オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Triode トライオード Luminous ルミナス 84 真空管プリメインアンプ TRX-88S パワーアンプ 音質 比較 評価 レビュー 試聴

静電(コンデンサー)型 ヘッドホン、専用アンプ 音質比較テスト

 STAX(スタックス) SRM-T8000、SR-009

  

 AIRBOW(エアボウ) SRM-253S、PAC-253

  

2017年4月、STAX(スタックス)から、STAX社製イヤースピーカー専用ハイエンドアンプ「SRM-T8000」が発売されました。

この製品は、初段に高音質で定評の双三極管6922、出力段にはAクラス動作の半導体を採用したハイブリット構成のSTAXイヤースピーカー専用アンプです。

初段に使われる真空管には、防振ダンパーとシールドカバーを装備する独立基板が使われ、振動やノイズを徹底的に排除できるように配慮されています。また、大容量大型トロイダルトランスをはじめ、厳選した高品質パーツが細部にまで投入され、フラッグシップモデルにふさわしい豪華な内容です。

新採用された機能としては、SRM-T8000のボリュームをパスして外部機器での音量調節を可能し、SRM-T8000をパワーアンプとして使うためのEXTERNAL(BYPASS)機能の採用が上げられます。

 

 

STAX(スタックス) SRM-T8000 メーカー希望小売 595,000円(税別) (メーカーホームページ

SRM-T8000の試聴に使うのは、2014年6月に発売された、イヤースピーカーのフラッグシップモデル「SR-009」です。

この製品は、SR-007を凌駕する最高峰のイヤースピーカーとして、繊細にして重厚に、楽曲にこめられた多彩なイメージを表現するために様々な新技術が投入されています。

※下記の特徴は、STAX社ホームページを編集して転載しています。

・新固定極を採用した発音体

振動板の両側に配置される、固定電極の厚みは限りなく薄い方が空気の抵抗が減り音の透過性が向上します。反面、強度不足となり電極そのものが振動してしまい、音を濁らす要因となっていました。SR-009は、現在の技術の集大成として、熱拡散結合という技術によって、高温度・高圧力の環境で複数枚の電極を一体化することができました。これによって 強度と音(空気)の透過性を実現しました。

・DIAPHRAGM( 振動膜)を更に極薄化

SR-009には新規開発のサウンドユニットが搭載されています。発音体となるダイアフラムには従来のエンジニアリングプラスティックをさらに高性能化したスーパーエンプラという新しい高分子極薄フィルム素材を採用。特に「音質」に優れた素材をセレクト。低域から超高域まで極めて優れた周波数特性と広大なダイナミックレンジを達成しています。

・ELECTRODES( 固定電極)
ダイヤフラム全面を平面駆動するエレクトロードも新規開発した、MLER (Multi Layer ElectRodes)を採用します。エレクトロードは限りない板厚の薄さと平面性が求められますが、同時に低共振性、音波の高透過率などもクリアする必要があります。超精密フォトエッチング加工を施した金属板を熱拡散結合というハイテク技術を用いて原子レベルで一体化、全く新しいエレクトロードを完成しました。
・ENCLOSURE(筐体)
アルミニウムは極めて音の良い金属といえます。オーディオ機器にとっては好適な素材です。高音質と剛性、そして軽量化のため外観やユニットを支えるフレームなどに多用しています。SR-009ではそのほとんどを精密な削り出し加工によって製造しています。

・CABLE(ケーブル)
高密度集積回路を配線する必要から生まれた高純度銅はオーディオケーブルとしても高音質で知られています。純度99.9999%(6Nine)という高純度銅線にさらに高品位銀コートを施してイヤースピーカー駆動にもっとも適した構造で仕上げて採用しています。

 

