オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

左右のスピーカーの位置関係を調整しよう

サランネットを外して調整開始

スピーカーのネット(サランネット)を

「付けておいた方が良いのか?」 、 「外した方が良いのか?」 という相談を受けることがあります。

ネットがなければ音は妨害されないので、ネットがない状態の方が、音がクッキリ・ハッキリ聞き取れます。

ネットがあると音が拡散されるため、ネットがあると、音はふわりと広がります。

どちらが良いかではなく、音が変わるので、好みやソフトとの相性で使い分けてください。

ただし、音響調整を行う場合は、ネットは「スピーカーの音を反射して濁らせる原因」となるので、調整に入る前に必ずネットは外しましょう。

スピーカーの調整はモノラル(一本ずつのスピーカー)が基本

「スピーカーの調整」を行うときに「左右を個別に調整しなさい」とは言われません。

しかし、それは「ステレオ」=「2本のスピーカーが必要」という固定観念から生じた誤りです。

左右の二人から「同時に話しかけられた」と想像してください。「右の人の話」を聞き取ろうとすれば「左の人の話声」が「邪魔」になります。「左の人の話」を聞こうとすれば、今度は逆に「右の人の話し声」が邪魔になります。スピーカーのセットアップもこれと同じで、「左右を個別」に鳴らさないと「もう一方の音が邪魔」になって精密な音質調整ができないのです。

特に、これから行う調整では「個々のスピーカーの音質を環境も含めて調整」するのが目的ですから、調整は必ず片方ずつ(一本ずつ)行ってください。

左右の音が重なっている状態では、それぞれ片方の音を聞き取りづらい。

片方のスピーカーの音を消す(片方ずつ鳴らす)ことで、それぞれのスピーカーの音をクリアに聞き取れる。

波紋とブランコの原理

スピーカーから出た音は、左右が混じると同時に壁や天井、あるいは床からも反射して耳に届いています。周囲の反射音と反対側のスピーカーから出る音と目の前にあるスピーカーから出る音の「響きを整える」のがスピーカーセッティングの基本的な考え方です。

音は目に見えませんが、それをイメージ化して考えることができます。波のないプール(あるいは浴槽でも構いません)の一点に指を入れて波を起こします。波は球状に広がり、プールの縁にぶつかって戻り、広がろうとする波とぶつかります。広がる波と戻る波のぶつかるタイミングが良ければ、それぞれは過度に干渉せず水面に乱れた波は生じません。

スピーカーから発生する高音(1kHz以上の比較的低い音から高音と考えて下さい)は、水面を広がる波と同じようにスピーカーから広がり、壁にぶつかって戻ります。音波は空気中を一秒間に約340m進みますから、1秒のエコーが生じる部屋ならばスピーカーの音が消えるまでに、少なくとも部屋を50往復する事になります。音が反射して往復する間には、何度となく交差します。この音の交差する状況を先ほどのプールの水面に生じた波と同じように考え、それぞれの波が打ち消し合うのではなく、ブランコを押すように相互の波を助け合うイメージで交差されられれば、音場の濁りが低減し音質の明瞭度が大きく増加させることができます。

スピーカーの位置を調整して音質を改善する方法

  1.  「ホワイトノイズ」のテスト音源を再生します。
    (AUDIO TEST CD-1 / YDDS-2がお薦めです・パソコンがあればネットからダウンロードが可能です)
    「ホワイトノイズ」が手元にない場合には、「ラジオなどのザー音」や「カンターテドミノの1曲目か9曲目」をお使いください。(合唱 オスカルモルテット合奏団  「カンターテ・ドミノ」 Proprius PRCD7762  お求めはこちら

  2.  片方のスピーカーから音を流し、スピーカーの位置を変えながら「ノイズ」の変化を聞きます。
    スピーカーの角度や位置をほんのすこし変えるだけで「ノイズの音質」が大きく変わります。
    (スピーカーは、数o〜数p動かせば大丈夫・角度も大きく変えすぎないのがポイントです)

  3. ノイズの音が「濁った音が混じったモーやジャーという音」から、「濁りの少ないサーやシャー音」に変わってきたら、それは悪い反射が減って音が良くなってきた証拠です。
    音源にカンターテドミノを使うときは、「響きの濁りが減少し、タッチの強弱がハッキリする」ように聞こえるようになるとスピーカーの位置が良くなったと判断してください)
    さらにスピーカーを動かし続けると「再び音が悪くなる」のがわかるはずです。「音が良くなる位置」と「そうでない位置」は、「周期性(波紋とブランコの原理を参照してください)」を持っています。

  4.  この調整を左右のスピーカーで順番に行えば、音場の濁りが激減し「楽器の分離が向上、低音や高音がハッキリと聞きとれる」ようになります。この方法は、ラジカセやミニコンポはもちろんのこと、パソコンやカラオケのスピーカーの設置位置を決める場合にも応用できます。これらの機器を僅かに動かして「ノイズが澄んで聞こえるよう」に音源の位置を調整するだけで、明瞭度が高まり、聞き疲れがしなくなります。
    サラウンドスピーカーの設置時にもこの方法は有効です。一度設置すると位置が変えられない「天井付けのスピーカー」の設置時には、特にお薦めです。

