オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 TAD ME1 スピーカー 音質 試聴会

  

TAD ME1-K メーカー希望小売価格 500,000円(1台・税別)

専用スタンド ST-3-K メーカー希望小売価格 160,000円(ペア・税別)

TAD スピーカー ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

2016年9月16日、TADから一番小さなスピーカー、Micro Evolution Oneが発表されました。このスピーカーは、TADがその名に恥じないクォリティーを持ちながら、エントリー価格を実現するために生み出したモデルです。

基本的なデザインは、先に発売された「CE1」を踏襲しますが、CE1には使われていなかった新たな技術が採用されています。

ME1の概要

・定位に優れ、自然な拡がりを再現する新開発9cmCSTドライバーを搭載
ME1には、TADがすべてのスピーカーに採用している「同軸2wayユニット(CSTドライバー)」の最新モデルが採用されます。こ
の新型CSTドライバーは、ME1に搭載される16cmウーファー(CE1は18cm)との最適マッチングから、9cmの口径が選択されました。トゥイーターの振動板材料には、TADが一貫して採用している軽量で剛性に優れ内部損失の大きいベリリウムを使用し、振動板形状はコンピューター解析による最適化手法により、分割振動とピストンモーションの最適バランスを導き出しています。ミッドレンジには、CE1と同じく、実用金属中、最も軽く、内部損失が大きいマグネシウムを使用することで材料固有のカラーレーションを排除し、ひずみの少ない澄み切った中音域を再生します。

CE1とME1のCSTユニットが違うのは、次の点です。

・スコーカーに使われるマグネシウムの表面に、クリアな塗膜(コーティング)が施されました。このコーティングにより振動板の不要な暴れが抑えられ、中高域がよりスムースになります。

・スコーカーの口径が14cm→9cmと小型化され「ユニット深さの増大(スコーカーのコーンがより角度の強い山型になる)」により、「同軸配置された中央ツィーターのホーン効果」が高まるため、ツィーターの周囲に配置される「マッチングホーン(ウェーブガイド)」の形状を最適化し、CE1に使われる同軸2Wayユニット(CST)と変わらない、広い指向性を実現。

 (CE1のCSTユニット)

・CE1では共通だった、ツィーターとスコーカー(ミッドレンジ)のマグネットを独立させ、磁気回路の干渉を低減し、ツィーターとスコーカーのリニアリティーをさらに向上させた。

この新開発の小型CSTドライバーは、420Hzから60kHz(CE1は、250Hzから100KHz)という広帯域にわたり位相特性・指向特性ともに優れた音響特性を持ち、安定した定位と自然な音場空間をもたらします。クロスオーバー周波数は、ミッドレンジとウーハーを420Hz、ミッドレンジとトゥイーターを2.5kHz(CE1は、250Hz、2KHz)に設定しています。

・新開発16cm口径ウーファーを採用力の最適化を図った振動板16cmウーファーを採用

ウーファーには、アラミドの織布と不織布をラミネートした振動板を新開発。振動板を忠実に駆動させるために、ボイスコイルには高強度のチタン製ボビンを採用しています。この新型ウーファーは、高い放熱特性をもち、パワーリニアリティに優れ、クリアな低音を再生し、カラーレーションのない素直な中低域の再生の実現に貢献します。

・Bi-Directional ADSポートを採用力の最適化を図った振動板16cmウーファーを採用

“CE1”のために開発した、エンクロージャーの両サイドパネルにスリット状のポートを配置し、前後へ開口部をレイアウトする「Bi-Directional ADSポート」をME1にも採用しました。この銀杏の葉を合わせたような独特なバスレフポートは、滑らかに効率よくポートから気流を排入出させることでポートノイズを低減するとともに、ウーファー再生帯域内に強く影響を及ぼす低次の内部定在波がポートから漏洩する現象を抑制します。これにより、ME1はこのクラスの常識を越える、クリアでレスポンスの良い中低音域を実現します。

また、ポートを前後・左右に対称レイアウトとしているので、エンクロージャーを振動させる力を打ち消し、豊かで、力強い低域の再生を実現するとともに、理想的な「音の広がり(左右対称の緩やかな指向性)」も実現することに成功しています。

ポートから排出される低音を前後にむらなく広げるための「プレート」部分は、CE1の5mm厚アルミから、ME1では3mm厚鋼板へと変更され、強度の低下を招くことなく本体のスリム化を実現しています。

・キャビネットの不要共振を低減するSILENTエンクロージャーを採用
ME1にはCE1で実績のある、高剛性の樺(バーチ)合板のフレームと、高内部損失のMDF材の外装パネルを組み合わせることで高い強度と低い共振を実現したSILENTエンクロージャーを採用しています。さらに、4mm厚の鋼板パネルで左右から挟むことでキャビネットの不要共振を低減しています。また、エンクロージャー内部の定在波解析を行い、最適な吸音材を選定して効果的に配置することで、音像・音場に悪い影響を及ぼす内部定在波を排除しています。

