オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Phasemation フェーズメースション 真空管プリアンプ CA1000 音質 比較 評価 レビュー 試聴

真空管アンプ 音質比較テスト

 Phasemation(フェーズメースション) CA1000、MA1000、MA2000

(Phasemation CA1000の音質テストを見る

(Phasemation CA1000と一緒に行った、Twenty26の音質テストを動画で見る

  

 AIRBOW(エアボウ) Stingray Ultimate

  

Phasemationから発売された、真空管セパレートアンプ「CA1000」、「MA1000」、「MA2000」をAIRBOWの真空管プリメインアンプ「Stingray Ultimate」を交えて聞き比べてみました。

試聴環境

 AIRBOW MNP-i5 Roon 販売価格 480,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入

 AIRBOW HD-DAC1 Special 販売価格 180,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

ソース(音源)には、AIRBOWネットワークプレーヤー「MNP-i5 Roon」をチョイス、搭載する「roon」と「HQ Player」の連動でCDから取り込んだWAVファイルを「88.2KHz/24bit」にアップサンプリングして、AIRBOW HD-DAC1 SpecialにUSB入力して出力したものを使っています。

スピーカーは、聞き慣れている「Beethoven Concert Grand(T3G)」を使いました。

今回の比較試聴は、YouTube 逸品館チャンネルでもご覧いただけます。

※YouTubeにアップロードしている「音」は、それぞれのアンプの出力にBeethoven Concert Grand(T3G)を接続し、Beethoven Concert Grand(T3G)で音を聞きながら、マイクを使わずスピーカー出力信号をサンプリング(DA変換)したものです。スピーカーを接続することで、アンプはインピーダンス変動や逆起電力など影響を受けます。ダミーロドではなく実際にスピーカーを繋ぐことで、より「実際に近い音質」が収録できます。

テスト概要のご説明動画

比較試聴した製品

Phasemation CA1000  メーカー希望小売 2,500,000円(税別)(詳細はこちら

Phasemation MA1000  メーカー希望小売 600,000円(1台・税別) (メーカーホームページ

直熱三極管「2A3-40」のシングル動作で10Wの出力を発揮する、モノラル真空管パワーアンプです。

Phasemation MA2000  メーカー希望小売 1,250,000円(1台・税別) (メーカーホームページ

直熱三極管「300B」のパラレル・シングル動作で25Wの出力を発揮する、モノラル真空管パワーアンプです。

Phasemation(フェーズメーション)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

AIRBOW Stingray Ultimate  メーカー希望小売 830,000円(税別) (メーカーホームページ

業務用真空管コンソールで世界的に有名な「MANLEY社の真空管プリメインアンプ Stingray」を許可を得てカップリングコンデンサーをVintage品オイルコンデンサーに変更する、超高級マイカコンデンサーを使うなどの手法で音質を大きく向上させています。

EL84(6BQ5)のパラレルプッシュ動作で、3曲管接続時18W、UL接続時36Wの出力を発揮します。今回の試聴では、3曲管接続を使いました。

AIRBOW アンプ ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴ソフト (CDからリッピングしたWAVファイルを使用)

