらい大幅な音質アップと、躍動感、表現力の向上が実現しました。

これが、求めていた熱いレコードのサウンドです!

ortofon Q5では、響きが減少し音がやや重く窮屈に感じられましたが、PP-500では余計な響きが減少し、音がしっかりしました。

女性ボーカルでは、沈み込むような深みが醸し出されます。男性ボーカルとの分離もより明確で、それぞれの楽譜の違いが容易に聞き取れました。

演奏の緻密さ、深みも変わっています。

この曲では「パイプオルガンのミスタッチ」があるのですが、そういうミスが、人間的な暖かさを伴うイメージで再現されます。

パイプオルガンが主役の時、伴奏の時のオルガンの音色の違いも明確になりました。

Q5を装着した"Little Super Deck"には、ネガティブに感じられる部分もありましたが、PP-500ではそれがなくなって、良い部分だけがクローズアップされました。

音の出始めのタイミングが正確になり、音量の変化も大きくなりました。音楽を表現するために必要な「情報」がぐっと増えています。

オルガンの「パイプの数」が増えました。パイプの中を通過する空気に、速度感があります。低音と高音のパイプ位置の場所が違うこと(前後の奥行き)まで聞き取れます。金属的なパイプの共鳴と、柔らかな空気の響きの対比も再現され、金管楽器も鋭さと柔らかさが両立します。オルガン奏者のミスタッチも演奏の邪魔になりません。

女声コーラスは厚みが増して、人数が増えたように感じられます。混声部でも男女の声が混ざることで生まれる厚みが表現されました。
Q5では重く暗く感じたこの曲に、生命の輝きが宿りました。

当初からずっと感じている「回転しているものから音が出ているとは思えない安定感」があります。デジタルよりも安定して、音が揺れていない、音階が安定している、と感じるこの安定感はいったいどこから来るのでしょう?

レコードの剃りやカートリッジの揺れが全く感じられないのは、スタイラスがレコードと確実にコンタクトしているからでしょう。外観や作りは少し「雑」に感じるところがありますが、この精密ななり方はこの価格帯のレコードプレーヤーでは、あまりないと思います。
ターンテーブルシートをSL1200に変えたことで、ほんのわずかに残っていた「違和感」のようなものが、完全に消えてしまいます。どこがどう変わったかを表現するのは難しいのですが、目を閉じると会場にいるように「自然」です。
深みのある、アーティス・ティックな音(芸術的な音)でカンターテドミノが上手く鳴りました。

動画はありません

  

付属フェルトマット

この曲をレコードで聞くのは初めてですが、デジタルとはずいぶんと「音」が違います。

まず、ピアノの響きが多すぎること、高音の響きに「音程の揺らぎ」が感じられること、これは、録音時に何らかも回転ムラが生じていたのかも知れないと思うほどです。響きや倍音の成分もデジタルよりも少なく感じます。この音であれば、私はレコードではなく「デジタル(CDでも十分)」を選びたいと思ったのですが、少し曲が進みキース・ジャレットが一音一音に深い思いを乗せながらピアノを弾いている箇所にさしかかると、「一音の重み」、「一音に凝縮された思いの深さ」がレコードの方がより深く感じられるようになってきました。

キース・ジャレットがピアノと一緒に歌っているところでは、当初に感じた「違和感」など完全に消えて、演奏にぐんぐん引き込まれます。整然と並べられる音階とリズムが見事です。その「並び方」を聞いているだけでも、芸術性の高さを感じずにいられません。

ピアノの音だけではなく、キース・ジャレットの声、足を踏みならす音、すべてが融合し美しい世界を作り上げて行きます。

付属フェルトマットで感じていた「余計な響き」が見事に消えました。

濁りが消えたことで、キース・ジャレットのタッチがより明確に浮かび上がります。

ピアノの音は、まだ不自然に揺れていますが、それが「レコードの揺らぎ」ではなく、ピアノの調律の問題かも知れないと感じられるようになりました。もし、この揺れがアナログ系の回転ムラが原因なら、低音やタッチそのものにも揺れが生じるはずだからです。

約3分が経過すると、演奏の雰囲気が変わります。楽譜を使わず、すべて即興で行われたこの演奏は、3分が過ぎてキーズ・ジャレットの頭の中で構想がしっかりと固まったのでしょうか?

約5分を過ぎ、キース・ジャレットがピアノと共に歌い始めると、演奏の世界観が明らかに変わります。
単調なメロディーの繰り返しから、発想が広がりメロディーが大きく展開して行きます。
3mmのマットに変えたことで、ピアノの音の純度とアタックの精度が向上し、演奏の深みと躍動感が増しました。元には戻れないほど、確実に音質と表現力が向上しています

ピアノの響きの美しさ、倍音の重なりの美しさが変わります。また、打鍵感に「早さ」だけではなく、「重さ」が出ます。

グランドピアノをこれほど軽々と、ためらいなく弾けるのは驚嘆に値します。
5mmの音は、3mmよりも明らかに重厚で、細やかです。3mmでは聞き取れなかった、左手の倍音まで聞き取れそうです。演奏がより男性的で力強く感じられるように鳴ってきました。ただ、3度目なので「演奏の展開を記憶」してしまったためか、最初に聞いたときほど鮮やかな「驚き」は感じられません。
けれど、目の前でグランドピアノが演奏されている雰囲気、その重厚なサウンドの聞き応えは、今までで最も強く伝わってきます。

ここに来てピアノの高音の音程が揺らぐ感じは、ほとんど感じられなくなりました。

改めて耳を凝らすと、そのゆらぎは録音による揺らぎではなく、ヒアノの中で響きがぶつかり合っていると分かりました。デジタルであまり気にならなかったその揺らぎを強く意識するようになったのは、響きの成分が多く、響きも長いアナログだからでしょう。

ターンテーブルシートをSL1200にすると、音の角が少しまろやかになります。とは言え十分生音に匹敵するほど鋭いのですが、明瞭度がほんの少しだけ低下することで、芸術性が深まり、演奏に奥行きが出ます。

Little Super Deck+SL1200+Phasemation PP-500で聞くこの曲は、直接音と反射音、響きの音量と質感のバランスに優れ、生のピアノをその場で聞いているような印象です。

キース・ジャレットがピアノをころころと転がして戯れるような雰囲気、ゆったりとした左手のメロディーラインと、素早く変化する右手のメロディーの対比も見事です。

試聴後感想

今回、デジタルでよく聴いている曲をアナログで聴きました。

結果、デジタルとアナログのどちらが良いか?は、最後まで結論は出せませんでした。なぜなら、アナログ・デジタルのどちらにも長所と短所が存在するので、甲乙付けがたいのです。

アナログの良さは認めます。それにしかない「魅力」が存在することも。

けれど利便性の高さや、長期にわたって音質が全く変化しないこと、スペースファクターの優位性、そして何よりも「劣化しないこと(傷もつかない)」などの理由で、私はデジタルからレコードに戻ることはありません。

デジタルはアナログ2かなわない。

とか、

ハイレゾでなければ伝わらない感動がある。

とか、

いろいろな技術に明白な優劣を付けようとするのは、それを飯の種にしているメーカーや、それをたわいもない噂話の種にしているマニアだけで十分です。

オーディオは、演奏家の気持ちを伝えてくれれば、それで十分。音の善し悪しは、二の次です。

「どちらの音が良いか?」

そんなくだらない論議に振り回されて、聞くべき音楽。出合うべき名演奏を聞き逃したなら、それほどの不幸、それほどの損失はありません。

2018年3月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.