オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

耳はトレーニングで鍛えられる

人種による聴覚の周波数特性の違い

イギリス人とアメリカ人の平均的な体格は、誰が見てもわかるくらい違います。それは、イギリス人が、アメリカに渡り異なる風土や環境、食生活の違いに対応してアメリカ人になったからなのです。しかし、体格のみならず「英語」もアメリカで「米語」に変化し、異なる言語になったことは、あまり知られていないようです。

20世紀最高の言語学者の一人である「アルフレッド・トマティス博士」の研究によれば、地域や気候による「空気の音響インピーダンス(音の伝わり方)」の違いによって、言語はより聞き取り易い「音」を選んで変化(進化)すると説明されています。また、温かい地域では「大きな息づかい」で話すことが出来ますが、寒冷地では呼吸により体温が奪われるため「小さな息づかい」で話さなければなりません。このような様々な理由から、同じ言語であっても、異なる環境や地域で使われるようになれば、数世代を経ずして「まったく異なる音響パターン(周波数分布)を持つ言語」に変化してしまうのです。

そして、その言語を使う人種の聴覚は、「言語の音響パターンに、フォーカスを合わるようにチューニング」されて行きます。それは砂漠や草原に住む人種の目が、我々都会人とは異なり遠くのものを非常にハッキリみられるようになっているのと同じです。

もちろん、言語別のパスバンドが異なるといっても、人種別の「ハードウェアーとしての耳」の構造には、それほど大きな差があるわけではありませんから、チェックCDなどの正弦波の聞き取りでは、これほど大きな人種差は顕れず、ほとんどの人種が「20−16KHz」の広い範囲を「聞き取る」ことが可能です。

では、一体何が音の聞き取りを制限したり、耳をチューニングしているのでしょう?それは、「脳の働き」です。「耳というハードウェアーの能力」に差がなくとも、「耳がとらえた情報を分析しているソフトウェアー(脳)」の周波数帯域が狭ければ、音は聞こえないのです。耳がマイクロフォンなら、脳はマイクロフォンアンプとお考え頂ければ、わかりやすいと思います。

下の表は、言語別の「聞き取りに使用される周波数バンド(パスバンド)」を示していますが、日本人の聞いている周波数は、僅か「125−1500Hz」という狭さで、世界の音楽をフェアに聴き取れる「国際耳」になるためには、そのままでは不十分なことが理解できます。また、生産国によってオーディオ機器の音が違うのも、人種による「聞こえ方の違い」が影響しているのかも知れません。

トレーニングで耳は良くなる

「楽器を演奏する人は耳がよい」といわれますが、それは、楽音を集中して聞くことで聴覚(脳)の処理できる周波数帯域が、普段会話(言語)で使用する帯域よりも広がった結果です。しかし、漫然と楽器を弾くのではなく、常に広い周波数で音を聞き分けようと努力しようとしなければ、耳はよくなりません。

ハードウェアとしての「耳」と、それを情報として作り出す「脳」の連携で私達は音を聞いています。この連携を鍛えることで耳はどんどん良くなります。必要な音に瞬時にフォーカスすることを「脳」に覚えさせましょう。老化で「耳」は衰えます。20才までなら18kHZまで聞けた高い音が、60才を超えると10kHz程度までしか聞こえなくなります。けれど普段から耳をトレーニングしていれば、音楽や音の聞き分けは、60才を超えても衰えることはありません。むしろトレーニングをしていない20才の若者よりも、より精密に音を聞き分けることができるのです。著名な音楽家は、晩年によい演奏を残しますが、これは人間的な経験を良い音で音楽に変えられる「耳」が衰えていないからです。プロの演奏家やオーディオ技術者は、自分の耳を鍛えるための方法を学び、トレーニングを怠らないことが大切です。

自分の耳は信じながら、疑わなければならない

「耳」はトレーニングで聞こえ方がかわります。特に言語の帯域が狭い日本人は、より広い周波数帯域の音を「関連付けて聞き分ける」ためには、トレーニングが必要です。

オーディオ機器の仕上げは、人間がそれを聞いて仕上げる以外の方法はありません。

「トレーニングを積まない日本人に聞こえている範囲の音」だけでは、「オーディオ機器の音を正確に聞き分けてチューニングする」ことは不可能です。また、どれほど高性能な測定器も音の善し悪しの基準とはなりません。データー重視で作られたオーディオ機器の音質は人に感動を与えません。だから、音を決める立場のオーディオ・エンジニアやオーディオ・マニアには、「音を聞き分けるトレーニングをしないまま、自分勝手に音をチューニング」する危険性を覚えておく必要があります。

音楽は難しくない

1. 人間はみんな音楽の天才だ

2. 本物の感動とは

人間の音の聞こえ方

1. 聞こえ方には個人差がある

2. 耳はトレーニングで鍛えられる

3. 人間はどのようにして音を取捨選択しているか

4. 音のバランスを考える

究極の音質を目指して

1. 音楽の力、オーディオの力、

2. 原音忠実再生は、オーディオのゴールではない

3. 音の細かさと、音色の鮮やかさの関連について

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.