STAX(スタックス) SR-009 メーカー希望小売 370,000円(税別)メーカーホームページ

STAX(スタックス)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

今回の試聴では、SRM-T8000と比較するため、AIRBOWから発売しているSTAXイヤースピーカー専用アンプ「SRM-253S」とその専用電源「PAC-253」を組み合わせて聞き比べました。

AIRBOW SRM-253S

SRM-253Sは、スタックス・イヤースピーカー専用高音質アンプとしてSTAX SRM-252Sをベースとして開発しました。

STAX製のアンプとしては、最も廉価なSRM-252Sをベースに選んだのは「ストック(無改造)の状態でも、上級モデルを超える音質を発揮すること」です。

それもそのはずSRM-252Sには、ハイエンドオーディオアンプにしか使われない、入力から出力まで一切のカップリングコンデンサーを使わない、純A級ディスクリート・トランジスターDC直結回路が使われ、高域の再生周波数こそ35kHzまで(ヘッドホン用アンプとしては十分以上のスペック)ですが、低域の再生限界は、SRM-T8000を上回るDC(0Hz)から可能で、その実質的なスペックはSRM-T8000をわずかに上回るほど優秀なのです。

この優れた資質を持つSRM-252Sの音質を最大限高めるため、音質に重要なパーツをほぼすべて交換しているのがRM-253Sです。すでに生産完了になった「ブラックゲート」をはじめとして、フィードバック(位相補正)に使われる極小容量のコンデンサーは、1個数千円近いマイカコンデンサーに交換するなど、その音質を高めるAIRBOWらしいこだわりに満ちたカスタマイズが実施されています。

この徹底したカスタマイズの結果、小さな外観や価格とは裏腹に、ダイナミックレンジの広さや音の細やかさはSTAX最高級ヘッドホンアンプSRM-T8000にも引けを取りません。AIRBOW製品らしく、楽器や人間の声の再現性に優れた、自然でストレスのない音は、ヘッドホンの存在を完全に消してしまいます。

SRM-T8000との最も大きな違いは、音量がそれほど大きくならないことですが、よほどのことがなければ(難聴でない限り)SRM-253Sの音量が不足することはありません。

付属するACアダプターに変えて、AIRBOWから発売している高音質電源ユニット「PAC-253」をお使いいただくと、SRM-253Sは低域の力感や中高域の密度感が大きく向上し、パワー感や躍動感がSRM-T8000に匹敵、あるいはそれを上回る程にアップグレードします。
小型で軽量なSRM-253Sは、「持ち運びのできるSTAXイヤースピーカー専用アンプ」としてもおすすめです。
SRM-253SとPAC-253の組み合わせで、是非STAXのイヤースピーカーを聞いてみて下さい。STAX製アンプでは、味わえない楽しい音質に驚かれると思います。SR-009との組み合わせは、一番のおすすめです。
※SRM-253Sは、逸品館の特注仕様でSTAXが生産しています。本体の保証期間は2年です。SRM-253Sは、STAX純正アンプと完全な互換性があります。SRM-253Sは、社外品ですがSTAX社製アンプと同様、イヤースピーカーが故障した場合もイヤースピーカーの保証をお受けいただけます(SRM-253Sが原因でイヤースピーカーが壊れることはありません)。

 

 

AIRBOW(エアボウ) SRM-253S 販売価格 48,000円(税別) (メーカーホームページ

応答性に優れたノイズの少ない特別なインバーター電源を採用したSRM-253専用強化電源ユニットがPAC-253です。非メッキ電源プラグ、AIRBOWオリジナルの導体表面を鏡面仕上げした高純度OFC導線採用極太電源ケーブルを採用しています。DC出力線も電源ケーブルと同じ高純度OFC導線を採用し、さらにテフロン絶縁体を奢ったオリジナル品を使うなど、あらゆる部分に手抜きない高音質化を行いました。付属のACアダプターと交換するとパワー感と明瞭度感を大幅に向上させられる、SRM-253から高音質を引き出すためになくてはならないパートナーです。

 

 

