オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

luxman L550AX Mark2 ラックスマン プリメインアンプ 比較 試聴 音質 評価 販売 展示 価格 レビュー 評判

 Luxman DA-150 USB DAC ヘッドホンアンプ 音質評価 試聴レビュー

その他の音質テストはこちら

  

Luxman(ラックスマン)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

Luxman DA-150 (USB DAC ヘッドホンアンプ) メーカー希望小売価格 98,000円(税別)※解説は輸入代理店ページより流用

「Luxman(ラックスマン)」から、強力なヘッドホンアンプを備えたUSB DAC 「DA250」の廉価モデル「DA-150」が発売されました。このモデルは、上級モデル「DA250」から、PCM192Khz/32bit、DSD 5.8MHz対応のUSB入力、最大、PCM192kHz/20bit対応の同軸/光デジタル入力、ヘッドホン出力の音量調節にLuxmanオリジナルの高音質ボリューム「LECUA」が引き継がれています。

DA150に入力されたデジタル信号は、PCM1795が内蔵するデジタルフィルターで、352.8/384kHz、32bitにアップコンバートされてから処理されます。また、DA-250と同じく、PCM入力時には「32bitデジタルIIR」と「32bitデジタルFIR」の2種類から、DSD入力時には「ノーマルアナログFIR」と「ハイアッテネーションアナログFIR」の2種類から、信号処理を行う「デジタルフィルタ」が選べ、それぞれに2種類の音色が楽しめるようになっています。

DA250では採用されていた、電子制御アッテネーター「LECUA」による精密な音量調節がRCA出力から省かれていますが、アナログボリュームでは小音量時に避けられない左右の音量誤差(ギャングエラー)が一切発生せず、小さな音量から細やかに音量調整ができる「LECUA」がこの価格帯のヘッドホンアンプに搭載されている意味は大きいと思います。上級モデルの設計を引き継ぐことで、性能を落とすことなくコストダウンされたDA-150は、外観こそコンパクトですが中身はかなりハイグレードな製品に仕上げられています。

DA-150 特長

デジタル回路
・USBの他に、最大192kHz/24bitのPCM信号に対応するデジタル入力 (同軸1系統、光1系統) を装備。
・DACチップには、32bitデジタルフィルター内蔵のTI社製PCM1795を採用 (内部にて352.8k/384kHz/32bitにアップコンバート) 。
・PCMとDSDのそれぞれに、2種類の音色を切り替えて楽しめるフィルター設定を用意 (PCMは32bitデジタルフィルター、DSDはアナログFIRフィルター) 。
・発振周波数付近のノイズを低減し、高精度・低ジッターのクロックを発生する、低位相雑音クロックモジュールを44.1k/48kHz系列のそれぞれに独立搭載。
・USB入力はアシンクロナス通信により、S/PDIFは内蔵するDAIR PCM9211の高精度PLLによりクロックを低ジッター化。

アナログ回路
・電子制御音量調節アッテネーターLECUAをヘッドフォン出力回路に搭載し、小音量時のレベル偏差を廃した高精度の音量操作が可能。
・ヘッドフォン出力には、上位機種DA-250と同等のディスクリートバッファーを搭載したハイパワーな高音質アンプ回路を採用。
・ACアダプター等を使用せず、内部に専用の電源トランスを搭載する音質最優先の設計(電源はフロントパネルでON/OFF可能)。
・電源トランスから各回路独立のレギュレーター+大容量ブロックコンデンサーを経由する、高慣性(ハイイナーシャ)の電源環境を構築。

luxman DA-150のWindows対応 USBドライバーの不具合について

仕事に使う「Window PC」には、USB周辺機器のドライバーを極力インストールしない。私はそう決めています。なぜならば、USB用ドライバーの出来が悪いとOSそのものの動作が不安定になるからです。

職業柄、様々なUSBオーディオドライバーをインストールしなければならないオーディオ機器の評価用PCには、トラブルを避けるため専用のノートパソコン(Windows7 Professional)を用意しています。

すでにLuxmanのUSBドライバーがインストールされているこのPCに、DA-150を繋いだところ認識されませんでした。そこでメーカーが添付していた、DA-150対応の最新ドライバーをインストールしましたが、新旧のドライバーを何度入れ直しても「DA-150」を認識せず、結局再生できませんでした。何度かは、認識して音が出たのですが、その時も間欠でしか音が出ず、まったく使い物にならない状態でした。他のPCにも入れたのですが、やはり状況は思わしくなく、音が出ませんでした。

Windowsでの音質評価は諦めてMacを接続すると、こちらはドライバーをインストールすることなく正常に動作します。LinuxベースのAIRBOW MSS/MSPでもMacと同様に「繋ぐだけ」で簡単に使うことができました。

DA-150を購入しWindowsでこの製品をお使いになる場合、ドライバーの相性が悪く使えなくても、それは故障ではなく、またそのためにPCが不安定になったとしても「自己責任」を事前に確認するソフトウェアーの契約条項がありますから、万が一そのような事があっても「返品」はできません。同じように中古品を購入した場合でも、ドライバーの相性問題で「鳴らない」という事態が発生しても、Luxmanのサポートは受けられません。ここがオーディオ機器とPCの違うところです。

