オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 

  Phasemation (フェイズメイション) EA500 音質 試聴 レビュー

その他の音質テストはこちら


Phasemationからモノラル(2筐体)のフォノイコライザーアンプ「EA500」が発売されました。EA500は、セパレート型フォノアンプ(2筐体)で、回路はオールディスクリート全段対称無帰還回路 が採用されています。MCカートリッジには、新規設計のMCステップアップトランスで対応します。価格は、55万円(ペア、税別)と昨今のオーディオ高騰相場の中では、比較的良心的な価格設定に思います。

メーカー希望小売価格 \550,000(税別) (Phasemation製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

オーディオ製品のうたい文句は、「回路」、「パーツ」、「新技術」がほとんどです。けれど、それに科学的な意味がないことは、オーディオマニアのみなさまならすでにご承知だと思います。けれど「何が優位なのか」をカタログに書こうとすると、言葉で正確に表せない「音質」は定量的に表現出来ず、うたい文句にならないため、定量的な表現が可能な上記の言葉しか使えなくなります。これは不幸な現実です。 ただし、EA500が日本製品らしく、きちんと作られていることはPhasemationの製品紹介からしっかり伝わりました。始めにPhasemationのホームページから、この「EA500」の紹介文を抜き出し、そこに少し私なりの解説を加えたいと思います。ただし、この解説(考え方)には諸説ありますので、お考えと異なる場合には読み飛ばしてください。

T.L/R 独立完全モノブロック2筐体構成の強靭なシャーシ構造

12mm 厚アルミ削り出しフロントパネル、2mm 厚の銅メッキ鋼鈑シャーシベース、2mm 厚アルミカバーで構成された強靭な筐体構造を採用し、剛性の確保と磁気歪の低減を実現しています。 さらに左右分割されたイコライザー部と電源に支えられたその再生音は圧倒的な臨場感、見通しの良いステージ再現、高分解能、高S/N で音楽を楽しむことが出来ます。
※一本の溝、一本の針で2つの信号(左右の信号)を取り出す、LPレコードでは「左右の信号」がどうしても混ざります。そのため2筐体(筐体モノラル化)による、左右の分離向上(チャンネルセパレーションの改善)にあまり重要な意味はなさそうですが、それは違います。筐体を分けることで左右回路の干渉が低減され(電源の独立かは音質改善に大きな効果を発揮する)、空間の濁りの減少(透明感の向上)や低音の力感や躍動感の改善が実現するはずです。つまりアンプをセパレートにした場合と同じような音質改善が得られるでしょう。

U.オールディスクリート部品による新規設計

V-I/I-V 変換型全段対称無帰還増幅回路 現代のアンプの主流を占めている負帰還アンプは半導体/真空管共に入力信号と出力信号を常に比較し、この差(補正信号)を入力信号として増幅する為ローコストで高精度の増幅が可能です。 しかし入力信号と出力信号の間には原理的に解消できない時間遅れがあり、これがTIM歪等を発生し負帰還アンプが音質的に満足できない大きな原因の一つになっています。 フェーズメーションでは半導体/真空管共にすべてのアンプを無帰還アンプで構成しております。無帰還アンプでは負帰還アンプのような補正動作は有りませんので、構成する部品、回路に高い精度/技術を要求されます。 その結果、音源(レコード)の情報を余すことなく100%再生する事が出来、音質面では音楽の躍動感、ダイナミクス、陰影等の表現に優れ音楽性のある再生が可能になりました。 本機では厳選されたディスクリート素子を新規設計のV-I/I-V 変換型全段対称無帰還アンプで一度入力された信号を電流に変換しイコライザー処理をして電圧に戻し、たき掛けのBufferで出力しております。

※オーディオ回路の世界では、「帰還(ネガティブフィードバック)」は音質を損ねる悪者として登場し、帰還を使わない「無帰還回路」が音質的に優位とされます。けれど、経験的には絶対的に無帰還回路が有利だとは感じません。AIRBOWのチューニング(音を整えて行けば)では、パーツの適正化(パーツの交換で音を整える)で帰還/無帰還の差はほとんど感じられなくなります。 ただし、Phasemationの主張通り、歪みの少ない無帰還回路を作るには、高度な設計能力とパーツ選定が要求されます。

V.豊富な入力切替機能を搭載

1. 入力端子にMC1、MC2、MM の3系統を装備、MC1、MC2 にはRCA 端子に加えXLR コネクタによるバランス入力端子も装備しました。 2. MC 入力に対しては今回新規設計したMC バランス伝送対応特殊分割巻線構造の昇圧トランスを内蔵しMC バランス伝送対応しました。

