オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

PIONEER N-70AE 詳細 音質テスト 比較試聴 レビュー 価格 販売

 PIONEER PD-70AE N-70AE 音質比較テスト

PD-70AEの試聴テストはこちら)・(N-70AEの試聴テストはこちら

  

2017年7月に発売された、PIONEERネットワークプレーヤー「N-70AE」と聞11月に発売された「PD-70AE」を聞き比べてみました。

今回の比較試聴は、YouTube 逸品館チャンネルでもご覧いただけます。

※YouTubeにアップロードしている「音」は、PD-70AEとN-70AEのLINE(RCA)出力信号を直接サンプリング(DA変換)したものです。著作権の問題でケルン・コンサートをカットしています。

 

PIONEER PD-70AE  メーカー希望小売 280,000円(税別) (メーカーホームページ

PIONEER(パイオニア)メディアプレーヤー製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

 

PIONEER N-70AE  メーカー希望小売 188,000円(税別) (メーカーホームページ

PIONEER(パイオニア)メディアプレーヤー製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

それぞれの音質設定

この比較テストでは、PD-70AEの設定を「デジタルフィルター:Short」・「ロックレンジ:3」、N-70AEの設定を「デジタルフィルター:Short」・「ロックレンジ:3」・「32bit、アップサンプリングON」で比較しています。

PD-70AEでのDSD/ハイレゾファイルの試聴は、データーを「DVD-Rに焼いて」行いました。

N-70AEの試聴には、サーバーに「AIRBOW MNP-i5 Roon」、サーバーソフトに「Asset UPnP」を使いました。

試聴環境

 AIRBOW MNP-i5 Roon 販売価格 480,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入

 AIRBOW PM14S1 Master 販売価格 360,000円(税込み)現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

今回の試聴では、アンプにAIRBOW「PM14S1 Master」、スピーカーには長年愛用しているVienna Acousticsの「Beethoven Concert Grand(T3G)」を使いました。

試聴ソフト

アナログ盤、CD(SHM-CD)、DSD 2.8MHzと比較試聴に最適なメディアが販売されている録音の良いライブ録音ソフト。今回は、SHM-CDとDSD 2.8MHzを聞き比べました。

マイケル・ジャクソンの没後BAD発売25周年を記念して発売されたアルバム。試聴したのは、Thriller (Live At Wembley July 16, 1988 )のCDとFLAC 96KHz/24bitですが、圧縮がかかりすぎていて音質が今一でした。

教会で行われたクリスマスコンサートのライブ録音盤。今回は、ハイブリッドディスクの「CD層」と「SACD層」ダウンロードした「DSD 5.6MHz」を試聴しました。文字による評価はありません。

 

ピアノの高域の響きに独特のピークが感じられます。このピーク感は、CDで聞いた峰純子さんの「Here's That Rainy Day」でも感じられました。このピーク感が、キースジャレットの「タッチ(打鍵感)」を、実際よりも少し強く感じさせるように思います。ピアノの響きも少し硬質になっているようです。
このピーク感が、この曲本来の「深み」や「デリケートさ」を少し損ない、澄み切って美しいはずのピアノの倍音に混濁を生じさせます。
この部分がこの曲本来の深さを醸し出すのに、やや障害となっているようです。
悪い音ではありませんが、あまり好きになれない音です。

  (DVD-R)

ピアノのタッチは繊細になり、深みが出てきましたが、まだ独特な付帯音がピアノの響きに混じっています。

本来のこの曲でキース・ジャレットが聞かせるピアノは、もっとスッキリとして、倍音が美しく重なる醍醐味が感じられるはずです。けれど、その部分がうまく醸し出されないのが残念です。
その点を除けば、ピアノの低音の厚み、鍵盤の動くイメージ、グランドピアノらしい重厚感は十分に再現されています。
まだ私が求める音には達していませんが、「演奏を楽しめる音」と言える範囲内です。

   

DVD-Rに焼いてPD-70AEで聞いたのと同じデーターをLAN経由で、N-70AEで聞いてみました。
PD-70AEで気になっていた、高域の着色が消え、ピアノの音に深みと重厚感が出ました。
キースジャレットがキーから指を「離す(リリース)」するときの、デリケートな心配りも伝わります。PD-70AEでは、引き込まれなかった演奏にN-70AEでは、心がぐっと引き込まれてゆくことがわかります。
キースジャレットの高い集中力が伝わり、心の中が空っぽになってゆきます。空になった心に、ピアノの音が深く静かに浸透してきます。これでこその名演奏、これでこその名録音です。
「ケルン・コンサート」は、この音でなければ!