リザ・フェルシュトマン演奏のバッハ・無伴奏バイオリンソナタ。SACDハイブリッドソフトのCD層の音声をリッピングして使いました。

録音に優れるXRCDで「ボーカルソフト」を集めたベスト盤。Vol3.から、セーラKが弾き語りで歌う「ビンセント」を聞きました。

シンセサイザーも伴奏に使われるPOPS系のソフト。アマンダさんの独特な声の太さや甘さ、シンセサイザーの音がどのように再現されるかがポイント。

アナログレコード後期の優秀録音盤がCD化されて発売されたディスク。美しい峰純子さんの歌声とジャズトリオの伴奏のマッチングが聞き所。

オーディオマニアなら誰もが知る「ノイマン+チェコフィル」の「新世界より」から、第2楽章を聞きました。

音質評価

  Phasemation CA1000/MA1000

濁りがなくすっきりとした音ですが、驚くほどきめが細やかで滑らかです。
奥行き方向への広がりも見事で、ホールの広さと響きの良さがきちっと伝わってきます。
バイオリンの音には情緒があり、深く心に染みこんできます。
弦の柔らかさ、響きの豊かさ、良い楽器を名手が奏でている、厳かで静かな雰囲気が醸し出されます。
弓と弦がすれるかすかな音までききとれます。けれどこれほど細かい音が聞き取れるところまで近寄って、生で聞くバイオリンを聞くとその音はもっと刺激的ですが、CA1000/MA1000が聞かせてくれるのは、不純物だけが取り除かれた最高の吟醸酒のような音で、生演奏よりも深く、浸透力のあります。バイオリンの甘美な響き豊かにバッハが鳴りました。

  Phasemation CA1000/MA2000

音の立ち上がり(アタック)の早さは、MA2000がMA1000を上回ります。MA2000は、MA1000に比べて、音がすっと立ち上がり、すっと消える感じです。音の細やかさは、ほぼ同等かMA2000が細かい感じ、低音の量感はMA2000の方が良く、また低音もきちんと引き締まっています。

演奏を味わう上で大きく違うと感じるのは、アンプをMA1000からMA2000に変えると音が止まりきらず響いていたのが、余計な響きがなく止まるようになることです。MA1000の「真空管らしい響き」は、良い意味で「音楽をより芳醇」にしてくれました。それのないMA2000は、MA1000に比べて演奏が少し辛口になります。MA1000はキュートな真空管らしい音でしたが、MA2000はストレートなサウンドです。いかにも真空管らしいMA1000に比べて、MA2000はトランジスターアンプに近い音です。
この曲では、MA1000の雰囲気の濃さがより魅力的に感じられました。

 AIRBOW Stingray Ultimate

Stingray Ultimateの音もとてもきめ細やかで、演奏されるホールの響きまで聞き取れます。Stingray Ultimateが聞かせるバイオリンの音がとてもみずみずしく美しいのは、Phasemationと同じ真空管アンプならではの長所です。

トランジスターアンプと真空管の音が違って感じられるのは、真空管アンプで聞くと演奏の抑揚の大きさと時間の流れ方がゆったりとオーガニックに感じられるところです。

豊かな味わいを持つ、暖かい生命感あふれる音でバッハが悠々と鳴りました。

音質評価

  Phasemation CA1000/MA1000

ギターの木質的な響きの柔らかさと、ゲージの金属的な鋭さの対比が見事です。
ボーカルとギターの分離も素晴らしく、濁りが一切感じられません。弦をつま弾く指の動きが見え、ボーカリストの唇の動きや、呼吸する胸の動きまで感じ取れるほど尋常じゃないほどの細やかさと、質の高さを実現しながら、それを不自然に感じさせません。

生演奏では、これほどクリアに音が聞こえませんし、またこれほど細かい音も聞こえません。それほどまでに質の高い音を聞かせながら、実に自然な音です。

鋭すぎず、柔らかすぎず、細かいけれどそれがいやらしくならずにデリケートな部分まで聞き取れる良さとなる、このなんとも言えない「ほどよい感覚」は、オーディオでしか味わえない種類のものです。音楽を家庭で聞くために完成された音。このシステムの完成度は非常に高いと感じました。

  Phasemation CA1000/MA2000

ギターの弦の音が太く、その音がやや男性的なイメージに変化します。余韻は、やはりMA1000よりも早く止まります。ボーカルも少し乾いて感じられます。
楽音にわずかな余韻がつき、それが演奏をより情緒的で深く聞かせてくれたMA1000に比べると、MA2000の音はスケール感が出ますが、雰囲気はMA1000よりも「さらり」としています。
私は、この曲でもMA1000のしっとりした音が好みです。

 AIRBOW Stingray Ultimate

Phasemationと同じソースを聞いているとは思えないほどにStingray Ultimateの「奏でる」ギターの音は美しく、セーラKさんの声も一段と艶やかに感じられます。セーラKさんがこの曲を愛でながら、しっとりと歌っている様子がとても良く伝わってきました。
ギターとボーカルという「音源の数」が少ないこの楽曲では、アンプの物理的な能力の違いが反映されにくいのでしょう。価格差やセパレートアンプとプリメインアンプという違いを超えて、AIRBOW Stingray Ultimateの検討が際立ったように思います。