※ディスクリート無帰還回路で低歪みのフォノイコライザーアンプを設計・製作する能力を持つPhasemationなら「MC昇圧トランス」を使うことなく、低歪みのトランジスター式MC入力を設計できたはずです。けれどあえて「昇圧トランス」を使っているのは、それがより「音が良い」との判断ではないでしょうか。
MCカートリッジとトランジスター式フォノイコライザーを組み合わせた場合、音が細かい反面、聴感上「力感」が弱くなることあると感じています。これは、増幅素子として真空管より遙かに感度が高いトランジスターでも、MCカートリッジの微弱電圧をそのままの電圧で増幅するのが厳しいからでしょう。これは、ハイパワーアンプのボリュームをほとんど絞りきって音を出しているような感覚です。しかし、昇圧トランスを使えば、MCカートリッジの出力電圧をMMカートリッジと同じ電圧に引き上げられるので、この問題が解決します。またトランスには、ある種のオーバーシュート効果があり、入力された信号にトランスの持つ響きが加わることで、聴感上の「力感」が高まることもあると感じます。Phasemationは昇圧トランスを単体で製品化しています。彼らが搭載するMC昇圧トランスなら、良い音がすると思います。

W.充実した機能

1. CR2 段の無帰還形Low Cut Filter を搭載。反りのあるレコード盤を音質劣化なく再生し、かつスピーカー(ウーファー)の揺れを防止します。 2. 3 種類の再生カーブ切替SW を搭載。イコライザー特性は従来のSTEREO 用RIAA 特性に加え、モノラル専用の特性としてMono1(DECCAレーベル等で使用)、Mono2(コロンビアレーベル等で使用)を装備しました。これによりDECCA レーベルもコロンビアレーベルもより高忠実度再生が可能となります。

※有効な機能です。

X.高音質部品の採用

1:フォノアンプの音質の影響度の高いRIAA素子には、定格容量にゆとりを持たせた1%グレードの金属皮膜抵抗と誘電体にシルバードマイカー板を用いたマイカーコンデンサー等の定評のある高音質部品を使用しています。

※かなり高価な部品です。

2:信号系にはエルナー社のシルミック音質対応電解コンデンサーや1%グレードの金属皮膜抵抗を使用しています。 
※高級オーディオ機器に広く用いられている、一般的なオーディオ用パーツです。

2. 電源回路には スイッチングノイズが少なく、高音質で定評のあるローム社製SiCダイオードを採用。 

※ダイオードは整流時、交流がゼロポイントを通過し切り替わるときにスイッチングノイズを発生します。ファーストリカバリ、ショットキーと呼ばれるダイオードは、通常のダイオードに比べローノイズです。また、電圧の立ち上がりも速く、高音質だとされています。

2:整流コンデンサーにはニチコン社製の低抵抗電極箔を使用した金メッキ端子の最高級オーディオグレードの大容量電解コンデンサーを採用。またデカップリングコンデンサーはエルナー社のセラファインを採用。
※高級オーディオ機器に広く用いられている、一般的なオーディオ用パーツです。

3:低雑音ツェナーダイオードを使用し、帰還回路を排除したシャントレギュレータの採用と相まって高速で極めてローノイズの電源回路を構成。 ※定電圧電源には、3端子レギュレーターと呼ばれるICを使う場合と、定電圧ダイオード(ツェナーダイオード)とトランジスターを組み合わせて使う場合があります。EA500は後者を使います。

4:電源トランスはRコアを用いた低リケージフラックスのトランスを「+」電源と「−」電源に各々専用に使用し、各々ブリッジ整流する事によりグランドの共通インピーダンスによる悪影響を排除。

※高音質なオーディ用電源トランスで有名なのは「トロイダルトランス」ですが、Rコアトランスはそれに近いものです。

オーディオ製品のうたい文句は、「回路」、「パーツ」、「新技術」がほとんどです。けれど、それに科学的な意味がないことは、オーディオマニアのみなさまならすでにご承知だと思います。けれど「何が優位なのか」をカタログに書こうとすると、言葉で正確に表せない「音質」は定量的に表現出来ず、うたい文句にならないため、定量的な表現が可能な上記の言葉しか使えなくなります。これは不幸な現実です。 ただし、EA500が日本製品らしく、きちんと作られていることはPhasemationの製品紹介からしっかり伝わりました。

試聴環境

スピーカーには、Vienna Acoustics 「Beethoven Concert Grand(T3G)」、アンプにはAIRBOW PM11S3 Ultimateを組み合わせました。ほんの少し前に同じシステムでLuxmanの新型フォノイコライザーアンプ「E-250」と、愛用の真空管フォノイコライザーアンプQUAD QC-24Pを聞いたばかりなので、クリアな比較が出来そうです。

 Vieena Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (この製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 AIRBOW PM11S3 Ultimate (この製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 Phasemation P-3 生産完了モデル (Phasemation製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 Nottingham Interspace HD 生産完了モデル (Nottingham製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

試聴ソフト 

 

