オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 

  Luxman (ラックスマン) E-250 音質 試聴 レビュー

  

その他の音質テストはこちら

メーカー希望小売価格 \128,000(税別) (Luxman製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

「Luxman(ラックスマン)」から、Luxmanのエントリー・フォノイコライザーアンプとして2008年に発売されたE-200の後継モデル「E-250」が発売されました。「E-250」では、新たにカートリッジの特性に合わせた負荷インピーダンスと負荷容量の切り替え機能が搭載され、お使いのカートリッジの能力を今までよりも深く引き出せるようになっています。MC対応昇圧トランスも内蔵され、MM/MCのカートリッジにフル対応します。

Luxman E250 の特長

・カートリッジに最適化する負荷調整(新機能)
使用するカートリッジの特性に合わせ、負荷インピーダンス (34/47/56/100kΩ) と、負荷容量 (0/100/220/320pF) が背面のスイッチで切り替えられます。
・本格的なNF型イコライザー回路

E-250には、初段のFETをパラレル接続することで低ノイズを実現した、高S/NのNF型イコライザー回路が搭載されます。また、モノラルレコード再生時に便利なモノラルスイッチや、レコードの反りから発生する低周波をカットするローカットスイッチも採用されています。
・MCトランス内蔵
E-250は、ローインピーダンスのMCカートリッジにも対応する、段階ゲイン切り替え付きL/R独立スーパー・パーマロイコア・ステップアップ・トランスが搭載されています。

・2系統入力を装備
フロントパネルから切り替え可能な2系統の入力を装備(負荷調整の個別切替はできません)。

・大容量の電源回路
新開発の低背型大容量ブロックコンデンサーと、ディスクリート構成のレギュレーター回路を採用し、高品質な電源環境を実現。繊細な音楽信号をスムーズに伝送するラックスマン独自のラウンドパターン配線基板が採用されています。
・ブラスターホワイトのアルミパネル
E-250は、高級品の風格を持つブラスターホワイト仕上げのフロントパネルに、レバー型制御スイッチをレイアウトした趣味心をくすぐるデザインが施されています。

・アーティキュレーター機能(カートリッジ/MCトランス消磁機能)
カートリッジやMCトランスの帯磁による音質劣化を改善できる。アーティキュレーター(消磁)機能を装備。ワンタッチ操作で磁化による音質劣化がリフレッシュされ初期使用時の特性を回復します。
・リファレンス電源ケーブルの付属
電源ケーブルには、ラックスマンのリファレンスであるOFC極太線ノンツイスト構造のJPA-10000が付属します。

試聴環境

スピーカーには、Vienna Acoustics 「Beethoven Concert Grand(T3G)」、アンプにはAIRBOW PM11S3 Ultimateを組み合わせました。

 Vieena Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (この製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 AIRBOW PM11S3 Ultimate (この製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 Phasemation P-3 生産完了モデル (Phasemation製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 Nottingham Interspace HD 生産完了モデル (Nottingham製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

試聴ソフト 

 

試聴したレコードは2枚です。「The LA4:Pavane Pourune Infante Defunte(亡き王女のためのパバーヌ)」。このレコードはダイレクトカッティングで非常に音が良く、演奏も抜群の1枚です。もう1枚は、「Clair Marlo:Let It Go」。このレコードは、高音質なソフトのみを作り続けてきた「Sheffield Lab」レーベルから発売される「2トラックダイレクト録音盤」です。

メーカー希望小売価格 \128,000(税別) (Luxman レコード関連製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 

The LA4

楽器のタッチがきちんと再現され、奏者が楽しく演奏を繰り広げている様子がうまく伝わります。ギターなどの質感は、価格相応といった感じで若干チープな音質ですが、デジタルにはない響きの良さや滑らかさ、音の暖かさがその欠点を補います。

デジタルと比べると解像度はやや低いですが、気になるほどではありません。楽音の躍動感が大きいので、音を聞いていると自然に身体が動くような楽しい音でLA4が鳴りました。

Let It Go

クリアマロー
このレコードはCDも持っています。E-250で聞くこのソフトは、現在発売されている10万円クラスのCDと比べて音の輪郭が甘く、低音も広がっているように感じられます。音の芯も甘く、低音が広がるので、力感はそれほどではないのですが、音の明るさ、響きの良さは魅力です。個人的にはもうすこし音をしっかりさせたいと感じました。伴奏を聴いていると全般にこのような感じでしたが、
女性ボーカル艶やかさ、滑らかさはアナログならではの魅力的な味わいを持が感じられました。

今回使った、Phasemation P-3(生産完了品)の出力は、0.27mVと決して低くないのですが、ゲインをHighにしても音量はかなり小さめでした。カートリッジの出力は、0.5mV程度は欲しいところです。試しに昇圧トランス(AIRBOW WE Trans)を外付けにして、MMポジションで入力すると音質・音量ともに不満点はかなり改善されました。E-250は無理をしてMCカートリッジを使うよりも、MMカートリッジを使う方が結果的によい音で聞けそうです。

逸品館おすすめのカートリッジはこちら

総合評価

今回は、AIRBOW 昇圧トランス+MM入力と内蔵トランスを比較しましたが、どちらも明るく楽しい音質で、立体感(音の広がり)にも優れていました。いかにもレコードを聴いているという、この音質はとても気持ちの良いものです。
外付けトランスと内蔵トランスの比較では、さすがに解像度感は高価な外付けトランスほどではなく、やや音の輪郭が緩くなり、音像がぼやけます。また低音も少し膨らみますが、柔らかさ、滑らかさ、暖かさには変化がなく、十分に音楽を楽しめると思います。また、海外製の5-6万円クラスのフォノイコよりは、音のきめ細やかさ、低音の量感などで上回っているように感じます。なによりもこれまでにテストしたLuxmanの上級フォノイコライザーよりも、明るく開放的なサウンドは魅力的です。これは、回路が単純になっているため、レコードの持ち味である「音の生気」がしっかり再現されているからでしょう。

今までに聞いたLuxman フォノイコライザーアンプの音質は、真空管を使うQUAD QC-24Pに比べると、色彩感が薄くいかにも「石(トランジスタ−)」という傾向です。しかし、E-250は例外的に、色彩が濃く、音楽が楽しく躍動する方向の音質に変化していました。

弱点は、低域が少し緩い(膨らむ)ことと、MCカートリッジを使ったときにゲインが低い(音が小さい)ことです。前者には対応策はないのですが、後者はアンプの音量を上げれば対応できます。しかし、同じボリュームの位置でCDの半分程度の音量しか出ないので、ゲインはもうすこし上げるか、切替が欲しいとことろです。長所は、価格が比較的安いこと、2系統の入力が装備されていることです。

この価格帯では、満足度の高い製品に仕上がっていると思います。

2016年2月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.