AIRBOW(エアボウ) PAC-253 販売価格 33,000円(税別) (メーカーホームページ

AIRBOW ヘッドホン関連製品のご購入お問い合わせは、逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴環境

 AIRBOW HD-DAC1 Special 販売価格 180,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入

音源は、AIRBOW HD-DAC1 Specialにipod TouchをUSB接続し、CDからリッピングしたWAVファイル(44.1kHz/16bit)を使いました。

試聴ソフト (CDからリッピングしたWAVファイルを使用)

dellaから発売されている、ワンポイントストレオマイク(ハウンダリーマイク)を使って録音された、せせらぎと周辺の環境音。水の音、鳥の声、立体感などをチェックします。

「弦楽セレナード」は、サイズだけが異なる弦楽器、バイオリン、チェロ、コントラバスなどを用いて演奏されています。類似楽器の音色がきちんと描き分けられるかをチェックします。

DSDダイレクトによる優れた録音のハイブリッドSACDのCD層からデーターをリッピング。ギターとボーカルの息の合った様子、雰囲気の濃さや気配の再現をチェックします。

現代的に帯域圧縮(コンプレッション)が行われた録音。狭められた帯域の中で変化する、ピアノとボーカルの再現性とコンビネーション(一体感)をチェックします。

ワンポイントマイクにより「自然な立体感」で録音されたシンフォニー。それぞれの楽器の分離感や、ホールで聞いているような広がり感が再現されるかをチェックします。

     

イントロのパープの音の繊細さと切れ味、GAGAの声にイタリアの血を引くGAGAが持つ独特な色彩感の再現性を、低音のパンチ力からエネルギー感やパンチ力の再現をチェックします。

電気的合成音と人間の声が同時に収録されるこのディスクは、驚くほど細かい音まで入っています。極小音量から大音量までリニアに再現されるかをチェックします。

     

  音質評価 SRM-T8000

水の音は柔らかく、鳥の声はくっきりしています。
音は驚くほど細かく、目を閉じるとせせらぎの中心にいるようです。
けれど、音の頂点、アタックの最先端の部分がほんの少しだけ鈍いように感じます。
もし、この部分が完全にとがって再現されれば、さらなる臨場感が伝わり、ヘッドホンの存在が完全に消えるでしょう。

バイオリン、チェロ、コントラバスのパートは、音の端っこがわずかに混濁しますが、弦楽器の数は非常に多く、情報量は圧倒的に豊富です。
従来のSR-007では、音の角がもう少しまろやかで、それがコンデンサー方式ヘッドホンの独特な持ち味だったのですが、SR-009では、それが払拭され、ダイナミック型と違和感のない音質が実現しています。
長所は、高域に不要な輪郭がつかず、音が細やかでまろやかなことでしょう。
音の広がりは、もう少しほしい気がしますが、音が圧倒的に細かいのでじっくり聞くとホールが見えてきます。

ギターの音は、とても細かく、ギタリストのつま弾く弦と爪の音と、エコー(たぶん電子的に付加されたもの)が見事にに分離します。
グレースマーヤーさんの声には艶やかで、滑らかです。
ギタリストとのコンビネーションもきちんと再現されますが、どこか少しよそよそしく、客観的なイメージで音楽が鳴っているように感じます。
絶対的には素晴らしい音なのですが、心が引きつけられるまでには至りません。

ピアノは右手と左手の音が完璧なバーンスで再現され、ペダルを踏む音もはっきりと聞こえます。
コンプレッサーで帯域が圧縮されているこの曲ですが、ほんの少しの音量の変化や、音質の変化まで如実に再現されるので、圧縮されていない曲を聴いているようなダイナミックレンジの広さが感じられます。
ただやはり心にぐっとくる部分が、若干足りないように思います。