試聴したレコードは2枚です。「The LA4:Pavane Pourune Infante Defunte(亡き王女のためのパバーヌ)」。このレコードはダイレクトカッティングで非常に音が良く、演奏も抜群の1枚です。もう1枚は、「Clair Marlo:Let It Go」。このレコードは、高音質なソフトのみを作り続けてきた「Sheffield Lab」レーベルから発売される「2トラックダイレクト録音盤」です。

メーカー希望小売価格 \550,000(税別) (Phasemationレコード製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 

The LA4

E-250/QC24Pと比べ、明らかに音が細かく、各楽音の分離にも優れています。低音もしっかり引き締まっています。

今までいろんなフォノイコライザーで「P-3」を聞いてきましたが、カートリッジのP-3(生産終了モデル)とEA500はさすがに「純正」の組み合わせらしく、しっくりした納得の音を出します。

筐体を2つに分けた効果でEA500の音の純度は非常に高く、かなり高価なデジタル機器(50-100万クラス)と比べても、遜色は感じないでしょう。デジタル機器よりも優れているのは、「音色(色彩感)」の再現です。このレコードのイントロ部分には「ウインドベル」が使われていますが、この金属的な音色にアナログらしい色彩感が感じられます。ギターも「ゲージの音色(弦の音色)」が聞き分けられるほど、精緻な色彩感で鳴ります。こういう「音の精度」の高さには、55万円という高価な価格を超えるクォリティーが存分に感じとれます。楽器そのものの音の質感はとても高く、生楽器に近いイメージです。また、色彩感や奏者のタッチもきっちりと、そしてデリケートな部分までしっかり伝わります。

他方、音質が整いすぎているためか、演奏の熱気や雰囲気はそれよりも薄く、音楽をやや理が勝つイメージで聞いている感もあります。またアナログの音は「適度な混ざり具合」がデジタルよりも魅力だと感じる私の好みで言うなら、音がもうすこし混ざっていて欲しい(もうすこし濁りがあってもよい)。そういう感じがしましたが、55万円の価格を納得させられる音質でLA4が鳴りました。

Let It Go

EA500の1/4の価格しかしないLuxman E-250と音質を直接比較するのは、お門違いも甚だしいのですが、やはり音の細やかさはまったく次元が違います。また、E-250ではぼやけていた音の輪郭も明確で、低音も引き締まっています。けれど、E-250が醸し出したアナログならでは女性ボーカル艶やかさ、滑らかさはEA500のほうが若干薄い感じがします。音は美しく、音場には濁りがなく透明感が高いのですが、音の明るさ、響きは若干少なめに感じます。

針圧が高すぎるとそういう傾向になりやすいので、針圧を1.7-2.0グラムの範囲で変えてみました。2.0グラムでは、音がしっかり出ますが響きが少なくなります。1.7グラムでは、音の輪郭がやや甘くなりますが、温色が少し明るくなります。結局その中間の1.85グラム近辺のバランスが好みでした。

普段使っているQUAD QC24PとP-3の組み合わせは、これほど針圧に過敏ではありません。けれどEA500は、「それよりも音が格段に良い」ので、針圧の違いまで明確に出すのでしょう。LA4の丁度良いは、2.0グラムでした。もしかすると、レコードによって針圧を変えなければならないかも知れません。このシビアさが、EA500の性質を表しています。ストライクゾーンは狭いですが、そこに入るととても良い音が聞けます。

もともとこのレコードは、それほど明るいイメージでは鳴りにくいのですが、EA500はまさしくそういう鳴り方をします。何も足さず、なにも引かず、そういうイメージでクリア・マローが鳴りました。

逸品館おすすめのカートリッジはこちら

総合評価

筐体から2つに分けて音質を追求した、フォノイコライザーアンプEA500のクォリティーは非常に高く、解像度感(音の細やかさと明瞭感)は、100万円クラスのデジタル機器に匹敵するでしょう。同時にアナログらしい柔らかさ、艶やかさ、色彩感も十分に感じられます。またレコードの弱点である、低音がしっかり出るのにも驚かされます。

音楽の表現力は端正で、躍動感はきちんと再現されるのですが海外製品のようにオーバーアクションではありません。あくまでも日本製品らしく、精緻にレコードに刻まれた音を出してくる感覚です。躍動感や艶やかさに、これ以上の「プラスアルファ」を求めるのであれば、私が気に入っているQUAD QC24Pのような真空管式のフォノイコライザーがベストです。けれど、EA500が持つこの高い解像度感は、真空管ではなかなか出ないものです。

今回の試聴では、カートリッジに「Phasemation P-3」、プレーヤーに「Nottingham Interspace HD」を使いましたが、これらの製品も「アナログ機器にしては」響きがやや少なめです。もう少しコッテリしたサウンド(例えばThorensやEMT)などのプレーヤーと組み合わせれば、今回の試聴よりもEA500とのマッチングに優れるかも知れません。

今回の試聴では、音質を優先するなら、EA500。雰囲気の濃さを取るなら、QUAD QC24Pが良いと思いました。

2016年3月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.