  5.  さらに完璧な位置調整を望まれる場合には、「ホワイトノイズ」に加えて「モノラル録音のソフト」を仕上げに使用してください。ノイズの後に、モノラルソフトを使って「ソフトの音質が左右で聞き分けられないほど同じ音色になる」まで根気よく左右のスピーカーを微調整し、ベストポジションを探ってください。

  6.  「これでよい」と感じたら「2本のスピーカーで聞き慣れたお気に入りのソフト」を再生してください。透明度と広がりが飛躍的に向上します。調整前後の音質変化の大きさには、きっと驚かれると思います。

左右のスピーカーの音を根気よく合わせることが大切 

 

低音の調整方法

一般的に「低音は低音単独で変化している」と考えられていますが、それは測定器を見ているために生じる誤解です。

ストラドバリ、ガルネリ、など名器と呼ばれるバイオリンの音は、例外なく「高域の立ち上がり」が早く、アタックがしっかりしています。測定的には小さな音が、大きな音の楽器よりも「ハッキリと聞き取れる」のは、高域がしっかりと出るからです。このアタック成分のことを「音の隈取り」と呼んでいます。

低音楽器も「高音の隈取りの明瞭度」で聞こえ方が変わります。エレキギターのベース音にメリハリを付けるためには「8kHZ付近の音」を持ち上げば良いことが知られています。

このように低音楽器の音(音階やリズム)を明瞭に再現するためには、高域の倍音を正確に発生させることが重要です。

クリアな低音をえるためには、「スピーカーと壁との距離」、「スピーカーの角度」の調整が大切です。
低音は次の2つの要素により変化します。

「壁との距離」
スピーカーから出た低音は、スピーカーと壁との間の「エアボリューム」に応じて「増強」したり「打ち消され」たりしています。スピーカーを前後に動かすと、低い周波数が変化して、低音の量感や膨らみ感が変わります。

「スピーカーの角度」
スピーカーの角度を変えると「フラッターエコー(定在波)」が減少します。スピーカーの角度を変えると高域のフラッターエコーが減し、高域の倍音の明瞭度が増加するため、低音はクリアに聞こえるようになります。
低音をクリアにするためには、「低音」と「高音」を調整します。

周波数[40Hz][80Hz]・[125Hz]・[250Hz]程度の「サインウェーブ」の音源を用意します。これらの音を必ず片方のスピーカーだけで再生しながら、スピーカーを前後に10cm〜20cm程度動かして、「低音が膨らみにくくなる位置」を見つけます。

次に「アコースティックな低音楽器が録音されているソフト」を用意します。ウッドベースや、パイプオルガン、あるいはピアノなどの帯域の広い楽器が収録されているソフトが最適です。このようなソフトを使って、スピーカーを前後に数mm〜2cm程度動かしながら、高音がハッキリ聞き取れる位置を探します。さらに角度も僅かに変えて、高音がよりハッキリと聞こえる(低音と高音が分離する位置)を探します。

お薦めの調整方法
合唱 オスカルモルテット合奏団  「カンターテ・ドミノ」 Proprius PRCD7762 お求めはこちら

ワンポイントステレオで録音された「教会のクリスマス曲」です。金管楽器、パイプオルガン、コーラスと非常に幅広い種類の音源が使われています。
このディスクの1曲目を片側のスピーカーで鳴らしながら、冒頭部分のパイプオルガンの「低音がクリアに聞こえる位置」をスピーカーを前後に動かして探します。
次にスピーカーの角度を変えながら、パイプオルガンと金管楽器、コーラスの音がクリアに聞こえる方向を探しだせば、セッティングが完了です。
反対側のスピーカーも同じように調整した後、普段聞いているソフトを再生して音質改善効果を確認してください。

この調整をもっと早く、最も効果的に行うためには「レーザーセッター」を使います

お薦めのチェックディスク

合唱 オスカルモルテット合奏団  「カンターテ・ドミノ」 Proprius PRCD7762 お求めはこちら

ワンポイントステレオで録音された「教会のクリスマス曲」です。金管楽器、パイプオルガン、コーラスと非常に幅広い種類の音源が使われています。
1曲目を片側のスピーカーで鳴らしてチェックします。まず、冒頭部分のパイプオルガンを聞きながら「低音がクリアに聞こえる場所」を探してスピーカーを前後に動かします。次にスピーカーの角度を変えながら、パイプオルガンと金管楽器、コーラスの音がクリア分離して聞こえる方向を探します。

9曲目で、1曲目と同じチェックを行い、スピーカーの位置が正しいかどうかを確認します。

10曲目では、左右のスピーカーを同時に鳴らして、片方のスピーカーの角度を僅かに変えながら、コーラスが中央に定位し、エコーから教会の原寸の奥行き・高さが感じられる音がリスニングルームに展開する位置を確認します。360度方向にムラなく音が広がって聞こえれば、OKです。

スピーカーの位置調整に挑戦しよう

1. 良い音のスタートは、スピーカーの位置調整から

2. 逸品館式スピーカー位置調整法

3. スピーカーの設置場所を決めよう

4. 左右のスピーカーの位置関係を調整しよう

5. レーザーセッターを使おう

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.