冒頭の管楽器、打楽器の分離感 とコンビネーションは抜群です。
癖も少なく、見事な音ですが、色彩感が薄いのか?音楽が遠くで鳴っている感じに聞こえてしまいます。
聞きに行けば聞こえますが、何気なく聞いているのでは音楽が心に入りません。
良い音ですが、感情に訴えるような方向の音ではありません。

イントロのハープがかなり電子的に聞こえます。人間が弾いているのではなく、自動演奏されているように感じます。

低音の量感とパンチ力は圧倒的です。これは、従来のSTAXのどのモデルよりも優れているでしょう。
音の細やかさ、分離感、低音の量感など「音質」に関係する部分は文句のつけようがありません。

けれど「ガガ」ならではの圧倒的な原色を思わせる色鮮やかさ、始めるようなエネルギー感が伝わりません。
イタリアっぽい「ガガ」の曲が、イギリスっぽく鳴りました。

左右への音の広がりの大きさ、このソフトならではの音の細やかさの再現は見事です。
低音も遅れず、量感とパンチ力は抜群です。
音のみに注目するのであれば、これは画期的なヘッドホンシステムでしょう。
けれど、残念なことに、心にぐっときません。
感心はしますが、感動はしない。そんな雰囲気です。

試聴後感想

SR-009とSRM-T8000の組み合わせは、とてもよくできた素晴らしいヘッドホンシステムですが、波形の頂点(アタックの先端)がわずかに丸くなっている影響で、躍動感や色鮮やかさが少しオブラートにくるまれているような感じがします。
この点ではAIRBOW SRM-253/PAC-253がより鮮やかに鳴るはずです。価格はずいぶん違いますが、アンプを変えて試聴を続けます。

  音質評価 SRM-253S/PAC-253

SRM-T8000では物足りないと感じた、水の音の切れ味、鳥の声の鋭さがきちんと出ます。

音の輪郭がくっきりするので、SRM-T8000では聞き取りずらかった遠くの鳥の声がはっきりと聞こえます。透明感もより高く、T8000では聞こえなかった細部まではっきり聞こえ、音場もより大きく広がります。
ヘッドホンの存在が完全に消え、せせらぎの中心に立っているように感じます。

コントラバスのパワー感も増大し、気になっていたバイオリオンとチェロ、コントラバスの分離も向上、ステージ袖で演奏を聴いている雰囲気です。

弦楽器の切れ味(切れ込みの鮮やかさ)が向上し、音の角がきりりと立って、生の弦楽器を聞いているのとほぼ等しい感覚でこの曲を聞けます。
SR-007から比べると、SR-009は全く別物のように「音が生き生きと」鳴ります。イヤースピーカーは、SR-009でほぼ完璧に仕上がっているのに、SRM-T8000がいさいさか足を引っ張っています。

こういう、パワー感あふれる、圧倒的な表現力でSTAXのヘッドホンは鳴らして欲しいと思います。

ギターの色彩感が全く変わりました。これでこそギターの音です。
ボーカルも普段、超高級スピーカで聞いているのとほとんど同じ音になりました。
すべての音がすっと出て、あるべき変化の後に、すっと消えます。
その一連の流れに一瞬のよどみもなく、ためらいもなく、一切の引っかかりがありません。
ただただ自然で、美しい音が聞こえるだけです。

録音に癖があるこのソフトでは、そういう「うまくいっていない部分」が特定できるほど、明確な分離感と細やかさが実現します。
けれど、そういう「マイナス面」を完全に払拭できるような「熱い音」が出てくるので、そういうネガティブな問題はすぐに気にならなくなって、演奏に聴き惚れることができます。

この点に、よい音を再現する目的で作られたSRM-T8000と、良い音楽を再現する目的で作られたSRM-253S/PAC-253の違いが感じられます。

イントロの管楽器のハーモニーが圧倒的に自然です。この演奏らしい静かな感じ、厳かな感じもとてもよく伝わります。
リード楽器のリードらしい音、弦楽器の円楽器らしい音、それぞれの楽器の音の特徴がとてもよく伝わります。
SRM-T8000は「聞こえる音」、SRM-253/PAC-253は「伝わる音」です。