DA-150をWindowsで使いたいとお考えなら、事前に動作を確認したほうが安心だと思います。

また、今回動作しなかったPCの「レジストリ」をコピーして、Luxmanに送っています。近い将来、不具合の解消したドライバーが用意されることを願っています。

そういうことで今回は、Windowsではなく、Mac Book Pro OS-X(Yosemite)での試聴となりました。

まず、Macにインストールしている再生ソフト、i-TunesとWin-Ampを聞き比べました。Win-Ampの方が音が細かく、高域が伸びやかなので、今回はWin-Ampで試聴しました。ただし、Win-Ampは開発が完了したソフトですから、ご使用はおすすめいたしません。

試聴環境

試聴は12時間のウォーミングアップの後に行いました。

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW SA11S3 Ultimate (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

試聴したソフトは、いつもの5曲です。CDを聞きました。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがあるクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤。"500Miles/noon"
を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

Luxman DA-150 USB DAC ヘッドホンアンプ メーカー希望小売価格 \98,000(税別)

Luxman(ラックスマン)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

せせらぎ

水の流れは力強い。高域は荒れもなく滑らか。鳥の声は、表情が平坦でやや電子的に聞こえるが、嫌な感じではない。

音の広がりは、それほど大きくないが、前後左右に均等に広がるので違和感はない。
逆に音が拡散せず空間の密度感が高く、ある種の個が演出された魅力的な鳴り方をする。
ほんの少しだけ「PCっぽい癖」は感じられるが、高域の抜けの良さ、滑らかさは高級機に匹敵する。

セレナード
弦の分離が若干悪く、バイオリン、チェロ、コントラバスの音場が前後に広がらない。
中域〜低域の厚みとエネルギー感は素晴らしいが、音がほんの少し濁っている。
繊細さよりも力強さを感じる。
セレナードが切なく鳴るのではなく、力強く明るく、モーツァルトのように鳴る。

モナリザ
ギターの響きが少し「鼻声」になる。昔ながらの「ラックストーン」が残されていて、少し嬉しくなった。
ボーカルは濃いが、低音はやや緩い。ギターの響きが消えるのは少し早い。ボーカルは子音がやや荒れる。
あるレベルから下の小さな音が、かき消されているようだ。
不自然な感じはないが、微妙なディティールが再現されないので、モナリザの演奏がアニメのように省略されて聞こえる。
それほど深みはない表面的な鳴り方だが、かわいらしいその音は魅力的に感じられる。
特長のある音で、モナリザが鳴った。

500Miles
モナリザでは「ギターの弦を弾く感じ」がハッキリと力強く出た。500Milesでは、ピアノの打鍵感がしっかり出る。
ボーカルは密度が高く魅力的な鳴り方をする。ピアノの音は明るくてさわやかだ。
けれどこの曲のメインテーマである「望郷の悲しさ」は伝わってこない。
音は悪くなく、聞いていておかしいとも思わないが、他の機器で聞くこの曲とは、明らかに違うイメージで鳴る。

新世界
音が明るく、力強いが、イントロ部分の厳かな感じが出にくい。
細やかな音の変化は感じられるのだが、それが音楽の雰囲気を正確に伝えない。
決して不自然な音ではないし、細やかさや密度感は高く、性能は高いのだが、生演奏を忠実には再現してはいない。
架空の世界の音だが、デフォルメされた音が好きならば、このDACの音を気にいると思う。

試聴後感想

スピーカーで聞いた後、DA-150の「ヘッドホンアンプ」としての実力を探るために、愛用しているオープン型ヘッドホン「AKG K-500(生産完了モデル)」でモナリザを聞いてみました。

ギタリストの爪が弦に当たる音、スピーカーでは決して聞き取れなかった「会場の雑音」などが聞こえてきて、思わずヘッドホンを外し、部屋の中で音が鳴っているんじゃないだろうかと思ったくらいに細かい音までハッキリ聞き取れます。

抜群に力強く音がぐいぐい押してきて、怒濤の勢いでモナリザが鳴るではありませんか。こんなにパワフルでクッキリした鳴り方をするUSB-DAC搭載ヘッドホンアンプは初めてです。生音を超えて「オーディオ(電気)的に拡大された音の楽しみ(喜び)」を感じます。

今聞いている演奏は「DA-150」の独特な世界観があります。生音とは違うその音は、決して不愉快ではありませんが、一方でどんなソフトを鳴らしても、「DA-150的解釈」からは抜け出せないように感じます。だから、「ソフトに飽きないだろうか?」と少し心配になりました。

その個性を是とするか、非とするかでこの製品の評価が決まるでしょう。

※また、DA-150とDA-250は、多くの回路が共通していますが、その音質はまったく違う印象でした。
(DA-250の音質レポートはこちら

2016年6月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.