音質評価

  Phasemation CA1000/MA1000

この曲はカートリッジやレコードプレーヤーのテストでレコードをなんとも聞いています。「アナログ」と比べて、スクラッチノイズがないことで、今聞いている音が「デジタル」だとわかりますが、もし軽くノイズをかぶせたら、アナログとデジタルの区別は付かなくなる。それほど滑らかで、響きが豊かです。
アマンダさんの声は深く、透明でしっとりとした理想的な女性ボーカルの味わい。シンセサイザーが奏でる低音は深く、その響きや長さ、量感の豊かさも実にこの曲にピタリとはまります。最高のエフェクターを使って、ソースをリマスタリングしたように、純粋にに美しい音だけが取り出されています。生演奏を聞いたら、これほど良い音ではないと確信するほど完璧なサウンドです。
「至福のサウンド」とでも表現すれば良いのでしょうか?とても心地よい音です。

  Phasemation CA1000/MA2000

この曲ではMA2000の印象が良い方向に変わります。MA1000に比べてシンセサイザーのが太くなり、密度も大きく向上しています。ボーカルも引き締まり、やはり密度が上がって感じられます。
MA2000はMA1000に比べて高い質感で鳴りますが、音がやや重く、暗いイメージがあります。

欲を言えば、もう少し、明るく、キラキラと鳴って欲しいと思いました。

 AIRBOW Stingray Ultimate

イントロのシンセサイザーの抑揚と響きの美しさ、アマンダさんの声の質感は、真空管アンプならではの素晴らしさです。高域はすっきりと伸びますが、トランジスターアンプで気になりがちな高域の「荒れ」は一切感じられません。

響きは鮮やかで透明。独特な透明感と美しい響きに体が包まれて、このまま眠ってしまいそうになるような音でDreamingが官能的に鳴りました。

音質評価

  Phasemation CA1000/MA1000

CA1000/MA1000の優れているのは、「音の隅々まで完全に分離している」、「空間に一切濁りがない」ことですが、それでいて音がバラバラになってしまうのではなく、すべての音が有機的に絡み合って、豊かで暖かい時間の流れを生み出すところがさらに素晴らしいと思います。
音が良いオーディオで音楽を聴くと生演奏よりも深く、静かで、ゆったりと豪華に時が流れます。
CA1000/MA1000は、元々のソースの素晴らしいところだけを引き出す力を持っています。
聞こえてくる音は、私が「HD-DAC1 Special」に求めたものと完全に同一ですが、求めてはいなかったほどより良い音が出ています。

  Phasemation CA1000/MA2000

気のせいかMA2000の音は、MA1000よりも少し濁っているように聞こえることがあります。ピアノの余韻が消えるのは、MA1000よりも早くまたそれが、静寂の中に音が消えていくようなイメージではなく、何かのノイズに音がかき消されてしまっているように聞こえるからです。
プレーヤー(音源)との相性もあると思いますが、MA2000は音が消えるのが早すぎる感じで余韻が足りず、それが演奏を少しドライに感じさせているようです。
MA1000で豊かだと感じられた艶や情緒深さが、MA2000では残念ながら少し薄くなってしまいました。

 AIRBOW Stingray Ultimate

時にドキッとさせられるほど、美しく鳴り響くピアノの音と、呼吸を忘れて聞き入りそうになるほど艶やかなボーカル。
全てを忘れさせて、ゆっくりと豊かに流れる時。命のないデーターに魂が吹き込まれる。
真空管が持っている「艶やかさ」「暖かさ」、「オーガニックなイメージ」それが見事にマッチしてアナログ盤を聴くよりも良いと感じるほどの素晴らしい音質で「この曲」が鳴りました。

音質評価

  Phasemation CA1000/MA1000

生演奏では、他の観衆のざわめきなど「ノイズ」が気になることがあります。また、私は自分の感覚で音楽に「浸りたい」ので、
「みんなが同じ感動を強要させられるようにも感じられるライブの雰囲気」があまり得意ではありません。
だから、オーディオで音楽を聞く方が好きです。