イントロのハープの音がT8000の電子音から、生楽器の音に変わりました。
「ガガ」の声は、こういう太さと力強さで鳴らなければなりません!
主旋律が始まって、低音が出たとき、SRM-T8000よりも1オクターブ近く低いところから低音が聞こえました。電気的なエフェクトによって、音楽表現として付け加えられた「音の歪み」も正確に再現されます。

一分ほど聞いたところで、ヘッドホンを外しました。
それ以上聞き続けると、圧倒的なGAGAの音楽に感情が翻弄され、冷静な仕事ができなくなりそうだったからです。
SRM-T8000で感じた不満、物足りない分は、完全に解消され、期待を大きく超えるダイナミックなサウンドで「テレホン」が鳴りました。

イヤホンや普通のヘッドホンでしか音楽を聞いたことがない人たちに、この音を聞かせてあげたいと思いました。

ドアが開いたときに「空気が揺れる」様子まで再現されます。逆に言うならスリラーには、それほど低い音(周波数)まで録音されているということです。

ドアが閉まる、バシッ!という音で切り替わるシーンが、驚くほど鮮やかです。
それぞれの声を聞きながら吠える、2頭のオオカミの声の表情、ベースラインの躍動感。
スピーカーで聴かなくても、この曲がこれほど大きく躍動するなんて!

その素晴らしさは絶対に聞いてみなければ、信じられないと思います。

試聴後感想

SR-009とSRM-253/PAC-253の組み合わせは最高です。

SR-009以外のイヤースピーカーでは、ダイナミック型ヘッドホンのような「力強さ」が不足して感じられる事があります。細かい音が出るのでクラシックやバラードなどのゆったりとした曲は得意ですが、パンチが必要なロックやジャズなどの激しい曲はやや苦手です。

その原因は、AIRBOWが振動板をクライオすることで、振動板の強度を高めたカスタムモデル(SC1/11/21・生産完了品)と聞き比べれば、膜の強度(張り)が不足だとわかります。材質を大きく変えずに振動板を薄くした「SR-007」も、同様に力強さ(パンチ力)が不足して感じられる事があります。

SR-009は、振動板の材質を変えた(おそらく硬くなっていると思います)ことで、他のモデルで感じられるこの問題を完全に払拭しまし、フラッグシップにふさわしい音質を実現している素晴らしい製品です。

このSR-009に匹敵する。あるいは、それを超える製品を発売するためにSR-007の振動板とケーブルをクライオ処理しましたが、SR-009には及びませんでした。この点からも、SR-009の振動板が特に優れていることがわかります。SR-009こそが、STAXのハイエンドを極めたイヤースピーカーです。

けれどSRM-T8000は、SR-009の能力を十分に発揮しているとは言いがたい仕上がりです。特に、SR-009で大きく改善された「音の芯の強さ」や「低音のパワー感」が十分に出せないのは,問題です。

今回比較に使った、AIRBOW SRM-253S/PAC-253の組み合わせ価格は、SRM-T8000の1/7以下ですが、音質は明らかにそれを上回ります。

STAXイヤースピーカーの構造変更により、クライオに耐えられなくなったためAIRBOWからイヤースピーカーは発売できなくなりましたが(2017年8月現在)STAXを鳴らすアンプはAIRBOWがベストです。

SRM-253SとPAC-253をSR-009と組み合わせれば、敵なしのヘッドホン・システムが完成します。

「価格が高い方が良い」、「新製品が良い」と思い込まずに、一度このセットを聞いてみて欲しいと思います。ヘッドホンを超え、最高級のスピーカーで音楽を聞いているのに近い音で音楽を存分に楽しめます。

2017年7月 逸品館代表 清原裕介

  

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.