 

低音の量感とパンチ力、音の細やかさに優れ、ライブの情景が見えるようです。
けれど、少し音が重く、マイケルらしい弾ける感じが足りないように感じます。
これは、この後に聞く、flac 96Khz/24bitのDVD-RやN-70AEとの比較試聴でわかるでしょう。
コンプレッサーが強くかけられたこの曲では、ダイナミックレンジが小さくなっているようです。
音の角がほんの少しだけ丸いことが原因かもしれません。

  (DVD-R)

音が始まる部分での「高い音の角」がきちんと「立って」います。
音が切れ込んでくるので、エネルギー感が大きくなり、リズムが弾みます。
まだ、コンプレッサーが強く使われすぎた「悪影響」が感じられますが、CDよりは格段に良い音になりました。
それにしても、もう少し録音に期待したのですが、ちょっとこれは酷すぎます。
けれど、J-POPなど(特にサザンオルスターズ)などは、こう言う強い帯域圧縮が行われているので、そう言うディスクを聞いた時にどんな音が鳴るかというテストにこのディスクは適しています。
音が丸くなっていますが、情報は結構入っていますし、音楽としてもそこそこ楽しめます。
CDよりは、確実に良い音です。

   

観客のざわめきの臨場感、ステージと観客席との距離感、立体感が桁違いに向上しました。
また、圧縮による「音質の劣化」もかなり緩和され、「悪い音」から「聞ける音」まで音質が向上しました。
けれど、音は強くても、なんとなくパワー感や弾ける感じが伝わってきません。
ライブそのものを一緒に楽しんでいる雰囲気ではなく、ライブの記録を見ている感じです。
残念ながら、このライブ録音では、CD、DVD-R、ミュージックサーバーの方式で音は変わりましたが、音楽との完全な一体感は得られませんでした。これは「ハード(機械)」ではなく、「ソフト(録音)」の問題でしょう。
ライブ録音は、時に「ハズレ」があるのですが、これはそのようです。

 

USB入力を省いたことによる音質向上効果は、多くの音が重なったこのソフトではとてもよくわかります。

パイプオルガンの重なりの部分では、高低の音が綺麗に分離して、見事なタイミングで美しい響きを生み出すことが伝わりますし、コーラスの部分では、一人一人に声が分離しながら、美しいハーモニーを生み出していることが見えるようです。

男女混声の部分でも、それぞれの立ち位置が立体的に再現されます。

金管楽器の鋭い高音と、人間の柔らかい声の対比もきちんと再現され、CDとは思えないほどの充実したサウンドでカンターテドミノを楽しむことができました。

 

CDからSACDになると、細かい音の再現性と密度感、中低音の厚みがグンと増すことがわかります。

パイプオルガンの音は、怒濤のような勢いを持ち、大型の楽器ならではのエネルギー感が伝わります。

コーラスの部分でも人数が増えて、より細かい部分まで、たとえばボーカルの口の動きまで伝わるようにさえ感じます。

混声部分でも人数の増加、さらなる音の広がり、立体感の再現性など、あらゆる部分で音質が向上していることが分かります。

CDでも十分な音質でしたが、SACDに変えることで、さらに本格的な音質に向上しました。

   

PD-70AEによるSACDの再生よりも、音が太く音色が濃くなりました。

パイプオルガンは、低音のパイプが一本増えたように、より低い音までハッキリと聞こえます。

音調は、CD/SACDよりも少し端正に感じられます。例えるなら、PD-70AEは「真空管(もしくはアナログアンプ)」の音で、N-70AEは「トランジスター(もしくはデジタル)」の音のような雰囲気を持っています。

情報量が多く、より正確なのはN-70AEですが、PD-70AEの「情緒的な音」には、それとはまたひと味違う味わいが合ったように思います。

☆YouTubeの動画では、この後Mac Book PRO+HQ Playerの組合せによるUSB接続での「DSD 5.6MHz(カンターテドミノ)」のN-70AEの再生音と、DVD-Rに記録した「DSD 5.6MHz(カンターテドミノ)」のPD-70AEの再生音を追加しています。

YouTubeで比較すると、LAN接続よりもUSB接続の方が「S/N感」に優れ、透明感が高く響きの良い音に聞こえます。これは、再生に使うアプリ「HQ Player」の音質が優れていることにもよるでしょう。LAN接続でのみ音質を比較した、MNP-i5 RoonにはHQ Playerが搭載され、さらに使いやすいプレーヤーアプリ「Roon」に「HQ Player」を接続して、Roonの使い勝手とHQ Playerの高音質を両立できるようになっています。MNP-i5 RoonとDACを近くに設置できる場合、MNP-i5 RoonとDACをUSB接続し、Roonでコントロールすれば、最高の環境が実現します。

最後に聞いた、DVD-R(DSD 5.6MHz)のPD-70AEによる再生では、PD-70AEらしい「饒舌さ」とSACDディスクを超える「厚み」が感じられ増したが、分離感と透明感ではN-70AEに軍配が上がるように思いました。

けれど、こういう風にいろいろ組み合わせることで「デジタルでも様々な音を作り出せる」ことが実感していただけると思います。

試聴後感想

この比較試聴では、PD-70AE(単体)よりもN-70AE(MNP-i5 Roonの組み合わせ)の方が、音が良かったように思います。これは、PD-70AEが搭載するメカニズム(10万円はしない)と46万円(税別)のMNP-i5 Roonの「デジタル出力品質の違い」によるものです。

Windows10 NoteとMac Book PROの比較でも大きな差が生まれたように、デジタルオーディオの高音質化では、DACよりもトランスポーター(データー送り出し機)の音質がより重要だということだと思います。

2017年11月 逸品館代表 清原裕介

   

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.