・精悍で美しい 「ピアノブラック仕上げ」

音の屈折を最低限に抑えた極小バッフルを採用するとともに、エンクロージャーにはピアノブラックの品位ある仕上げを採用。塗装の吹き付け作業、下地塗装の研磨、最終の磨き上げの工程は熟練の職人が丁寧に時間をかけ仕上げています。
サイドのBi-Directional ADSポートを構成する鋼板は砂目調塗装仕上げの新しいデザインとなっています。

・干渉を最小にするため独立してマウントされたネットワークフィルターを採用
CST用(トゥイーター/ミッドレンジ)・ウーファー用のネットワークフィルターを独立装備することによって各々の干渉を最小に抑えています。

CST用のフィルターには、厳選されたPPフィルムコンデンサ・無誘導抵抗・空芯コイルなどを使用し、16cmウーファー用には磁気特性に優れる低損失コアを用いたコイルを使用することで、直列に挿入される抵抗分を可能な限り低減するとともに、厳選された低損失電解コンデンサ・無誘導巻線抵抗・空芯コイルなどを使用しています。これらによりひずみのないクリアな音質と音場を再現しています。

各定数は、音響出力特性・エネルギー特性・インピーダンス特性等を最適化するように決定し、レスポンス・及び、位相特性を最適化するスロープ特性を実現しています。

型式 3ウェイ バスレフ ブックシェルフ型
スピーカー構成 3ウェイ方式
ウーファー 16 cmコーン型

ミッドレンジ / トゥイーター

同軸9 cmコーン型 / 2.5 cmドーム型

再生周波数帯域 36 Hz 〜 60 kHz
クロスオーバー周波数 420 Hz、2.5 kHz
出力音圧レベル 85 dB(2.83 V・1 m)
最大入力 150 W
公称インピーダンス 4 Ω
ユニット極性

低域(+)、中域(+)、高域(+)

外形寸法 (W×H×D) 251 mm × 411 mm × 402 mm
質量 20 kg
付属品 ショートケーブル x 2 、クリーニングクロス、滑り止めパッド x 4

試聴環境

今回の試聴は、3号館のデジタルコンサート(奥側の部屋)でカーペットの上に「AIRBOW WFB-4449HD」を置き、その上に「WELLFLOAT WELLDISC」を設置、ME1+専用スタンドST-3をスパイクベースを使わずに設置しました。

TAD 沼崎氏の解説と音出しには、TAD RevolutionからCDプレーヤーの「D1000 Mk2」、プリアンプの「C2000」、パワーアンプの「M2500 Mk2」を使いました、

TAD D1000 Mark2(CDプレーヤー) メーカー希望小売価格 1,600,000円(税別)

TAD C2000(プリアンプ) メーカー希望小売価格 1,900,000円(税別)

TAD M2500 Mark2(デジタル・パワーアンプ) メーカー希望小売価格 1,680,000円(税別)

TAD
1000 Mk2
TAD
C2000
TAD
M2500 Mark2
お問い合わせご注文はこちら

TAD 沼崎氏による ME1の解説と音出し
ME1の概要 新型同軸ユニット クリアな低音の秘密  ヒヤリング重視の音決め まとめ

さらにイベント後半では、代表清原がD1000Mk2と「AIRBOW PM11S3 Ultimate(トランジスタープリメインアンプ)」と「AIRBOW Stingray Ultimate(真空管プリメインアンプ)」、さらにDAC内蔵の「AIRBOW HD-AMP1 Special」を「AIRBOW MSS-i3 MsHD6.7(音楽専用PC)」と組み合わせて、ME1を様々な方向から試聴しました。

AIRBOW PM11S3 Ultimate(トランジスター・プリメインアンプ) メーカー希望小売価格 565,000円(税込み)

AIRBOW Stingray2 Ultimate(真空管・プリメインアンプ) メーカー希望小売価格 850,000円(税込み)

AIRBOW HD-AMP1 Special(USB-DAC内蔵・デジタルプリメインアンプ) メーカー希望小売価格 250,000円(税込み)

AIRBOW
MSS-i5 MsHD 6.7
AIRBOW
N05 Ultimate
AIRBOW
SA11S3 Ultimate
mss-i5フロント n05 Ultimate AIRBOW'PC/ネットワークプレーヤー'NA11S1/Ultimate
お問い合わせご注文はこちら お問い合わせご注文はこちら お問い合わせご注文はこちら
AIRBOW
PM11S3 Ultimate
AIRBOW
HD-AMP1 Special
AIRBOW
Stingray Ultimate
PM11S3/Ultimate HD-AMP1 Special
お問い合わせご注文はこちら お問い合わせご注文はこちら お問い合わせご注文はこちら

清原による音出し
PM11S3 Ultimate(トランジスター) Stingray Ultimate(真空管) HD-AMP1 Special(デジタル)