そういう私のわがままなリクエストに、CA1000/MA1000は見事に答えてくれます。生演奏よりも質が高く、細やかでいながら、
あたかも生演奏を聞いているような雰囲気の濃い音。
ホール最上級の席で「コンサートを独り占め」して演奏を聞いている雰囲気の心の底から満足できる音で「新世界より」が鳴りました。

  Phasemation CA1000/MA2000

この曲でもMA2000よりMA1000の方が、S/N感に優れ、音に浸透力があったように思います。
全体の構成力の確かさ、骨格のがっしりした感じ、個々の音の密度感質感はMA1000よりも優れているのですが、色彩の鮮やかさや、エコーの長さ、余韻の美しさはMA1000がMA2000を上回っていたように思います。
MA2000が優れているのは、低音の量感と引き締まり感。楽器の音のしっかりとした密度の高さですが、今回のシステムではそれよりもMA1000の官能的な感じが、より上手くマッチしていたようです。

 AIRBOW Stingray Ultimate

トランジスターアンプと真空管アンプの違い。それは音の滑らかさと、楽器の響きの美しさ。そして、命が通っているという確かな実感。目を閉じれば、自分自身がコンサート会場の一番良い席に陣取って音楽を独り占めしているような雰囲気を醸し出すこと。

CA1000/MA1000の音も素晴らしいと思いましたが、Stingray Ultimateも決してそれに負けはしません。
Stingray Ultimateは、「新世界より」をとても情緒豊かに意味深く、鳴らしてくれるのです。

総合評価

  Phasemation CA1000/MA1000

CA1000/MA1000は、真空管の良さを上手く生かし、ソースにより美しい響きと、体が包み込まれる用な音の広がりを与えてくれます。モノクロの映像が、フルカラーになったようにすら感じるほどの、素晴らしい表現力を持っていますが、それは原音を超える「原音プラスアルファ」の音です。

けれど音楽に豊かさと暖かさを与えてくれるCA1000/MA1000ですが、ゆったりとした響きがすべての音につきまとうので、それが「不愉快」と感じられたら、このアンプを好きになれないかもしれません。
嫌な部分をすべて消し去って、音楽の美しさ、感動の大きさをより深く醸し出す。
私はこういう音を目指しているし、聞こえてくるこの音は大好きです。

  Phasemation CA1000/MA2000

特性を重視するか、官能性を重視するか。あるいは、システムとのマッチングに依存するのか。今回の条件では、MA2000はMA1000よりもトランジスターアンプの音に近く、周波数レンジの広さや、密度感(音の緻密さ)では勝るのですが、MA1000に比べると真空管の味わいがやや薄くなっているように感じられました。

少なくとも価格が2倍だから「あらゆる部分でMA2000がMA1000よりも良くなっている」とは思えなかったので、念のためMA2000の試聴後、パワーアンプだけをMA1000に繋ぎ直して聞いてみましたが、やはり印象は変わりませんでした。

 AIRBOW Stingray Ultimate

AIRBOW Stingray Ultimateは、「音ではなく音楽を聞かせてくれる」というのが、すべての楽曲を聞いて共通するイメージです。

もちろん、セパレートアンプと比べても音質は十分細かく、響きの美しさや分離感、広がり感も同等以上良かったと思うのですが、そういう「音質的」な部分よりも、「表現力」の豊かさにより強く惹かれました。

CA1000/MA1000にも感銘を受けましたが、Stingray Ultimateはそれよりもずっと安い価格で、それにかなり近い雰囲気を醸し出せたと思います。出力は、Triode接続で18Wですが、かなりの大音量を出すことができます。ご家庭では十分な音量が出せるでしょう。

真空管という素子を懐疑的に感じられる方がいらっしゃるかも知れません。けれどギターアンプやエフェクターには、今も好んで真空管が使われています。それは、やはりトランジスターアンプでは出せない音、出てこない表現が真空管アンプだと実現するからでしょう。このプリメインアンプは、AIRBOWの最高傑作の一つだと感じています。

2017年6月 逸品館代表 清原裕介

   

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.