オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

 

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

ルームチューンの基礎知識

定在波(フラッタエコー)が一番大きい問題になっている

鏡を並行に置くと像が繰り返し反射して、無限に続く像ができます。

音も同じです。

並行する2つの平面の間で発生した音は、反射を繰り返しながらなかなか減衰せず、残響を生じます。

この残響音は、オーディオルームの音を最も悪くする大敵で「フラッターエコー(定在波)」と呼ばれます。

フラッターエコーが発生する場所で手を叩くと、「キンキン」あるいは「ギンギン」というカン高い音や、耳障りな圧迫感が生じます。

フラッターエコーが発生すると、スピーカーの音が広がりにくくなり(平面的になる)、音量を上げると空間が混濁して、音が混じり合ってしまいます(音がごちゃごちゃになって、うるさく感じられる)。リスニングルームに音が広がらない。音量を上げるとうるさく感じる。このような問題はすべてフラッターエコーが原因です。

フラッターエコーは並行する大きな2面の間

前後左右の壁の間で発生する 

フラッターエコーは天井と床の間や

壁のコーナーでも発生する

定在波(フラッタエコー)を抑制する方法

平行面の間で「音が往復を繰り返す(フラッタエコー)」を抑制するには、両側あるいは片側で反射を抑えれば解決します。

部屋にある平行面は、壁と壁、床と天井の二つですが、まず床と天井への対策を考えます。

天井を吸音するのは難しいので、吸音性の高いカーペットをスピーカーの前に敷くのが簡単です。横幅が「スピーカーの設置幅よりも大きく(1〜2倍)」、縦(奥行き)が約1−2m程度の大きさのカーペットを敷くのが効果的です。カーペットよりも音の良いのがムートンです。スピーカーの直前にムートンを敷くと、透明感と広がり感の改善に大きな効果があります。

次に壁と壁の間で発生するフラッターエコーを低減する方法ですが、カーテンを設置するのが最も簡単です。カーテンレールをWにして、「厚手」と「薄手」の設置できるようにしておけば、それぞれのカーテンの開け閉めでルーム・コースティックを微調整でき便利です。リビングとシアターを兼用にする場合には、「遮光カーテン(光を通さず、光を反射しないカーテン)」を取り付けると、映像も音も良い環境が作り出せます。

 

天井への対策

天井のコーナーでは、壁を伝わって来た音同士が逃げ場を失うようにぶつかり合って、フラッターエコーに近い圧迫感のある耳障りな音を発生Cします。

天井や壁への対策には、AIRBOWのルームアコースティックアクセサリー「もや取り君」をお薦めします。この製品は、小型軽量で最大の効果を発揮しつつ「低価格を実現する」ために、私が長年研究を重ねた上で生み出した、画期的な音響チューニング材です。部屋の外観を大きく損ねることなく、大型で高価な吸音材を超える効果を発揮します。

この製品の最も大きなポイントは「吸音材に音を通すための穴」を開けていることです。サイズと形状、場所を研究して決定されたこの「穴」から吸音材の背後に回り込んだ音は、「打ち消し合い(サイレンサー)」効果により消したい周波数が効果的に低減され、サイズを超えた大きな効果を発揮します(意匠登録済み)。また素材が軽いので、付属のピンで壁や天井に簡単に取り付けられ、取り外しも簡単なので賃貸物件でもご使用いただけると思います。

プレミアムは、表面に反射体(厚紙)を貼り付け、反射と吸音を両立させたピュアオーディオ(ステレオ)向きの製品です。ピュアは、形状と表面反射を見直すことで、吸音効果を維持しながら価格を抑えたモデルです。三角形状のスマイルは、部屋のコーナー部や、壁面(天井)にすこし浮かした状態で取り付けることで、従来の同サイズの吸音材の数倍の効果が期待できます。

いずれの吸音材もAIRBOWらしく、できるだけ低価格で作っていますが、効果は抜群です。

もや取り君 プレミアム(白) もや取り君 プレミアム(黒) もや取り君 ピュア もや取り君 スマイル
22,500円(4枚/税別) 22,500円(4枚/税別) 14,000円(5枚/税別) 16,800円(6枚/税別)
詳細説明 詳細説明 詳細説明 詳細説明