試聴会後感想

試聴会でも解説しましたが、TADは本当に「宣伝下手」なメーカーだと思います。これは、TADが「業務用機器のメーカー」だったことが、大きく影響しています。

なぜなら、日本のコンシューマ・オーディオ市場では、商品の売れ行きは「実力」ではなく「風評(評論家や、それに迎合するマニア)」の評価で決まるからです。つまり、評論家対策(評論家にお金を払い、接待してよろしくやること)と雑誌広告を盛大に行わない限り、日本のコンシューマ市場ではブランドは形成されないのです。海外から見ると、これはかなり「奇妙」なことのようですが、日本を原点とするアジアのオーディオマーケットでは当たり前に見られる現象です。たぶん、先祖や年長者に敬意を払うことを大事にするアジア人は、物事を独自に判断するよりも、資格者の意見を参考にする傾向が強いのでしょう。

それはともかく、TADはそういう「対策」をよしとしないため、メディアが大々的に(たとえばB&WやJBLや、Accuphaseなどのブランドよりも)取り上げることがなく、デザインもそれほどパッとしない(すみません、音質重視のデザイン故なのはわかっていますが・・・)ため、一般的には割と「地味な存在」と受け取られているようです。

けれど、業務市場で鍛えられ、また日本人ならではの細やかな気配りと、驚くほどのこだわりが見られるその製品の実力は非常に高く、正しく使いこなすことさえできれば、他の追従を許さない驚くべき音質を発揮するのです。

今回試聴したME1もその例に漏れることのない、高い実力を持っていました。

ME1の良さは、点音源に近い同軸2way型を採用しながら、高忠実で驚くほど指向性に優れる「CST」を搭載する効果で「理想的な立体感(音の広がり)」が実現することです。

同軸2wayユニットの決め手は「中央のツィーターから発生する高音波」を「スコーカーに干渉させない」ことにつきます。単純に中央にドーム型ツィーターを配置している「KEF」の超高域がスモーキーなのは、スコーカー(もしくはウーファー)の振動により、ツィーターの超高域が変調されるからです。指向性の鋭いホーン型ツィーターを採用する「TANNOY」のユニットはこの悪影響がありませんが、指向性が強い(スピーカーの前と横では高音の出方がかなり変わる)ため、心地よい音で聞けるエリアが狭くなっています。この問題に対し、先に書いたようにTADは、ツィーターの少し前に「マッチングホーン」と呼ぶ、超ショートなホーンを配置することで、指向性に一切の悪影響を与えることなく、ミットレンジとツィーターの干渉を解決しています。しかし、この素晴らしい技術は、あまり一般に知られていません。

次に、バスレフポートの開口部を左右の前後に配置することで、スピーカーの中心から低域を360度方向にむらなく広げられる、Bi-Directional ADSポートを発明したことです。低域がスピーカーを中心に無指向性に広がる事による音質的メリットは、計り知れません。この2点は、スピーカー設計の歴史に残しても良いほど、素晴らしい技術なのです。

もちろん、この抜本的な新技術だけではなく、驚くほど綿密かつ入念に設計と製作が行われています。ME1への、このすさまじいこだわりの実現は、世界有数の技術集団Pioneer(レーザーディスクやプラズマディスプレイ)が母体だったTADだからこそできたことです。これに近いこだわりと技術を持つメーカーは、B&Wですが、設計の巧みさと正しさでTADはB&Wをすら上回ります。

技術的な説明ばかりをしてしまいましたが、ME1はTADが標榜する「正確な音楽トランスデューサー(変換器)」として、素晴らしい仕上がりでした。時々「TADの音は冷たい、国産品だから、温かさや情に欠ける」と声が聞こえてきます。確かに、TADの製品は何かを「サービス」することはありません。だからといって、冷淡な音ではありません。

今回試聴に使ったME1は、使用時間がまだ200時間程度と「若く」、そのために中高音が硬く感じられました。そこでそれを緩和するため「真空管アンプ」を組み合わせましたが、これが見事に成功し素晴らしく透明でありながら、清潔な艶を感じさせる潤いのある音でME1が鳴りました。

また、ME1には本来組み合わせられることのない価格帯のUSB-DAC内蔵デジタルプリメインアンプ「AIRBOW HD-AMP1 Special」との組み合わせでも素晴らしい音を出し、アンプの負担をかけずにその音質を引き出せる「TAD スピーカー」ならではの良さも感じさせてくれたのです。

正しく設計されたスピーカーは、アンプに負担をかけません。

アンプを選ぶスピーカーは、設計が完全ではないのです。

ME1は価格TADとしては安く、サイズも手頃ですが、低音は相当低いところから出ます。狭い部屋に置いても、音場は大きく広がります。独特な音色を奏でる、海外製品(フランコセブリン)のような魅力は持ち合わせていませんが、あらゆる音楽を素直に再現するその個性は、また世界で唯一のものなのです。

2016年10月 逸品館代表 清原裕介

   

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.