オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Luxman L509X Thorens(トレーンス) フォノイコライザーアンプ CD レコード デジタル アナログ 音質 比較 評価 レビュー 試聴

デジタル VS アナログ フォノイコライザー Thorens MM-FLEX 音質比較テスト

 THORENS MM-FLEX(フォノイコライザーアンプ)

  

Thorens MM-FLEX メーカー希望小売 39,000円(1台・税別) (メーカーホームページ

Thorens(トーレンス)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

 Luxman(ラックスマン) L509X (L-505uX2の試聴テストはこちら

  

Luxman L509X メーカー希望小売 780,000円(1台・税別) (メーカーホームページ

Luxman(ラックスマン)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

比較試聴の概要

Luxmanか試聴機として届けられていた、L-509XにThorens(トーレンス)のレコードプレーヤー、TD-190-2を組み合わせ、L-509X内蔵フォノイコライザーアンプ(Phono入力)とThorensから発売された、小型フォノイコライザーアンプ、「MM-FLEX」の音質を比較しました。

また、「デジタル」と「アナログ」も兼ねて、L-509Xを使って「デジタル(AIRBOW MNP-i5 Roon + HD-DAC1 Special)」、「内蔵フォノイコライザーアンプ(Phono入力 + Thorens TD-190/2)」、「Thorens MM-FLEX(L-509Xライン入力 + MM-FLEX + TD-190/2)」の3通りの音質を比較しました。

試聴環境

 AIRBOW MNP-i5 Roon 販売価格 480,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入

 AIRBOW HD-DAC1 Special 販売価格 180,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入

 Thorens TD-190-2 メーカー希望小売価格 125,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

今回の比較試聴は、YouTube 逸品館チャンネルで、ご覧いただけます。

試聴CDソフトとレコード (デジタルの再生には、CDからリッピングしたWAVファイルを使用)

シンセサイザーも伴奏に使われるPOPS系のソフト。アマンダさんの独特な声の太さや甘さ、シンセサイザーの音がどのように再現されるかがポイント。

鋭いパイプオルガンと金管楽器の音、柔らかい人間の声、男女混声コーラスの複雑な響き。
それぞれの音の分離と広がりをチェックします。SACDハイブリッドソフトのCD層の音声をリッピングして使いました。

アナログレコード後期の優秀録音盤がCD化されて発売されたディスク。美しい峰純子さんの歌声とジャズトリオの伴奏のマッチングが聞き所。

音質評価

 +  + 

上野組み合わせで聞く「デジタルの音」を基準として、内蔵フォノイコライザーアンプ(L-509X Phono入力)とThorens MM-FLEXを使ったとき(L-509X RCA入力 + Thorens MM-FLEX)を聞き比べた感想を書いています。

 + 

デジタルに比べると低音が少し緩くなりますが、ボーカルは滑らかで甘くなります。

パーカッションの「木質的」な質感、伴奏とボーカルの分離感やハーモニーの透明感も向上しています。

デジタルで感じでいた「生音との違和感」がほぼ完全に消えて、より肌に馴染む感覚です。

きめ細やかさも向上し、綿シャツが上質なシルクのシャツに替わったような変化を音に感じます。
 +  + 

内蔵フォノイコライザーアンプ(Phono入力)に比べ、低音がしっかりしてきました。

ボーカルは声の太さ、表現の深さが向上しています。ゆったりと。「渋く」鳴ります。
実際にスピーカーで聞き比べたときは、MM-FLEXの方がゆとりと深みがあって、より良く聞こえたのですが、YouTubeにアップロードする動画で聞き比べると、L-509X内蔵フォノイコライザーの方が、音がクッキリして良い音に聞こえました。

 + 

低音の量がデジタルよりも多く、パイプオルガンの音が太くなります。パイプオルガンの低音と高音のパイプの音の違いも聞き分けられるようになりました。

低音に世取りが出たので、ホール(教会)を満たす響きがリッチになって、まったく違う演奏を聞いているように音が大きく広がります・

金管楽器も生々しく、コーラスのパートでは「静寂感」がうまく醸し出されます。男女の声の違い、パートの違いもハッキリと聞き取れます。

デジタルでは不足していた、教会のライブらしい、静かで厳かな感じが上手く醸し出されました。
 +  + 

MM-FLEXを使うと低音の量感がぐっと増えましたが、高音の切れ味は内蔵フォノイコの方が良かった気がします。
デジタルからレコードに変えたとき、内蔵フォノイコだと「違う!」という感じがあったのですが、MM-FLEXだと、デジタルと音調がさほど変わりません。それは、AIRBOWのデジタルサウンドとThorensのアナログサウンドの「チューニング(音決め)」がピタリと一致しているからでしょう。

MM-FLEXは、じっくりと何度も聞き比べると、より深みのある音に聞こえるようになります。
派手さはありませんが、実直で深みのある音です。シンセサイザーは密度感が高く重厚で、いかにも高級アンプで聴いているという満足感のある音で鳴りました。

 + 

レコードだと、ピアノの音の輝きが増します。ボーカルに寄り添うように弾いている、ピアニストの絶妙なタッチも上手く醸し出されます。

レコードのパチパチというノイズも、雰囲気を深めるのにひと味かっているのでしょうか、訴えるように歌う、峰純子さんの味わいの深さが、実に上手く再現されました。

 +  + 

ピアノの音が実に自然です。内蔵フォノイコでは、やや「カジュアル」に聞こえたこの曲が、より深い大人のジャズとして聞こえるようになります。

峰純子さんの英語の発音も正しくなります。
内蔵フォノイコよりも、音が少し柔らかく、抑えめになる感じがしますが、深みのある自然な音です。

試聴後感想

試聴機返却期日が迫っていたため、今回の音質レポートは「収録時に聞いた音」を思い出しながら、YouTubeのために編集した動画で音を確認しながら書きました。

動画で比べると内蔵フォノイコライザーの方が、MM-FLEXよりも音に艶があり透明感も高く、音が良いと思いました。けれど、録音中に聞いていた印象では、MM-FLEXの方が自然で音が深く、内蔵フォノイコライザーよりも音が良いと感じられました。

結論として言えるのは、L-509Xはレコードを聞く方が、ライン入力よりも音のバランスが向上すること。そしてMM-FLEXは、見かけよりもずっと音が良く、数十万円クラスのプリメインアンプが内蔵するフォノイコライザーアンプと比較できるだけの性能は持っていることでしょう。
フォノイコライザー・アンプを搭載しないアンプをお使いで、レコードを聞きたいとお考えなら、MM-FLEXは自信を持っておすすめできる製品です。

蛇足ですが、もしレコードを聞くために「レコードプレーヤーとフォノイコライザー・アンプの両方が必要」ならば、TD-190/2とMM-FLEXを買うよりも、フォノイコライザー・アンプを内蔵する「Thorens TD-170EV」をおすすめします。TD190/2よりも安く、同じくらい良い音でレコードを聞けるようになるからです。

2017年10月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.