もや取り君「プレミアム」・「ピュア」の使い方

 (ピュアは5枚入り)

もや取り君「スマイル」の使い方

 

※ルームアコースティアックについてさらに詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

ただし、吸音措置が行き過ぎると音のメリハリが減少し音楽の躍動感が削がれる、低音過多になって音がもこもこするなどの問題が生じます。そのような場合には、吸音材を減らしてください。

壁のコーナーからの反射を抑える方法

天井のコーナー部分では壁に反って流れる音が集まりぶつかり合って、コーナーを中心に(メガホンを想像して下さい)「圧迫感のある残響音」を発生させます。「天井のコーナー」からの残響を低減するには次のような方法が効果的です。

使用するルームチューニング材は、AIRBOW もや取り君「スマイル」がお薦めです。

天井のコーナー部分は、直径20mm前後・厚さ3〜5mm程度の丸いフェルトを放射状に張り付けるとコーナーからの反射低減に大きな効果を発揮します。フェルトとフェルトの距離は15cm〜20cm程度が最適で、それよりも細かい間隔で多く張りすぎると、逆に効果がなくなりますので注意してください。

AIRBOW「チューニング・サークル」

 1,550円(6枚/税別)、3,000円(12枚/税別)、5,500円(24枚/税別) (詳細はこちら

AIRBOW Swing Chipも効果的です。

AIRBOW - SWING-CHIP/AUDIO(4個入り)《JP》 AIRBOW スイングチップ  (商品詳細はこちら

φ約10oの真鍮製のチップ。オーディオ機器や壁面などに貼り付けて、共鳴を止める効果があります。

・スピーカーの配置

スピーカーの配置「高さ」と「壁から離す」ことが重要なポイントです。センタースピーカーは、可能な限り画面中央の高さ合わせたいのですが、サウンド透過型のスクリーンでないと無理です。けれど画像が4Kや8Kになると、サウンド透過型スクリーンの「生地の荒さ」が画質の問題になってきます。かといって、天井や床にセンタースピーカーを取り付けるのは止めるべきです。

できるだけ画面に近いところにセンタースピーカーを設置する

アトモスなどのスピーカーを壁や天井に埋め込むのもあまり良くありません。センタースピーカーを天井や床に設置した場合と共通する問題点は、「スピーカーと平面を繋げる」とその平面が「仮想バッフル」として働き、音が濁り音像が肥大する原因になるためです。スピーカーと壁や天井の間に僅か数pの隙間を空けるだけで、この問題は回避できます。天井にスピーカーを取り付ける場合には、できれば「アーム」で天井から離れているモデルをお選び下さい。無理な場合は、ユニットがむき出しになっているものではなく、きちんとしたボックスに入っている製品をお選び下さい。同様な理由で、フロントスピーカーを壁に作ったボックスに埋め込むのも悪い方法です。どうしてもそうしたい場合には、音質は期待できないのであまり高価なスピーカーを使ってもその能力は発揮できないとお考え下さい。

動画でスピーカー配置のポイントを詳しく説明しています。

・センタースピーカーの選び方

ほとんどのメーカーは、ツィーターが中央にウーファーをその左右に配置した「横型」のセンタースピーカーをラインナップしています。それが「絶対にダメ」というわけではありませんが、ウーファーが1つの小型密閉型スピーカーが「理想」です。

その理由と、一般的なセンタースピーカーとの音の違いを比較した動画をご用意しました。

センタースピーカー選択・実演動画

音質のチェックは、片方のスピーカーだけで行う。

音のチェックを行うときは「左右を同時に鳴らすべきだ」と考えられていますが、これは間違いです。

その理由をこのページで説明すると長くなるので、とりあえず「音のチェックは左右、どちらか一本ずつを鳴らして、交互に行う」と覚えてください。

スピーカーセッティング実演動画

1. なぜルームチューンが必要なのか?

2. 逸品館式ルームチューン

3. フラッタエコー(定在波)を取り除こう

4. 吸音・反射パネルの効果的な使い方

5. 6〜8畳サイズ・リスニングルームの最適セッティング

6. Kripton AP-R50/R100の詳しい使い方

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.